働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 22216

旦那には言えない…! お迎え前の秘密リフレッシュ法

仕事が早く切りあがった日は何をして過ごしてますか?
そのまま子どもを早く迎えに行ってもいいけれど、せっかくなら自分の時間に使いたいですよね。
せっかくのお迎え前の隙間時間、仕事も家事も育児もがんばる自分へのプチご褒美にしてみましょう。
大きな声では言えないけれど、たまには秘密のリフレッシュもいいものです。

お迎え前の秘密時間

仕事終わりにまっすぐ保育園へお迎えに行くのは当たり前。
けれど、いつもより30分早く終わる日があったら、慌ただしい夕方の前に深呼吸できるリフレッシュタイムがほしいものですよね。
仕事と家庭の往復で自分時間がとれずイライラするくらいなら、お迎え前の隙間時間を楽しみましょう!
わずかな時間で、贅沢をしなくとも行動次第で束の間の休息を得ることができますよ。

自分メンテナンスをしよう

仕事をしていると、同じ姿勢でいることが多くなりがち。
お風呂の湯船にゆっくりと浸かる時間のないワーママは、足のむくみや体の凝りが溜まりやすくなり、体の巡りが悪いと頭も心もスッキリしませんよね。

そこで、30分の空き時間にマッサージへ行くのがおすすめです。
その日のスケジュールが分かっていれば、前もって予約できる整体や鍼もいいでしょう。
がんばり続けていると体の凝りや疲れにも鈍感になります。
疲れた体にムチを打ち続けている人は、病気から守るためにも体をほぐし、全身の流れを良くしておきましょう。

オヤジ化したっていい

子どもがいると夜の飲み会や外食もすっかり減ってしまうもの。
仕事のトラブルで頭をリセットしたい時や、落ち込んでいる時に友人や同僚に愚痴を聞いてもらうなど、当たり前だった独身時代のストレス発散方法も、保育園のお迎えがあるとその機会はほぼゼロに……。
仕事帰りのお父さん達が赤提灯の呑み屋に立ち寄る気持ちがしみじみと分かるようになったというママも多いはず。
仕事と家庭の間にワンクッション置きたいということだと思います。

そんな気持ちがあふれそうになったときは、赤提灯で一杯もありでしょう。
それが難しければ、赤提灯で一杯“気分”でカフェに入るだけでも気が楽になるものです。
オヤジのような過ごし方も、働く女性にとっては時に大切なリフレッシュ時間なのです。

(文・森 初世)

提供元:camily(キャミリー)

camily(キャミリー)

キャミリーは、働くママとパパ、家族の気持ちをラクにする情報サイト。仕事と子育ての両立、育休からの仕事復帰、働くママの育児、生活・家事の時短テクニック、育児マンガなどを多数掲載。