働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 5248

【インタビュー】月間60万PV「ままはっく」運営、人気ママブロガーの働き方

産後、職場復帰する女性が増えています。育児と仕事の両立には悩みが尽きませんが、バランス良く両立している働くママがいるのも事実。今回は妊娠中に立ち上げた「ままはっく」を月間60万PVの人気サイトに成長させたプロブロガー「まなしば」こと渡邊麻奈美さん(28歳)にお話を伺いました。育児休暇から復帰後、ほどなく大企業を退社。独立し、子育てをしながら事業を拡大する彼女のスタイルに迫ります。

妊娠が発覚したのは入社3年目「キャリア終わったわ」から産休中に迎えた“転機”

manashiba00

妊娠中に立ち上げた個人ブログ「ままはっく」を月間60万PVの人気サイトに成長させた人気ママブロガー「まなしば」こと渡邊麻奈美さん。

1988年生まれ、大阪府出身。大学までは地元関西で過ごし、2011年に新卒で富士通株式会社に入社。交際していた元同期との間に第一子をもうけ、2014年1月に女児を出産。妊娠が発覚したのは入社3年目のこと。「会社員としては、キャリア終わったわ、という感覚でした。出世コースには乗れない。もう終わっちゃた、と」。

この後のキャリアをどうするかという課題に直面しながら、2013年12月から産休に突入。「いったん育休して戻ってから考えようと思っていました」。その育休中、子供が生まれる1か月前に「ままはっく」を立ち上げます。

「ままはっく」というブログの由来は、「ママをライフハックする」。ママであることを楽しみ、人生のクオリティを上げることを目標にして名付けたそうです。

「1日、育児しかしてない」育休中に感じた社会との断絶…「ままはっく」立ち上げ、独立へ

ままはっく」を立ち上げた経緯について教えてください。

「産休に入ってからは時間を持て余していました。もともとブログを持っていた夫に「ドメインを取ってあげるからやりなよ」と教えてもらいながら、夫のサブドメインで始めたのが『ままはっく』。育児中は社会と隔絶されている気分になって、それを打破したくて無心で記事を書きました。
『1日、育児しかしてない…』と感じることがあって、自分の存在をアピールするように、時間を見つけては2日に1記事のペースで更新していました。モヤモヤ考えていることを文章にしたり、身の回りに起こったことを淡々と書いたり。大学時代にインターンしていた会社で「ワードプレス」でブログを書いていたこともあって、苦手な分野ではなかったんです。出産後は夫も半年間育休を取ってくれて、2人で子育てをしました」

manashiba04

半年も育休を取得してくれるなんて協力的な旦那さんですね。2014年12月に職場に復帰して、4か月で退社をしました。決断した時の心境を教えてください。

「会社に戻って、仕事自体は楽しかったんです。ただ、組織が大きいので個人ではどうにもならない問題もあって、通勤時間も含めて1日のうち8時間を投資するのがもったいなく感じるようになりました。長いキャリア形成を考えた時に、自分を成長させてくれるような刺激やスピード感が求めているものとは違ったんですね。『ままはっく』を運営してコンテンツ作りをする中で、自分で全部できちゃうという経験をしてしまったので、同じ時間を投資するなら裁量権が自分にある仕事を選びました」

自らが考え、仮説検証をしてPVを伸ばし、サイトを育てる。育休中に知ってしまったサイト運営の面白さ。

大企業には大きな恩恵があり、実際に旦那さんが半年間の育休を取得。女性も小学校6年生まで時短を取得することができます。周囲の理解もある恵まれた環境。それでも、大手のメリットをあっさりと手放し、まなしばさんは次のステージに進みます。

「ままはっく」を育てる時期のポリシー「身の回りの人を幸せにできるサイト作りを」

フリーランスになってから感じたメリット・デメリットを教えてください。

「業種によると思いますが、メリットは自分の裁量で仕事が回せるところ。すべて自由に、自分でコントロールできます。精神的にもすごく楽。デメリットは替えがきかないところ。一人でやっているからこそ、属人的な仕事になってしまいます。自分に何かあっても休めません。ダメな時に替えがきくのが会社だけど、今は全部自分の仕事なので」

「ままはっく」は月間60万PVの人気サイトに成長しました。どんな施策をとってコンテンツを育てたんですか?

「より多くの人に見てもらうためにSEOを独学で勉強しました。サイト作りの楽しさに目覚めて、仮説を持って検証して、2015年からぐっとPVが急増しました。結果が出る時期は楽しかったです。『ままはっく』を育てる時期のポリシーは、誰に見られても恥ずかしくないメディアを作ろう、ということ。自分のことを全て公開しているので、身近な人に見てもらっても恥ずかしくないものにしたかった。そして、身近な人を幸せにできるサイトにしたかった。身の回りの人を幸せにできないと、たくさんの人を幸せにできないと思っています」

ブログのネタ出しで気をつけていることはありますか?

