働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

労働革命!社員全員リモートワークを実践する企業でのコミュニケーションとは?
INTERVIEW
Company株式会社キャスター
Name中川祥太さん
ハート 3944

労働革命!社員全員リモートワークを実践する企業でのコミュニケーションとは?

総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省、内閣官房、内閣府は、東京都及び経済界と連携し、東京オリンピック・パラリンピック競技大会を契機とした働き方改革の国民運動を展開しました。その一環として2020年東京オリンピックの開会式にあたる7月24日を「テレワーク・デイ」としたことをご存知でしょうか?国を挙げて、働き方改革に乗り出していることがうかがえます。
実際に、企業ではどんな取り組みがされているのでしょうか。今回は、社員全員がリモートワーク可能である【株式会社キャスター】の代表取締役社長 中川祥太さんにお話をお伺いしました。

新しい働き方を提案し、人々を幸せにしたい!起業の背景。

【株式会社キャスター】は「労働革命で、人をもっと自由に」というビジョンを掲げ、オンラインで秘書や人事・経理などのアシスタント業務を依頼できるBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)サービス【CasterBiz(キャスタービズ)】をはじめ、さまざまなサービスを展開しています。社員全員がリモートワークも副業もOKという自由な人事制度で、多様な働き方を提案しています。

▼株式会社キャスターの人事制度

起業のきっかけを教えてください

「前職でBPO関連の仕事に携わっていました。地方にセンターを設ける形で展開していたのですが、それでは求人に限界がありました。そこで新しいモデルとしてクラウドワーカーのマネジメントをすることにしたのですが、このモデルは基本的に仕事とワーカーをマッチングする毎に課金されるシステムなので、マッチング後のクオリティー管理が難しいことに課題を感じました。また、クラウドワーカーたちの賃金がかなり低水準に設定されていたんですよね。この歪みを解決する新しいモデルがあると感じたので起業しました」

そこで生まれたのが【CasterBiz(キャスタービズ)】。秘書、人事、経理、Web運用に関する日々の様々な業務を「優秀なリモートで働くアシスタント」に依頼できるサービスです。高いスキルを持つ人員を株式会社キャスターの社員として雇用し、クライアントから発注される業務をキャスター社員であるスタッフが、リモートで対応するという形式です。このような形式にすることで、アウトプットの品質と働き手の賃金どちらも高い水準で保てるというわけです。

【CasterBiz】の求人に対しての応募者は、女性の比率がかなり高いそうですね。

「特に女性に焦点を絞った求人というわけではないんですが、応募されるのは圧倒的に女性が多いですね。一般的に家事や育児で時間に制約のある状況にあることが多い女性の方が、在宅ワークやリモートワークということに関心が強いし、シフトもしやすいというのがあるのではないでしょうか」

応募されるのはどんな方が多いですか?

「20〜40代の女性が多いです。地方在住者が7割で、都市部近郊が3割くらいです。既婚でお子さんがいらっしゃる方、既婚でお子さんがいらっしゃらない方、シングルの方はそれぞれ3割ぐらいで同割合です。それまでの経歴も様々。一つの会社に長く勤めていた方、ジョブホッピングされている方もいらっしゃいます」
「地方の応募が多いのは、地方では女性でも働ける仕事・職種が少ないのだと思います。30代~50代の方々だと生活拠点を今から都市部移すということは難しい状況にある方も多く、地方で身動きがとれなくなっている方が多いのかなと思います」

採用についてもすべてオンラインで出来るようにシステム化されているそうですね。

「書類やスキルチェックの課題提出もすべてオンラインなので、ネットリテラシーの高さが求められます。課題に合格すれば、オンラインで面談という流れです。学歴や職歴などは重視していませんし、既婚か未婚か子育て中か否かなど属性は全く関係ありません」

採用にあたって経歴も居住エリアも性別も年齢も不問。例えば、家族の都合でやむを得ず転居した女性や、身体的な障害があって通勤に人一倍の負荷がかかる方など、これまで当たり前であった「オフィスでの勤務」に障壁がある人々にも平等に働く機会が開かれています。

働くママとリモートワーク

政府は女性活躍推進に注力していますが、子育てと仕事の両立においてどのような課題があるとお考えですか?

「この問題に関して、ミクロな視点とマクロな視点がごっちゃになって語られていることが多いように感じています。マクロな視点で考えると、仕事って移動・労働・休憩の3要素で構成されているわけです。この3要素の中で“移動”の部分は、効率化できる要素だと思います。保育を必要とするお子さんをお持ちの世帯にとって、通勤時間は短いほうが効率的であることは間違いない。すると都心部に住まう人が集中して保育園が足りなくなる…では保育園を増設すべきなのか?というと、今後需要が減っていくことも見込まれる。ではどうすべきか?俯瞰してみると、働く場所などに縛られることない働き方に変えること、つまりリモートワークが具体的な解決策になると思っています

