働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 1752

そろそろお出かけデビュー!生後2ヶ月の赤ちゃんの外出で気をつけたいこと

毎日が授乳おむつ替えの繰り返しだった生まれたての時期を過ぎ、赤ちゃんの好奇心も育ってくる生後2ヶ月の時期。ママも、赤ちゃんと二人きり、おうちで過ごす時間にもそろそろ飽きてきて、外出したいなぁ…と思い始めるころではないでしょうか。

また、里帰り出産をした場合には、実家を離れて自宅に戻り、近隣のお出かけスポットをチェックしはじめる時期かもしれませんね。

そこで今回は、2ヶ月の赤ちゃんとの外出の際に気をつけたいポイントをまとめました。

そもそも赤ちゃんの外出はいつからOK?

新生児”と呼ばれる生後1ヶ月頃までの赤ちゃんは、自分で体温調節があまりできません。また、免疫や抵抗力が弱いため、不要なおでかけは避けるようにしましょう。

生後2ヶ月ごろからは、軽いお散歩などからはじめ、徐々に外出してOKです。ただし、外出ができるようになる時期が、真冬・真夏にあたる場合は慎重に判断してくださいね。

真冬の場合はしっかり防寒し、真夏であれば朝・夕の涼しいタイミングを見計らって出かけるなど、赤ちゃんに負担がかからないよう意識しましょう。

生後2ヶ月過ぎたら積極的にお散歩へ♪

赤ちゃんも生後2ヶ月くらいになると、周りのことがわかるようになってきます。家の外の音や、匂い、感触などの刺激は、赤ちゃんの発達にとって良いといわれています。

また、生後2ヶ月の赤ちゃんは、昼夜の区別がつき始める大切な時期です。日の光が出ている時間にお散歩をして、夜は部屋を暗くして静かに家の中にいることで昼夜のリズムが付きやすくなるのです。

赤ちゃんの発達のためにも、散歩などの軽い外出は積極的にしたほうが良いようです。

お出かけ場所はどこがいい?

生後2ヶ月の赤ちゃんの外出で気をつけたいこと

PHOTO/Olena Zaskochenko/Shutterstock

まだ体力のない赤ちゃんは、慣れない場所に行くだけで疲れてしまいます。遠出をして、疲れて体調を崩すと大変ですね。お出かけ先は、自宅近辺にとどめておきましょう。

そして、最も注意したいことは、夏場は熱中症、冬場は感染症です。短時間で移動できる範囲内でのお出かけにとどめ、人混みや長時間屋外にいることは避けるようにしましょう。

おすすめは、近くの公園で、のんびりお散歩しながら過ごすこと。ママにとっても適度な気分転換や運動になりますね。

お出かけしやすいのはベビーカー?抱っこひも?

生後2ヶ月の赤ちゃんの外出で気をつけたいこと

PHOTO/Syda Productions/Shutterstock

代表的なお出かけアイテムであるベビーカーと抱っこひもには、それぞれメリットとデメリットがあります。お出かけ先や外出時間などに応じて選び、場合によっては併用します。

ベビーカー

赤ちゃんの重さに関係なく歩けることがベビーカーの強みです。赤ちゃんもゆったりのびのびすることができ、荷物もたっぷり載せられますので、公園やお散歩へ行くとき、ショッピングモールなどたくさん歩くときに便利です。

デメリットは、階段やエスカレーターで持ち上げるのが大変なこと。また、人混みや狭い場所の中では動きづらいです。

抱っこひも

両手がフリーで身軽に動けることが一番のメリットです。また、赤ちゃんとフィットして場所をふさがず、ママとの密着感から赤ちゃんが安心できます。
長時間だとママの身体に負担が大きく、着け外しや取り扱いも少し面倒なのがデメリット。電車やバスにはさりげなく乗れますが、長丁場は大変です。

赤ちゃんの服装はどうすればいい?

お出かけの際の赤ちゃんの服装は、季節によって注意すべき点が異なってきます。

夏場

赤ちゃんが身につける素材は吸湿性がいいものを選びましょう。また、体温調節が上手ではないので、夏でもおくるみや肌かけは必須です。そして、日焼けを避けるために肌の露出はしないように気をつけましょう。

冬場

普段の服装にプラスして、防寒のためのアウターや帽子を用意しましょう。ベビーカーの場合は、ひざかけなどを使用してください。

意外に見落としがちなのが、寒くないか注意するのはもちろんですが、室内に入ったときなど、暑すぎないかにも注意すること。特に抱っこひもの場合は、ママの体温で思ったより赤ちゃんは温かい場合もあるので、赤ちゃんが汗をかいていないかこまめにチェックしてくださいね。

生後2ヶ月の赤ちゃんとのお出かけ前にチェックするポイント!

生後2ヶ月の赤ちゃんの外出で気をつけたいこと

PHOTO/Ratchat/Shutterstock

出先付近におむつ替え、授乳スペースがあるか?

赤ちゃんはいつ泣き出すか、予測不可能です。おっぱいを飲ませて、おむつを替えてと忙しいもの。外出したとしても、おむつ交換台や授乳スペースがある場所がおすすめです。

赤ちゃんのためだけでなく、ママが慌てて困り果てないためにも、事前にインターネットの公式サイトなどでベビースペースがあるか確認しておきましょう。

この時期の外出は赤ちゃんの発育を促し、生活リズムを安定させる助けにもなります。万全の準備をして、積極的にお出かけしてみましょうね!

TOP PHOTO/pyrozhenka/Shutterstock
参照/
後悔したくないママのための子育て充実サイト「生後2ヶ月のお出かけで知らなくて大変!保健師が教える服装・授乳の注意点」
マイナビウーマン子育て「【医師監修】生後2ヶ月は外出も可能!赤ちゃんとのお出かけのポイント・注意点」

提供元:mamaPRESS -ママプレス-

mamaPRESS -ママプレス-

「ママになっても楽しみたい!輝きたい!」という方たちのためのWEBサイト、それがmamaPRESSです。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事