働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 18552

【目黒】キッズスペースがあるスタバがオープン!絵本の読み聞かせも

2018年1月26日(金)に【スターバックス コーヒー 目黒セントラルスクエア店】がオープンします。ここのお店の特徴はなんと言っても、キッズスペースが店内にあり、絵本の読み聞かせも行われます。どのようなお店なのか取材をしました。

子連れママに嬉しいポイント①キッズスペースと絵本の読み聞かせ

3歳のお子さんがいる入社9年目のママが設計されたという店内。キッズスペースは入って右奥にあります。
ふかふかのじゅうたんの上に子供用の小さな椅子と机、絵本やぬいぐるみが用意。ふかふかのクッション椅子もありました。小さい丸太はサイドテーブルです。


ママやパパは子供と同じ空間で過ごしながらちょっと贅沢なコーヒーを飲んだり、夫婦で会話を楽しんだりと寛ぐことができます。
平日は毎日11時から15分間、パートナーさん(お店のスタッフさん)が絵本の読み聞かせを行い、週末は親子のワークショップを開催するそうです。

子連れママに嬉しいポイント②ベビーカー入店ができる

店内はバリアフリーなので、段差がありません。
通路の幅も広く設けていて、ベビーカーごとお店の中へ入ることができます。

入り口から入って左側すぐの所にスペースがあるので、ここにベビーカーをたたんで置いておくこともできます。

おむつ替えスペースはなく、一度お店から出て施設内のトイレまで行くことになります。

子連れママに嬉しいポイント③ハイチェア

店内は小さな子供と一緒に過ごせるよう、低いテーブルの席やソファー席が多くあります。一方、背の高いテーブル席でも子供が一緒に過ごせるよう、テーブルの取り外しが可能な【STOKKE】のハイチェアが4脚あります

店内には大きな窓がたくさんあり、家具は全て木製を使用しているので温かみが感じられる雰囲気です。

【スターバックス コーヒー 目黒セントラルスクエア店】の特徴

目黒駅から東口を出て道路を渡ってすぐ、「目黒セントラルスクエア」の1階奥にお店はあります。駅から歩いてすぐのオフィスビルなので、平日のランチタイムは勤めている方が多いかもしれません。

お店のテーマは「共存」と「多様性」。お互いに心から認め合い、誰もが自分の居場所と感じられるような文化を創り出し、発信していく空間を目指しています。

【目黒セントラルスクエア店の3つのポイント】

①環境への配慮
店内の壁はコーヒー抽出後の豆かすとセメント素材を混ぜたもので、キッズエリア付近にあるコーヒーの木のたい肥も豆かすをリサイクルしたものを使用しています。

②地域コミュニティとのコネクション
小さい子供を連れた家族が気軽に来れるように、キッズスペースを設けてソファー席のテーブルは低くなっています。

③ハンディキャップのあるアーティストとコラボ
多彩な人が共存する空間の象徴として障がいのあるアーティストの絵をいたるところに設置しています。
鮮やかな色彩で温かみがあり、お店の雰囲気をさらに明るくしていました。

お店に行った際は是非このポイントにも注目をしてみてください。

まとめ

小学生を対象にした”バリスタ体験”のワークショップを行うなど、イベントもたくさん!ぜひキッズスペースがある【スターバックス目黒セントラルスクエア店】に一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

【店舗概要】
店舗名 :スターバックス コーヒー 目黒セントラルスクエア店
住所  :東京都品川区上大崎3-1-1 目黒セントラルスクエア
電話番号:03-5447-7107
営業時間:7:00‐22:00
座席数 :78席
開店日 :2018年1月26日(金)

ママプラ編集部

ママプラ編集部は全員ママとパパ。子供たちと過ごす日常をより面白くしたいと日々考えています。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事