働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

DMMグループ亀山会長に独占インタビュー! 不透明な時代に、“稼ぐ力”のある子を育てるには?
INTERVIEW
CompanyDMM.comグループ
Name亀山 敬司会長
ハート 41056

DMMグループ亀山会長に独占インタビュー! 不透明な時代に、“稼ぐ力”のある子を育てるには?

亀山 敬司(かめやま けいし)会長プロフィール

1961年石川県生まれ。19歳でアクセサリー販売の露天商から起業家人生をスタート。 プールバー、雀荘、喫茶店など様々な事業を展開後、レンタルビデオ店を開業。 1999年に株式会社デジタルメディアマートを設立(現:株式会社DMM.com)。現在は、DMM.comグループの会長として、動画配信、オンラインゲーム、英会話、FX、ソーラーパネル、3Dプリンター、VRシアターなど、多岐にわたる事業を展開。2017年には『自ら気付き、考え、行動を起こすことができる人間を育成すること』を目指す私塾「DMMアカデミー」を設立した。

大学入学は、ゴールではない。 その先にある「食っていける生活力」こそ、本当のゴール。

子供が社会に出る頃、高学歴が今と同じ意味を持つ保証はどこにもありません。それなのに、「いい大学」に入る学力をつけることを、“何となく”教育の最終目標にしているママも多いのでは?
今年から、高卒の子供たちを集めて、給料を払いながら教育する私塾「DMMアカデミー」を設立した亀山会長に、まずはその設立の背景から伺いました。

「もともとは、俺が大学行ってないのよ。専門学校中退。それでもこうやって、生きていけてるわけ。だから、家庭の事情とかで大学に行けなかったやつでも、10代から色々教えたら突き抜けるヤツを育てることができるかなと思ってね。大学で理論を学ぶのも大事なんだけども、給料をもらいながらビジネスのいろいろを実践で学ぶことができるDMMアカデミーも面白いと思う。結局、実践でしか学べないことも多いからね。DMMアカデミーに来れば、東大蹴った子もいるし、ベトナム人もいるし、暴走族上がりの子もいる。違う価値観に触れることは、お互い学びがあるはずでしょ。」

今までたくさんの若者を採用してきた亀山会長だからこそ見える、学歴の意味やこれからの仕事について教えてください。

「子供をいい大学へ入れても、いい顔できるのは大学4年間だけで、『東大卒のニート』なんてことになったら、いきなり大変な話になっちゃう。だから本当は、社会に出て40年以上生活する力をつけてあげることが子供のためだし、親も一番望んでいるんだよね。仕事でいきいき楽しそうに活躍してるってゆうのが嬉しいわけで。で、時々仕送りしてくれたら最高(笑)。」

学歴の持つ意味が、変わってきているということですか

「就職において、学歴は単なる面接へのパスポートになってるよね。高学歴だと書類選考は通るから、面接はたくさん受けられる。でも、そこを突破できるかどうかは、全く別物。100回面接を受けられても、1社も採用されなかったら意味ないでしょ。それよりも、面接が少なくても、1社採用される方が価値がある。」

面接を突破できる力とは、具体的にどんな力なのでしょうか?

「面接を突破できる子の共通項は『話す力』と『創造性』。面接官は、『こいつと職場でコミュニケーションできるか?』というのを重視しているからね。基本的なことだけど、元気よく、人の目を見て受け答えができるか。
知識的なものは、ほとんどがAIでカバーできるようになるから、この先、人としてのコミュニケーション能力が、今よりも重要視されるはず。『話す力』を養うのは、どれぐらいたくさん他人と接点を持っているかどうかに掛かっている。」
「もう一つの『創造性』は、子供が本来持っているもの。キャンプでスマホに触れなければ、子供は勝手に遊びだす。何もしてないのはつまらないからね。本当は幼稚園や保育園でも『鬼ごっこしましょう』ではなく、原っぱに放り出して、先生は腕組んで見てるのが理想。親ができるのは機会を与えることだけなのかなと思う。子供が自ら選択した時にこそ創造性が育まれるから。」

せっかく社会に出ても、すぐにドロップアウトしては、稼ぎ続けられないですよね。

「過保護によって、本来幼少期から徐々に身に着けるべき、ネガティブなことへの耐性が育っていない子が多いんじゃないかなぁ。大学卒業まで大切にお客様扱いされてきたのに、社会に出ていきなり怒られたり不条理なことに遭遇して、鬱になっちゃうみたいな。
ママたちは、自分が見せたくないものや会わせたくない人から、過剰に遠ざけたりしすぎていない? 極端な例だと、交通事故に遭った猫の死体を「見ちゃダメ」と言うことで、子供は死を体験する機会を奪われてる。少し不良っぽい子との付き合いを禁止すると、異質な価値観に触れる機会がなくなっちゃう。ダメージを受けても若いほど回復力があるからね。多少のネガティブな体験は、結局その子のリスク管理能力になる。自分の物差しだけで、子供の行動にあれこれ言うのは、子供が生きる力を育む機会を減らしてると思うね。。」

これからの時代の「生活力」を築くには、何が必要でしょうか?

