働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

12744

産後3か月で復帰、夫は不在!?外資金融で働く2児ママのハッピー両立術【前編】

思わず紹介したくなる素敵なママ友にインタビュー。外資系金融でフルタイムで働きながらも、2児の男子の子育てを楽しむ上田晶子さん。パワフルな毎日には子育てと仕事を全力で楽しむエッセンスがいっぱいです。

上田晶子さんのプロフィール

14089337_10153800334352876_1405251943_n

上田晶子さん

外資系金融の商品開発・マーケティング職としてフルタイム勤務する傍ら、4歳と6ヶ月の男の子を育てる2児のママ。プライベートではローフードマイスターを取得し健康に気を遣う一方、ヨガやテニスなど体を動かすのも好きなアクティブなママ。”Dear Mom From Mom ~世界中のママから子育ての悩みを抱えるあなたへ~ “というプロジェクトを立ち上げ、手紙という形でママの経験を他のママに伝える活動を行う。”Beautiful Food, Beautiful Life”というお料理教室を通じて、食・健康に関する知識・原則を伝えている。建築家のご主人はこの夏から海外に2年間留学するため、晶子さんは日本に残り1人で仕事と育児を両立する予定。

晶子さんは2人のお子さんとも生後3ヶ月で職場復帰されたとか!なぜそんなに早く復帰したのですか?

「金融商品開発・マーケティングやプロジェクトマネジメントをしているのですが、私は仕事が大好きで、ほぼ趣味みたいなものなんです。上の子を愛情いっぱいで、方針にも共感できる認可保育園に入れているのですが、運良く下の子も同じ保育園に受かって。

自分が家にいてつきっきりで育てるよりも子どもにとっても刺激があり、楽しいのでは?と思ったので迷わず預けました。」

外資系ママ

▲出産には主人も立ち会ってくれました。

平日の1日のタイムスケジュールを教えてください。

「朝8時に保育園に、8時半過ぎに出社。18時半までに保育園のお迎えに行き、買い物などして19時に帰宅します。先に下の子にお風呂に入れて寝かしつけた後、ごはんを作ります。

20時から下の子とごはん。お風呂の世話や寝かしつけをして、21時半から22時くらいに上の子が就寝。その後は疲れていたら子どもと一緒に寝る時もあれば、もしくは主人と晩酌します。

その間も下の子が泣いたら、ミルク。遅くとも12時から2時頃には就寝します。送り迎えや食事の準備などは週に半分ずつ、主人が分担してくれています。」

外資系勤務に勤務しながら2人の育児、家事と聞くと大変そうなイメージがありますが?

「実際のところ大変です。毎日ドタバタ劇のよう。早く仕事をあがるために猛烈に仕事をして、猛烈に家事して、子供と格闘しながらも、子供の可愛さに癒され、幸せを感じています。

大変ではありますが、復帰した今は、仕事も育児の喜びも両方味わえているので、1.5倍ぐらいの大変さで、10倍の喜び!という感じ。それもひとえに理解ある主人、職場の人たち、保育園の先生、家族のおかげであることは間違いありません。

実は1人目の時のほうが初めての育児と仕事の両立が大変で涙することが多かったのですが、2人目は手がかからない子で、自分も両立経験をふんでいるので断然楽に感じるし余裕があります。」

仕事と育児と家事と自分の時間を両立するために工夫していることは?

▪️仕事

「職場の人に、帰る時間は明確にしておきます。家に帰ってからは時間を見つけて必要に応じて仕事をすることもあります。そのため、家から会社のパソコンにログインできるようにしたり、海外との電話会議は会社にいる間もしくは子供が寝た後の時間にするようにやりくりしています。」

▪️育児

下の子を巻き込みながら、上の子と遊ぶと一石二鳥です。例えば、下の子を怪獣にみたてて、あやすと上の子も喜んでくれます。

あとは時間の概念を教えるためにも、上の子にはスケジュールやゴールを事前に伝えています。あとは、愚図る時間を節約するために、着替えや片付けなどをゲーム調にしたり、命に支障がない場合以外は要求を受けいれてあげるほうが早く機嫌が直ることもあります。」

▪️家事

「家事は手抜きをするのが一番! 料理以外の家事は大嫌いなので、お掃除はヘルパーさんにお願いしています。今思えば1人目の時は、丸1日家事に使っていた日もあったので、相当なストレスでした。迷っているママがいたら躊躇せず、飲み代分くらいでお手伝いしてもらえるので、頼むべき!
罪悪感を感じる必要もありません!家電にも頼ります。食器洗いは食洗機を利用したり、洗濯物は週2回のみで乾燥機を活用することで時短することを心がけています。料理は、週末大量に作りおきしておきます。」

▪️自分の時間

「1人目の時の最大のストレスは、自分の時間がなくなってしまったこと。でも、今は子供も自分も楽しめる時間を作ることで自分時間を楽しんでいます。自分の好きなこと(料理や散歩など)に子供を巻き込めば、一緒に楽しむことができるようになりました。

人と話すのが好きなので最近では、お友達の親子を家に招いて、自分も子供も有意義な時間を過ごせています。子ども同士が遊んでいる間、親も交流することができるのでおすすめです。」

13940966_10210313003691536_1165149593_n

▲お友達親子を招いてホームパーティーをした時の様子。子どもたちも楽しそうでした!

 

まとめ

いかがでしたか?仕事も育児も全力で楽しむ上田さん。大変で忙しい毎日を送りながらも育児と家事の幸せを感じている姿はとても素敵です。
そんな上田さんですが、これからご主人さんが海外に留学するため1人で日本に残り、育児と家事を両立する生活が始まります。そんな気になる上田さんのご主人とのパートナーシップや、女性として目指す姿について後編で迫ります!

RELATED POST

あなたにおすすめの記事