働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

1872

育児に疲れたママにおすすめするリフレッシュ方法

育児は出産したその日から休むことなくスタートします。どんなに疲れていても、体調が悪くても育児に休みはありません。深夜の授乳に早朝からテンションが高く早起きな子供で常に寝不足は当たり前。抱っこに授乳で肩こりに腰痛も慢性化。これが365日24時間休みはずっとありません。
可愛い自分の子供のお世話は楽しい反面いつの間にか体は悲鳴をあげている。そんなことありませんか?
そこで育児の合間にできる疲れたママにおすすめするリフレッシュ方法をご紹介します。

託児所や区の一時預かりサービスを利用して母子分離!自分だけの時間を作ろう

very160607_img01

子供の育児は意外と体力が必要です。

24時間毎日子供の育児をしていると疲れないわけがありません。

深夜の授乳があれば長時間の睡眠はとれません。なぜか子供は早起きで朝からテンションが高いので必然的にママも早起きになります。

子供をお散歩に連れていくために歩く機会が増えます。子供がお昼寝をしている間は家事をしたり離乳食のストックを作ったりやらなければいけないことが常にあります。

ママがゆっくり休んでお昼寝してそんな時間はほとんどないのです。

自分でも気付かないうちに、けっこう疲れがたまっているのです。

そこで託児所や地域の運営している一時預かりサービスを利用してみましょう。

はじめは、泣かないかな?淋しくないかな?などなど子供を預けるがとても不安です。

しかし子供はママとお別れするときは泣いている子供でも、迎えに行くと託児所で保育士さんや一緒に託児されている子供たちに遊んでもらって楽しく過ごしている姿を見ることができるでしょう。

また他のお友達と接することで良い刺激を受けます。

ママは子供と数時間離れて久しぶりに1人の時間を満喫してみてください。

子供を産む前は1人で行動することが当たり前だったことも、子供が生まれてからはどこに行くにも常に一緒です。久しぶりに1人になると新鮮な気分になります。

電車に乗るだけでも、いつもエレベーターを探して遠回りして時間がかかる移動も、1人だとすいすい。

また1人の時間に、日頃の凝り固まった体をほぐしにマッサージや自分磨きのためにエステにいってもいいですよね。

いつもは子供と一緒の時間もたまにはママだけの時間を作ることで、リフレッシュができ、疲れを取ることができます。

また子供と数時間離れることで、子供もママもより一層お互いを愛おしく思えるはずです。

子供とママにとってこんなに良い相乗効果はないですよね。

たまには1人の時間を作ってみてリフレッシュしてみてはいかがですか。

「ヨガ」をして心も体も疲れを取り除きリフレッシュ

very160607_img03

授乳や抱っこに大きなマザーズバッグを持ち歩いていると、猫背の体制が多くなり肩回りや背中や腰がとてもこっていませんか?

慢性化している肩こりに腰痛を少しでも和らげて疲れを取りましょう。

そこでおすすめなのが「ヨガ」です。

運動がしたくても子供がいるとなかなか行けないですよね。

そこで子連れで行けるヨガ教室はけっこう多いので行きやすい場所で探してみると良いでしょう。

「ヨガ」の効果は本当にたくさんあります。

いつも猫背の体制が多いママは特に肩回りのポーズを行い、血液の循環を良くすれば肩こり解消になります。

ホルモンバランスを整える効果もあるので、産後にホルモンバランスが乱れてしまったりイライラしやすくなったりするのを緩和してくれます。

「ヨガ」の呼吸法や瞑想を組み合わせることで心も体もリラックスし穏やかに過ごすことができます。

また「子連れヨガ」では子供向けにベビーマッサージを取り入れている教室もあるので、ベビーマッサージを子供に施してあげればママは「ヨガ」をしてスッキリ!

子供もベビーマッサージで気持ちよくなって親子でリフレッシュできます。

「ヨガ」は心も体もリフレッシュすることができ効果抜群です。

簡単なポーズなら自宅でも場所を取らずできるので、ヨガポーズをマスターしたいです。

「ビュッフェ」に行ってたくさん食べて、たくさんおしゃべりをして、ストレス発散!

19optmenuphotol01

多くのママ達からこんな声が聞こえてきます。

「子供は本当に可愛いけれど、ずっと家で2人きりだとお互いに煮詰まっちゃう…」

「大人と会話しない日があったりすると、世の中から取り残された気分になる…」

いくら可愛い我が子でもずっと2人きりで誰とも接しないで会話しないでいる環境にいると、気持ちが下向きになりがちです。

そこで、育児に疲れたママは誰かとおしゃべりをすることがとても大切です。

同じ悩みを共有できるママ友との会話や、昔からの友達と育児抜きの会話をするだけでもリフレッシュできます。

そして、やはり美味しい食事を食べているときはみんな幸せな気持ちになりますよね。

育児は体力も必要です。そこでおすすめは「ビュッフェ」です。

好きなものを好きなだけたべることができる「ビュッフェ」でストレスを発散しましょう。

また「ビュッフェ」の良いところは、子供でも食べることができる料理が必ずあるので、子連れでもキッズメニューや離乳食の心配が不要です。

ストレスや悩みを溜め込まないで「ビュッフェ」を食べながら楽しい会話にお料理を楽しめば、きっとリフレッシュできるでしょう。

まとめ

いかかがでしたか?
休みなしで育児をしているママに上手にリフレッシュをして疲れを少しでも癒してもらいたいです。
疲れをためないで上手にリフレッシュして日々のストレスを発散しましょう。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事