働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

376

秋も油断しないで!赤ちゃんの虫さされ対策【子供用スキンベーブ】

秋になっても心配なのが、蚊の対策。
体温調節がまだちゃんと整っていない赤ちゃんにとっては残暑が辛いのに、紫外線や熱中症に加えて、蚊の心配も尽きません。
そこで、室内や屋外でもできる対策と赤ちゃんに優しい成分が入った「スキンベープ」を使ってみてはいかがでしょうか。

まだ免疫力の低い赤ちゃんの蚊対策!虫さされ対策の子供用スキンベーブ

子供 先生5

残暑が残る9月。

気になるのが蚊の存在。

もちろん、対策できることは日常の中にたくさんあります。

例えば、ベランダの扉などはすぐに締めて、開けっ放しにしない、蚊が入ってこないように雨戸をしっかり取り付けるなど、基本的なことから始めましょう。

蚊取り線香は大人にとっても煙がきつかったりするので、赤ちゃんにとって万全の対策とも考えにくい気がします。

外出するときは、日焼け止めを塗って、刺激の弱い蚊よけスプレーを使うなど対策をしてから外に出ましょう。

長袖を着てしまうと熱中症にかかりやすくなってしまうので、半袖のままでかけられるように心がけます。

虫さされ対策の子供用スキンベーブ「フマキラー 虫よけ 天使のスキンベープ ハローキティ」

amazon

出典:https://www.amazon.co.jp

こんなかわいい蚊よけ対策もあります。

私も新生児の頃にさっそく購入しておきました。

限定品になっていますが、スキンベープのキティ版もあります。

パウダー入でべたつかないので、子供のおむつ替えの時や寝る前などにさっと使っています。

お肌が敏感な赤ちゃんも使える成分が入っているので、こちらも安心して使うことができます。

子連れの花火大会・プール&海にも!虫さされ対策の子供用スキンベーブ

ママ 歌3

新生児の頃、大人が使っているものを赤ちゃんに使っても良いのかな?と思って成分やパッケージの説明文をしっかりと読むようになりました。

「お子様にもお使い頂けます」と書いてあると、安心して購入することが増えました。

産まれたての赤ちゃんにとっては初めてのことばかりなので、沐浴やおむつ替えのときに使うものは慎重に選んだ記憶があります。

1、2ヶ月もして、身体が大きくなってきたら少し安心ですが、まだまだ免疫力がないのでその都度成分などを調べてから使うようにしています。

スキンベープはミストタイプもあり、すっきりとした使い心地になっています。

これから花火大会や海、プールなど大人にとっても楽しい行事がたくさんあり、屋外に出かける機会も多くなってくると思います。

安心して家族で使えるアイテムが増えると、赤ちゃんにもママにも嬉しいですよね。

働くママにとっては、赤ちゃんを預けたり、大人の多い場所に連れて行ったりすることが多いかもしれません。そんなときも蚊の対策もしておくと安心です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
プレママ時代からいろいろな知識を持っておくと、いざ子供が生まれた時にあたふたしなくて済むなと感じました。

いざ、というときにいろいろなグッズが揃っていると安心です。
かといって、買いすぎると無駄になってしまうので、あくまでも参考にして、必要なものはその都度買い足して行くのが賢いと思います。
子連れでお出かけができるように対策を練っていきたいですね。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事