働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 2784

ケンカが絶えない夫婦こそ実行してみて!夫を上手に操る3つのポイント

夫婦ゲンカが絶えず毎日のように夫にイライラしていませんか?ケンカが絶えないのは、初心を忘れお互い「気遣い」を忘れてしまっている場合が多くみられます。
今回のテーマである夫を上手に操るにはその「気遣い」を大切にすれば、あなたの言動一つでケンカをなくせます。お姫様扱いだって夢じゃないかも!?

①男のプライドをくすぐる

「あなたのほうが上手だから」
「あなたにしかできないから」

と言われたら、物事を頼んでいるのにも関わらず男性は頼られている感を強く感じ、プライドがくすぐられます。
男性は本能で「人よりも優れた存在でありたい」と願っている場合がほとんど。
小さい頃から男の子が戦隊モノのヒーローに憧れるのも必然的。それは大人になっても変わらず、男性は”仕事で成功したい、モテたい、頼られたい”と思っているのです。

それを踏まえて、夫を操りたければこうしたプライドをくすぐることが基本です。
しかし、ただおだてるのではなく、夫の得意なことや長所を認めてしっかりと口にしましょう。
上手に夫を操れたら「さすが、ありがとう!」と感謝の気持ちを伝えるのを絶対に忘れてはいけません。

②幸せと喜びを表現する

どんな夫も妻が不機嫌そうな顔をして過ごしていると気を遣うし居心地が悪く感じます。逆に妻が笑顔で幸せそうに過ごしていると、気持ち良くなり過ごしやすくなるものです。
男性はパートナーの幸せそうな顔を見ると満足感が得られると言います。その為、何かしてもらったときには「共働きなのだから、手伝ってくれて当たり前よ」ではなく、「すっごく嬉しい!疲れていたから本当に助かった!」と笑顔でいうだけで満足感がぐんとあがり、「次もやってあげよう」という心が芽生えるのです。
また普段からお願いするときは「こうして」ではなく「こうしてくれると嬉しいな」というお願いの言い方に変えるだけで、夫の行動が違ってくるはず。
常に笑顔で幸せな空間を作るだけで夫を上手に操ることができるのです。

③3大本心を知る

あらかた私が思う夫の3大本心は、この3つで間違いありません(笑)

・妻よりも上でいたい俺
・子供ばかりではなく自分にも注目してほしい
・妻に甘えたいときもある

これを読んで「まるで子供じゃない?」と思いましたよね?それは妻だけに見せる姿。会社では、バリバリ仕事をこなして甘えん坊な夫ではないはずです。

この本心を理解すると夫にかける言葉にも変化が現れます。

「私に任せて!これでいいわよね?」と主導権が妻にある家庭なら、少しは「あなたに任せるわ」「あなたが言うならそれにしましょう」と譲る気持ちが大切です。
子供中心で夫をかまっている時間がない妻なら「子供が寝たから久々にゆっくりコーヒーでもどう?」の一言で夫の心は満たされるはずです。
【夫の3大本心=欲求】を満たしてあげられると、自然とあなたを付き合った当時に近い女性扱いをしてくれるようになるはずです。

まとめ

いかがでしたか?女性に生まれたからには妻になっても母になってもお姫様扱いとまではいかなくても、大切にされたいですよね。
ケンカになってしまったら「気遣い」を持つことで、ケンカをすることでだいぶ和らぎます。
そして普段は男性本来の素質を知り、プライドを立ててあげることで自然と守ってあげたいと思われる愛され妻に変わっていくはずです。

岸川菜月

美力アップセラピーサロンPrincess N主宰 / 愛妻コンサルタント / 美容アドバイザー / 毎日幸せがモットーで、ママとして妻としてはもちろん、1人の女性としての魅力を惹き出す記事を執筆。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事