働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 9696

なんでも作れる説!macaroni考案「炊飯器レシピ」10選

炊飯器ってご飯を炊くだけの道具だと思っていませんか?実は炊飯器って手の込んだこだわりレシピから、簡単にできる時短レシピまで、なんでも作れちゃう万能調理器具なんです。そこで今回は、macaroniが考案した「炊飯器レシピ」をご紹介します♪

炊飯器でできるおかず系レシピ5選

1. ゆず塩サラダチキン

鶏むね肉に柚子こしょうと塩、砂糖を揉み込み、保存袋に入れて炊飯器で加熱するだけ!しっとりとした食感と、ゆずのさわやかな香りが楽しめる「ゆず塩サラダチキン」のできあがりです。

お湯は必ず沸騰させたものを流し入れ、お肉を入れた保存袋はきちんと熱湯に沈めることがるのが上手に作るポイント。これでコンビニで大人気のあの味を上回るおいしさに!?

2. 炊飯器でローストポーク

焼いた豚肉を、炊飯器の保温機能でじっくりと低温ロースト!簡単にしっとり食感のローストポークができちゃいます。

おいしく作るポイントは下味にはちみつを使うこと。お肉の収縮が抑えられ、やわらかくジューシーに仕上がりますよ。

3. タッカンマリ

鶏を丸ごと使った韓国の定番料理「タッカンマリ」。今回は手羽元を使って作ります。炊飯器に材料を入れて、あとは炊き上がるのを待つだけ!旨辛タレにつけて食べる手羽元は、やわらかくてジューシーです。

ネギやニラなど火が通りやすい食材は、炊き上がる直前に炊飯器に入れると色鮮やかに仕上がります。

4. たまねぎの肉詰め

肉詰めしたたまねぎを丸ごと炊飯器に入れて炊き上げるだけ。簡単にお出汁の染み込んだ、とろとろでジューシーな「たまねぎの肉詰め」ができちゃいます。

たまねぎは穴が開かないように、丁寧に繰り抜くのがポイントです!

5. デミグラス角煮

まるで圧力鍋で煮込んだようなとろとろの角煮だって、炊飯器でできちゃうんです。今回は赤ワインの香りがふわっと香るデミグラス仕立て。

お肉は一度の炊飯で十分やわらかくなりますが、とろとろにしたい場合は二度炊飯するとよりやわらかくなります。

変わり種炊き込みご飯レシピ5選

6. 骨つきスペアリブ炊き込みご飯

とろとろのスペアリブが堪能できる炊き込みご飯。スペアリブはスプーンで崩れちゃうほどのやわらかさです。

おいしく作るポイントは、最初にスペアリブをフォークで刺しておくこと。そうすると味が染み込みやすく、やわらかいお肉に仕上がりますよ♪

7. サバ缶で和風炊き込みごはん

サバ缶を汁ごと炊飯器に入れ、大根やニンジンと一緒に炊き込んだ炊き込みご飯。サバの旨みが染み込み、お箸が止まらなくなること間違いなし!

具材は混ぜ込まずにお米の上にのせて炊き、炊き上がってからご飯と混ぜ合わせるとおいしくできあがりますよ♪

8. 鮭と明太子の炊き込みご飯

次にご紹介するのは、包丁いらずの超簡単レシピです。生鮭と明太子、しめじをそのまま炊飯器に入れ、あとは炊き終わるのを待つだけ。

鮭は種類によって塩分が違うので、明太子や醤油などで調節してくださいね。炊けたら鮭や明太子の食感を残すため、ざっくりと混ぜて♪

9. 焦がし肉みそ炊き込みご飯

炊飯器の底にネギみそを敷き、そこにお米と具材、調味料を入れて炊き上げます。炊きあがると底に敷かれたみそが焦げて、とっても芳ばしい"おこげ"になるんです。

底からしっかりとすくい混ぜていただきましょう♪

10. 豚キムチ炊き込みご飯

お米と豚バラ肉、キムチを一緒に炊くだけの簡単「豚キムチ炊き込みご飯」。ご飯に豚キムチの旨味が染み込んでコクうま!

にんにくを加えて炊いたり、食べるときにチーズや温泉卵をのせれば、さらにボリュームアップ♪ いろいろなアレンジが楽しめるのもうれしいですね。

炊飯器で簡単!時短!激ウマ!

いかがでしたか?炊飯器のいいところは、その場にいなくてもスイッチを入れたら勝手に炊いてくれること!仕事や育児で忙しい方にぴったりの調理器具ですよね。

材料を入れて炊くだけの炊飯器レシピ。ぜひお試しください♪

▼簡単・時短レシピはほかにも♪

提供元:macaroni[グルメニュース]

macaroni[グルメニュース]

最新のトレンド、スイーツ、レストラン、レシピ、お役立ち情報まで、グルメに関するおいしい情報を見つけて発信するニュースメディアです。新発売情報やイベント情報も簡単に見つけることができます。