「今の世の中、専門職は危ないよね。リスクが高すぎる。AIの発達や世の中の制度が少し変わっただけで、仕事ごとなくなる可能性があるから。できることを2~3本兼ね備えた、マルチな人間が求められるようになると思うよ。複数のアイデアを組み合わせて何かを生み出したり、ルールを考えて変えたりするのは、AIが苦手な仕事。たとえば、歌って踊れる棋士とかね。『今日は王将2枚で将棋してみましょう』と言って、踊りながら指したりすれば、あっという間に“ハンパない棋士”として仕事が集まるでしょ(笑)。
学力も専門性の一つにすぎないから、それだけ磨くのは危険。何をプラスするかは、その子の個性に合うものにすればいい。最終目標は“自分で稼ぐ”ということ。自活できるって大事だよ。」

子育てに100%の自信は禁物。 夫婦円満、1%の救い、依存の構造、がキーワード

雑誌やメディアで、ユニークな持論を展開されている亀山会長ですが、最近の子育て、特に親の在り方について、気になることはありますか?

「俺の家で言うと、かみさんと子育てについて、時々意見が食い違うわけ。私立か公立かとか、お菓子をあげるあげないとかね。で、そういう時に大抵俺はおれちゃうね。自分の意見に100%の自信なんて持ってないし、話し合いが平行線でもめるくらいなら、旦那がおれるしかないでしょ(笑)。で、あげちゃいけないと言われてるおやつを隠れて子供にあげちゃう。『今日は食っちゃえ』ってね。でも、これ決して母親を非難しているわけではないんだよ。

子供への影響を考えると、私立か公立かなんてこと以上に、夫婦仲良いのが一番いいわけよ。子供が一番見たくないのは、両親がいがみあってる姿だからね。両親の不仲はね、隠していても、絶対に子供は感じるから、俺はかみさんが一番幸せだと思えることに重きをおいてるんだ。」

亀山会長が子育てに100%自信を持っていないとは! 子育てに自信を持つことは、そんなに危険なことですか?

「子供にとって親は最高権力者に見えるわけで、従順だから親の意見が通りやすい。そうしているうちに親は、知らず知らずのうちに、自分のやり方・考え方が100%正しいと思い込んじゃう。『箸の持ち方はこうじゃなきゃダメ!』と思っていても、インドへ行けば手で食べるんだし、自分の常識は世界の常識でもないよね。いろんな正しいがある。自分自身の人生を振り返ってみれば、失敗したこともあるわけだから、自分の考え方が間違ってるかもしれないって、時々は不安になって振り返るって大事じゃない?」

ズバリ、教育に必要なことって、何だと思いますか?

「俺は、“1%の救い”が教育には必要だと思っていてね。近所にとても教育熱心な夫婦がいて、子供の将来のために教育に力を入れていたんだよね。そこの息子もその期待に応えるべく毎日頑張っていたんだ。俺はその子にたま~に、『黙っとくから、さぼっちゃえ』とかやってたんだよね。そしたら、にこっ、といたずらっぽく笑うんだよ。たぶんその子はほとんど親の考えに同調してるんだけど、1%だけは俺の考えも理解してくれたと思う。
この1%の違う意見・物の見方があるかないかが大違いで、こんな近所のおじさんでも、ワンピースみたいな漫画でも何でもいいから、違う価値観を1%でも持っていれば、ピンチの時に生き延びる救いになると思うんだよね。その1%が、最後に別の心を取り戻す時に役に立つ、というか。」

自立した子を育てるために、親が気をつけることはありますか?

「子供の自立の前に、親が子供から自立しないとね。変に子供に依存していないか、時々気をつけた方がいいかもしれない。会社に居場所がない人が、『この子がいないと俺は生きていけない』とか子どもに依存しちゃうケースなんか危ないよね。
人間にとって、誰かに必要とされるというのは、本質としてとても重要なことだけどね。で、時々、子供に愛情をかけているように見えて、“必要とされることを必要として、子供に依存している”という構造が裏に隠れていたりする。そうすると、子供はいつまで経っても自立できない。子供に自立してほしかったら、まず自分が自立しないと。
『この子のためなら』と、何でも犠牲にするんじゃなくて、仕事や友人、夫婦など、他との関係値をちゃんと構築していかないとね。子供の人生じゃなくて自分の人生を、どうちゃんと生きるかが大事だよ。」

まとめ

フランクな口調で語られたのは、お題目だけの教育論ではなく、亀山会長の実体験に根差した、“心根の在り方”でした。子育てというと、「子供に何をするか」ということについ考えがいきがちですが、実は親である「自分がどうあるか」の方が大切なんですね。

母として、妻として、女性として、仕事人として・・など何役もの役割を限られた時間と体力の中でこなそうとするあまり、つい近視眼的になり、気づかぬうちに自分の中にある、【こうあるべき】に縛られてしまいがちです。そうならないために、母である私たちの心にも、“1%の救い”が必要なのではないでしょうか。

好きなアーティストの曲を聴く、ケン玉に没頭する、など実生活においては「役に立たない」「無駄なこと」にも思えるひと時が、社会を俯瞰して見つめて自分を取り戻す一助となるのかもしれませんね。

interview:Sato   text:Yukima

ママプラ編集部

ママプラ編集部は全員ママとパパ。子供たちと過ごす日常をより面白くしたいと日々考えています。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事