【株式会社キャスター】では、【CasterBiz】のオンラインアシスタントなどオンラインサービススタッフはもちろん、自社の管理部門、営業部門などのメンバーも全員がリモート勤務をしています。兵庫県在住のママ社員の1人である川村さんは、自宅リモートワークで人事のバックオフィス業務に就いています。川村さんは同社のブログでリモートワークでの仕事ぶりを紹介しており、

「子育て家庭の朝はきっとどこも大変だと思います。予測不可能なことがたくさんおこると思います。共働きで実家が遠方のため援助が受けられない我が家では通勤だけでも相当なストレスでした。でもキャスターで勤めるようになってから本当に時間に余裕ができました」

と綴っています。

また広報の勝見さんは結婚を機に、「仕事を家庭の両立、また今後は出産・育児の可能性もあると考えて」2017年1月にジョインしました。ワーケーション(※)を取り入れるなど、場所に縛られることのない働き方を実践しています。(※ワーケーションとは「ワーク(仕事)」と「バケーション(休暇)」を掛け合わせた造語。今年7月に日本航空(JAL)が採用するなどして注目を浴びています。海外ではワーケーションをターゲットとした滞在先もできているようです。)

▼北海道でワーケーション。通常通り業務を果たせば、どこで働いてもOK。

自由な働き方を享受できる人、できない人

全社員がリモートワークというのはどんな職場なのでしょう。

リモートワークで困ることは?

「途中からリモートワークに移行した企業は問題なども出てくるかもしれませんが、うちは創業時からずっとリモートなので、特に問題や困ることはありませんね。ただ、外部の人になかなか理解されにくいというのはあるかもしれません」

なかにはカルチャーフィットせず、やめてしまう人もいるそう。

「対面コミュニケーションに慣れすぎていると、遠隔でのコミュニケーションや管理に不安を感じて、疑心暗鬼になってしまうんです。その結果、過剰に監視するような行動に出てしまうというケースはよくあります。自由ということを受け入れられない人には、難しいのかもしれません。すぐに連絡がつかない、ということも当然ありますが、そうした状況にもフレキシブルに対応しないといけません。自分が自由であるからこそ、相手の自由も受け入れないといけませんから」

このように【株式会社 キャスター】では新しい働き方を提案しています。また組織体系も多くの企業とは違った『ホラクラシー型組織』を採用しています。『ホラクラシー型組織』とは、従来の企業に多いピラミッド構造のような組織ではなく、権限を分散させたフラットな組織のことを言います。

「ホラクラシー制度を導入しているので、会社としての評価というものはあまり強くありません。それよりも自己評価、さらに横から(周りから)の評価を重視しています。しっかり自走できることが必要になりますが、それは“自己責任を負う”ということではありません。会社組織として仕事を受けているわけなので、最終的な責任の所在は会社にあります。対面のコミュニケーションが無いからこそ、横とのコミュニケーションでどれだけ摩擦を少なくできるかどうかが大切ですね

子供の教育において大切だと思うこと

プライベートでは1児の父でもある中川さん。ご自身の幼少期を振り返りっていただきながら、子供の教育について伺いました。

「僕、自分で言うのも何なのですが成績が良かったんですよ。“勉強ができる”ということはわかったので、高校生の頃には別のこともやってみたいと考えるようになりました。その時の僕は音楽に興味を持っていたので、ロックバンドを組んで活動し始めました。すると、両親の反応がガラリと変わりました。勉強に専念していた時には熱心に僕をサポートしてくれていたけれど、ロックバンドに関しては応援してもらえなかったんですよ。笑
愛情を持って育ててくれた両親には今も感謝しています。ただ、子供の選択肢を狭めると、不器用なオトナをつくることになるなと感じています」

「僕の子供は、今6歳です。子供には『世の中にあることは全て、誰かの意図によって作られているもの』であることを認識しておいてほしいと思います。全てを文字通りに鵜呑みにするのではなく、その裏にある意図を考えてもらいたいなと思っています」

ご自身のプロフィールページに“ 俺の運命を、お前が決めるな!”という言葉も掲げていらっしゃいますが、自分で考えて選ぶということを大切にされているんですね。

「掲げてますね。笑 僕は、選択の場面では“多くの人が選ばない方”を選択したいと思っています。その方が偶発性がありますし。人が選ばないのは、そちらの道に何かリスクや困難があると予測するからだと思いますが、その困難への対処法を備えておけば良い話だと思います。子供にも、自分で考えて選べるようになって欲しいと思いますね」

まとめ

テクノロジーの進化とともに、確実に働き方は多様化が進んでいます。働き方の選択肢が増えることは、制約を抱える子育て世帯にとっては嬉しいことですよね。環境が整いつつある今、ITリテラシーやオンラインコミュニケーション術など、労働者自身も環境の変化にあったスキルが必要となります。
そして何より、働き方ひいては暮らし方が多様化するこれからにおいては、「自らの運命を自らが選び取る」マインドセットが大切なようです。

ママプラ編集部

ママプラ編集部は全員ママとパパ。子供たちと過ごす日常をより面白くしたいと日々考えています。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事