働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

12144

【働くママ】子連れ出勤、時短勤務。子供の気持ちを優先にした働き方を選んだ筧沙奈恵さん

一口に「働くママ」といっても、働き方や職種、家族構成などは人それぞれ。
どんな背景があってどんな仕事をしているの?タイムスケジュールは?子供や家族との時間は?ライフスタイルは?
ママプラ編集長の熊本薫が気になる働くママたちの仕事を紹介します。

今回はカラー&ビューティートータルアドバイザーと4yuuu!ディレクターの2つの顔を持つ、筧沙奈恵さんの働くママの姿を紹介します。

女性がカラーを通して、毎日を楽しく、自分に自信を持ってもらいたい!

kakei

筧さんは現在28歳。立教大学卒業後、損保会社に勤務する傍らパーソナルカラーについて学び、2012年よりフリーランスでカラー&ビューティートータルアドバイザー(色彩検定1級保有)を務めています。
学生時代から読者モデルとして雑誌・TV・CM・イベントなど様々なメディアで活躍。化粧品メーカーのビューティーアドバイザーに携わった経験を活かし、職業とすることに。
自分の仕事実績や活動模様を掲載したHPを立ち上げ、綺麗になりたい女性に向けて、マンツーマンレッスン講師やセミナー講師として活動しています。

筧沙奈恵オフィシャルHP

筧さんは言います。

「女性がファッションやメイクの中に溢れるカラーを通して、毎日を楽しく、自分に自信を持ってもらいたい。
 美しくなるための努力をすることで、女性は自信を得ることができます。
 自信が生まれると、様々なことに挑戦する勇気や周りの人に優しく接する心が芽生えます。
 外見も内面も美しくなることで、多くの女性に毎日をハッピーを過ごしてほしい!それが私の願いです。」

その言葉通り、筧さんは次々にセミナーに訪れる女性たちへ自信をもたらしていきます。
セミナーで行う「パーソナルカラー診断」がそのひとつ。
自分のパーソナルカラーを知ることで、本当に似合う服の色やメイクの色が分かり、肌に透明感が出たり、若々しく見えたり。

このカラーを基に、筧さんがひとりひとり似合うカラーを使用したメイクレッスンを行います。
毎回大好評のレッスンになっています。

sanae

子供を保育園に預けるまでが辛く、不安しかなかった

kakei2

筧さんは25歳の時に女の子を出産します。
カラー&ビューティートータルアドバイザーとしての仕事だけではなく、ママの知見を活かして4yuuu!という主婦・ママ向けキュレーションメディアを立ち上げました。サイトのディレクターを務め、現在週3日オフィスへ出勤。サイト内の企画・運営やキュレーターのキャスティングなどを行っています。

子連れ出勤をすることもしばしば。出勤時間を少し遅めにして、通勤ラッシュの時間帯を避けたり、時間短縮勤務制度を利用するなど、子供を優先にした働き方をしています。

そんな筧さんも復帰する直前は不安な気持ちを抱えていました。

「娘の保育園を探すのにずいぶん迷って悩んで、悩みすぎて眠れなくなったり、涙が止まらなかったり。
 でも、今日こうして無事に迎えることができてよかった!」

娘さんが”今日はママと一緒にいたい”と言った日は会社へ連れていくことが多いんだそう。

「娘には、とにかく愛情をたくさん感じて欲しいと常に思っているんです。子供だけど、1人の人として接して、親の意見を押し付けずにいつでも娘がどうしたいのか聞くようにしています。
 また、生まれてきてよかった!と思ってもらえるように、愛情を積極的に伝えるようにしています。」

kakei3

娘さんの気持ちをまず受け止める。
そして愛情をたくさん伝える。

筧さんのママとしての姿はきっと娘さんに届いているのだと思います。

筧さんのファッション&メイクレッスンに潜入!

2016年7月9日に神宮前のカフェを貸し切って、【2016年夏】似合う色をフル活用!ファッション&メイクレッスンを開催。取材に行ってきました。

kakei4

この日はリピーターさん向けレッスンだったので、OLさん3人と学生さん1人の合計4人。
すでにパーソナルカラー診断が終わっている生徒さんです。

自己紹介をしていく中で、同世代と分かると一気に緊張がほぐれた様子。
さっそく第1部の「2016年夏メイクトレンド解説・デモンストレーション」が始まります。

2016年のトレンドメイクは次の通り。

①マットよりもみずみずしい濡れているような肌や目元。

②カラーはポイントで使用。主張しすぎない。

③唇もマットでなく、うるうるに。

全てにおいて”艶感”を意識するといいそう。

続いて、2016年のトレンドカラーの発表。カラーはファッションに取り入れる際の参考にすると、今年っぽくなるそうです。

①自然素材、ナチュラル感…ブラウン、グレー

②新しい色調…フレッシュな感じの色味、人工的な色味(ピンク、黄色、ブルー)

③ブラジルのようなビビッドカラー…民族っぽい色味

④大自然の生命力…カーキやブラウン

この2点を意識しながら顔の左半分を筧さんが、右半分を自分でメイクしていきます。

kakei7

この時使用したのが、バーバリー リップ&チークブルーム
クッションのような軽いタッチ。チークとリップ、両方に使うことができます。

クリームチークを付ける時は中指でとって人差し指で伸ばすことがポイント。ついている指でそのまま伸ばしていまうと、色が広がってしまうんだとか。

kakei6

自分のカラーに合ったものを使用し、品番をメモ。この後お店に行って購入する時の参考にすると生徒さんが言っていました。

後半はパーソナルカラーに基づいた、ファッションレッスンでした。
大人可愛い通販サイトHANILOOKのディレクターを務めている、瀬古あゆみさんにHANILOOKの洋服を使って着こなしのお話がありました。

kakeki8

その後、質問タイム。瀬古さんが実際に洋服を手に取って答えてくれました。

kakei10

Q:ピタっとしているトップスの着こなし方を教えてください。

A:腕が出る場合、ガウチョ、裾が広がりのあるスカートを合わせるとバランスを取ることができます。
 光沢感のあるトップスの場合、リネン素材の長め丈のスカートなどが相性いいです。

Q:いつもブルーばかり着ています。ベビーピンクのシャツを持っているのですが、なんだか甘すぎて…。
 ボトムスの組み合わせが分かりません。

A:ベビーピンクは可愛さ満点ですよね。合わせるボトムを可愛い要素の少ないものがおすすです。
 デニムもダメージ感があるものがいいと思います。
 
 他には白より黒のパンツにしたり、「可愛さ+辛さ」が完成する組み合わせが今年っぽいです。
 ラズベリーピンクなど、はっきりとしたピンクの場合はスカートでもエレガントになって素敵です。

その後、生徒さんは自分のカラーを参考に、好きなお洋服を試着。
「初めてこの色の洋服着ました!」「可愛い~♡」など、新しい自分に喜びを噛みしめているようでした。

kakei12

パーソナルカラーを知ることによって、自分の魅力を発見し、すぐにメイクやファッションのカラーを使って実行することができる。
私は取材しながら、このことを強く実感したのでした。

まとめ

会うときはいつも笑顔の筧さん。この笑顔で多くの女性を笑顔にしていました。
筧さんの仕事の後押しをしてくれたご主人やお互いの両親からのサポートを上手に受けている姿は、これから働きたいと思うママたちの参考にもなりそうです。

実は2016年11月に第2子となる男の子が誕生予定!
2児のママとして、今後の活躍も乞うご期待。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事