「基本的には自分の好きなものを書いています。自分が使ってよかったと思える安心商品をすすめる。広告収入や短期的なものには縛られない。5年、10年と生き残っていくには信頼を貯蓄することが大切です。ウェブはトラップが多い。稼げる方向に舵を切ればすぐにできてしまいますが、私は信頼を失うことはしません。自分でしっかりと判断する目を肥やすことが大事だなと思います。信頼を落とすのは一瞬です」

「保育園落ちた日本死ね」とは違うアプローチ、待機児童問題から「ほいくびより」を立ち上げ

新しく事業を始める時、まずは「誰を助けたいか」を考えるというまなしばさん。

“保活”の際に待機児童問題に向き合い、独立してからは特に積極的に活動を行っています。自身は認可保育園に入れたものの、問題意識への熱量は下がりませんでした。正社員でも預けられない。専業主婦はどこに預ければいいのか。子供を産んだがゆえに女性が職を失う社会なんておかしいーー。

「“保活”がこんなに厳しいとは思っていませんでした。大田区の保育園ランキングについて書いた記事のアクセスが跳ねて、切実なママがいることを知りました。Facebook上で東京都大田区の保活コミュニティ(大田区保育園情報コミュニティ)を作ったところ、同じ悩みを持つママが1000名を超えて集まったんです。この数だったら区役所に文句を言えるんじゃないかと「異議申し立て」を考えました。保育園に入れなかった人が法的に許されてる方法です。でも、対立して騒ぐだけがアプローチじゃない。「保育園落ちた日本死ね」のように、時にはメディアへの見せ方もひとつ大事だと思いますが、継続的に改善に向かって呼びかけることにしました。

“保活”についてのアンケートを200人に行い、その回答(有効回答数191人)を持って、厚生労働省や各党の国会議員、大田区に意見交換の場を設けてもらい、プレゼンを行いました。
活動の成果として、大田区はそれまで公表していなかった前年度の保育園の点数をウェブに公開してくれたのだそう。「電話で点数を聞いたら教えてくれるけど、ウェブには公開していなかったんです。指摘をしたら数字を公開してくれた。区もこの問題をどうにかしたい考えているんだなと感じました」

manashiba02▲東京都の意見交換会の様子

当事者を退いても尚、この問題と向き合っているんですね。

保育園に子供を預けられないと女性は働けない。どう考えてもおかしい。保育園に入れるために産む時期を選ぶなんて、そんな人権侵害があるか、と。少子化なのに保育園にも入れないのかという憤りが根底にある。この問題は投げ出せません」

保育士さん向けの求人・情報サイト「ほいくびより」を立ち上げられたのも、そのような経験があったから?

「保育士さんが足りない状況で、さらに待遇が悪くて辞めてしまう方が多い中、保育士さんを応援するために第三者は何ができるのか。キャリアサポートのほかにも、無料で使ってもらえるイラスト素材を提供するなど、保育士さんを助けたいという意識を持ってサイト作りを強化しています」

現在の仕事のメインは「ほいくびより」の運営で、「ままはっく」はメンテナンスが中心なのだとか。「自分じゃなくてもできる仕事を増やして、それを他の人に振りたい」。現在は個人事業主ですが、今後は法人化を視野に入れているそうです。

フリーランスのまなしばさんの働き方が見える、1日のスケジュール

manashiba07
旦那さんはもともと家事が得意で、家庭を大事にしてくれる人なのだそう。

「一緒に育児休暇を取ったおかげか、母乳をあげられる以外は同じスタート地点から子育てに入れました」。
「ママになると時間的な制約があるので、仕事に対する姿勢が変わるもの。時間に対する考え方が変わりますね。自分じゃないとできないことを自分がやって、そうじゃないものは他の人にやってもらうという考え方です」。

manashiba01▲ご主人とのチャットのやりとり。「何よりも一番嬉しいのは夫が早く帰ってきてくれること。定時の18:30になったら『まだ?』と連絡を入れています(笑)子供がご飯を食べてから寝かしつけるまでの時間は、夫がいてくれると楽なので」

働くママにおすすめしたい、まなしばさんお気に入りのサービス、アイテム、ママプラ記事は

manashiba06

「ママプラのインタビュー記事は共感できるものが多かったです」

まとめ

60万PV、月商100万円を突破している「ままはっく」事業。サイト事業を成功させるまなしばさんに慢心はありません。 仕掛け人として飄々と企てるのは次の一手。「来年の1月からは夫が今の会社の契約を変えて、週に2回、まなしばさんが運営するサイトの改修に入ってくれることになりました」。家事が得意な旦那さんはさらに、来年からは「週に2回は夕飯を作るよ」と言ってくれているのだそう。仕事に家事に子育てに、今後も夫婦2人3脚の活躍が期待されます。

「育児中は社会と隔絶されている気分」「保育園に入れるために産む時期を選ぶなんて人権侵害」
多くの女性が感じつつも、声にしてこなかったことではないでしょうか。だれもが抱えるモヤモヤを言語化し、多数に届ける行動力こそが自身の暮らしを変え、さらには社会を変えていくための一歩なのかもしれません。何か小さなことでもアクションを起こしてみれば、自分の人生をガラリと変えるきっかけになるかもしれませんね。

ママプラ編集部

ママプラ編集部は全員ママとパパ。子供たちと過ごす日常をより面白くしたいと日々考えています。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事