働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 3408

マタママに朗報!ディズニーのマタママサポートツール『ゲストアシスタンスカード』をご紹介

ディズニーリゾートで使われているサポートツール『ゲストアシスタンスカード』をご存知でしょうか。

ゲストアシスタンスカードとは、ディズニーリゾート内でお手伝いが必要な方をサポートするために作られたカードです。妊娠中のママも含まれているので、活用することができますよ。

妊娠中だけどディズニーリゾートを楽しみたい!というマタママに、ぜひ知っておいてほしいゲストアシスタンスカードをご紹介します。

『ゲストアシスタンスカード』とはどんなもの?

yc♡さん(@chiii_1005_)がシェアした投稿 -

ディズニーリゾートで使われている『ゲストアシスタンスカード』は、障がいや負傷などにより体の機能が低下し、なんらかのサポートが必要な方に対して、リゾート内での負担を軽減するために作られたサポートツールです。妊娠中のママもサポートの対象に含まれます。

なお、ディズニーランドとディズニーシー、それぞれで発行することが必要ですが、受けられるサポートは同じ内容になっています。

ゲストアシスタントカードは、各アトラクションやメインストリート・ハウス、ゲストリレーション、ベビーカー&車いすレンタルのキャストに申し出ることで発行されます。

来園の1ヶ月前から東京ディズニーリゾート・インフォメーションセンターにて事前予約も可能ですが、カード自体は当日の受け取りです。

『ゲストアシスタンスカード』ではどんなサポートを受けられるの?

ディズニーリゾートでは、基本的にアトラクションには並ばないと乗ることができません。しかし妊娠中は立っているだけでもツライことも多く、長時間屋外で並ぶことは体への負担も大きくなりがち。

そんな大変なマタママをサポートするため、アトラクションやキャラクターグリーティング施設を利用する際、列に並ばずに別の場所で待つことが可能になるのが、この『ゲストアシスタンスカード』なんです。

妊娠中のデリケートな状態をサポートしてくれるこのカード。本当に助かりますよね。

基本的にはアトラクションでは同伴者3名まで、キャラクターグリーティング施設では同伴者9名まで一緒に利用できます。同伴者がその人数より多い場合は、同伴者が列に並ぶ必要があるので注意してください。

利用可能な時間をキャストがカードに書き込んでくれるので、その時間にアトラクションやキャラクターグリーティング施設へ向かうだけで、列に並ばずに利用できますよ。

ただし、待っている時間は並んでいる時間とみなされるので、ほかのアトラクションの利用はできません。

アトラクションによっては、普通に列に並ぶよりも時間がかかってしまうこともあるようですが、体調を優先し、座って休める場所などでのんびり過ごすとよいでしょう。

待機時間を短くしたい場合、パーク内にて無料でもらえるアトラクションの優先乗車券『ファストパス』もオススメですが、体調を第一に考えて楽しんでくださいね。

『ゲストアシスタンスカード』使ってよかった!SNSのマタママたちの声

では、ゲストアシスタンスカードを利用したマタママたちの声をSNSで聞いてみましょう。

産後は育児で多忙になり、いつディズニーリゾートに行けるかわかりませんよね。ディズニー好きのマタママたちには、本当に嬉しいカードです。

やっぱり、立って並ぶ時間が軽減されるのは助かる!との声が多数。並んで体調を崩したのでは、せっかくのディズニーリゾートも楽しめないですよね。

体を冷やすことがNGなマタママにとって、寒い季節に外で並ぶのはさらに大変なこと。ゲストアシスタンスカードがあれば寒さも軽減でき、お腹への影響も少なくてすみますよ。

妊娠中でもディズニーリゾートを楽しんでもらいたい!という気持ちにあふれたゲストアシスタンスカード。妊娠中だから…と我慢するのではなく、体調と相談しながら、ゲストアシスタンスカードを上手に活用してディズニーリゾートを楽しんでみてはいかがでしょうか? ママが楽しいと、おなかの赤ちゃんもきっと楽しい気持ちになりますよ。

ただし、『ビッグサンダー・マウンテン』や『タワー・オブ・テラー』など、そもそも、妊娠中は利用できないアトラクションもあるので、注意してくださいね。

PHOTO/Juta/Shutterstock
参照/東京ディズニーリゾート「バリアフリー」

提供元:mamaPRESS -ママプレス-

mamaPRESS -ママプレス-

「ママになっても楽しみたい!輝きたい!」という方たちのためのWEBサイト、それがmamaPRESSです。