働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 2960

入園準備の名前ラベル作りが簡単!最近の『テプラ』がすごい!

4月からの入園が控えていると、必要な書類や持ち物を準備しなくてはいけないですよね。園生活を送るにあたり、持ち物には名前を記入しなくてはなりません。

「こんなものにも!?」と思うものもありますが、たくさんの園児をお世話する先生には、どれが誰の持ち物かなんて把握しきれませんので、すべてに名前の記入が必須です。これがなかなか大変な作業だったりします。

そこで便利なのが『テプラ』です! 家に1つあると便利なアイテムで、入園準備以外にも役立つ活用法がたくさんありますよ!

プラスチックにも布製品にもOKで、カラーや柄も選べる『テプラ』

yukariさん(@yamaneko112)がシェアした投稿 -

テプラとは、テープラベルに文字などを印刷するプリンターで、お店や会社の事務用品などに幅広く使われているので、一度は見たり使ったことがあるママも多いかと思います。

ラミネートされたテープラベルのイメージがありますが、最近のテプラはラベルのバリエーションが増え、使用できる幅もグンと広がりましたよ!

クレヨンやはさみなどの文房具は、大きさに合わせてテープラベルのサイズ幅を選ぶことができます。4mm幅からあるので、小さくてたくさんあるおはじきや色鉛筆などにも使えます。

カラーや模様も選べるので、子どもの好きなカラーや柄で作成してあげると、ほかの子の持ち物と間違えることも防げそうですね。また、お弁当箱やお箸セットなどのプラスチック製品には、強粘着で水に強いラベルで対応できます。

また、アイロンで布に貼り付けられるタイプのテープや文字だけを転写できるタイプのテープもあるので服やタオルなどの布製品にも簡単に名前付けができちゃうんです!

こんなに幅広く使えるテプラなら、入園グッズの名前付けはすべてまかなえそうですよね。

実際に「持っていてよかった!」というママたちの声がたくさん!

テプラを実際に使ってみた先輩ママたちの声を集めてみました。

大変な入園準備に『テプラ』がとっても役立つ!

実際に入園準備に直面すると、大変さを実感しますよね。リボンタイプのラベルは手拭きタオルに縫い付けたり、タグとして使うこともできます。素材も選ばず、かわいく名前付けができて嬉しいですね。

入園準備後も手放せない便利さ!

お子さんの入園時に購入したテプラが、それ以降も家庭で活躍しているようですね。入園準備だけに使うには惜しい価格なので、いろいろな使い方ができるのなら買いですね!

お名前シールを買うよりずっとお得!

ラベルデザインや大きさも調整できるテプラは使い勝手がよく、お名前シールを買うよりも長く広く使えるのでありがたいですね。

提供元:mamaPRESS -ママプレス-

mamaPRESS -ママプレス-

「ママになっても楽しみたい!輝きたい!」という方たちのためのWEBサイト、それがmamaPRESSです。