働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

11072

【働くママ】主婦から読者モデルを経て、インスタグラマーとして活躍する渡辺静香さん

一口に「働くママ」といっても、働き方や職種、家族構成などは人それぞれ。
どんな背景があってどんな仕事をしているの?タイムスケジュールは?子供や家族との時間は?ライフスタイルは?

ママプラ編集長の熊本薫が気になる働くママたちの仕事を紹介します。
今回はインスタグラマーとして活躍している、渡辺静香さんをご紹介します。

普通の主婦から読者モデルを経て、インスタグラマーへ

11909117_528675760616769_1887888108_n

肩書きインスタグラマー。

ここ最近、インスタグラマーというキーワードはwebだけでなく、雑誌でもよく目にします。
誰でもスマホで簡単に投稿できる写真共有サービス『Instagram』。写真の見栄えをおしゃれにするフィルタとハッシュダグ#をつければ誰でも探したいものを見つけることができます。
Instagramの中でユーザーから特に注目を集め、ファンが多い人が通称”インスタグラマー”。

渡辺静香さんはそんなインスタグラマーの中でもひと際注目されている28歳。2歳と5歳の女の子のママです。

産後は家事と育児に大忙しで、美容やファッションなどの余裕などありませんでした。そんな中、唯一続けていたのがブログ。
長女の成長の記録、興味のあったファッションや美容のことを綴っていました。

そんな時、サイバーエージェントがママブロガーを対象に『美ママAward』を開催。渡辺さんはこの『美ママAWARD』に応募します。そしてファイナリストとなり、見事に雑誌saita賞を受賞します。
ここから読者モデルとしての階段を一気に駆け上がることに。saita専属読者モデルとして、表紙も飾りました。

shizuka3

その後、フリーになり、現在はあらゆるママ雑誌の読者モデルとして活動しています。Instagramに自分の興味のあることをポストしていたら、たちまちフォロワーが増え、インスタグラマーとしてお仕事を受けるようになりました。
現在毎日平均50人のペースでフォロワーが増えているそうです。

インスタグラマーとしての仕事の時は、時間で子供の預け先を決めています

13743299_518018498382959_1998157219_n

インスタグラマーとして、イベントに行ってその模様をInstagramにポストすることが多い渡辺さん。

長女ちゃんは幼稚園が9時30分から15時(12時の日もあり)なので、その間にイベントや撮影に行きます。2歳の次女ちゃんも一緒に行くことが多いそうですが、1~2時間程度なら託児所にお願いするんだとか。
夜にイベントが行われるときは、自分のおばあちゃんにお願いして子供たちをみてもらうんだそう。

「おばあちゃんは孫が大好き!喜んで自宅まで来てくれるので本当に助かります。」

時間によって、子連れなのか、託児所なのか、おばあちゃんなのか決めているそうです。
区の制度を含め、周りの協力を得た上で無理ない程度に仕事をするスタイルが渡辺さん流でした。

気になるインスタグラマーにどうやってなったのか、といういこと。聞いてみると、意識は全然していないんだけど…笑顔で教えてくれました。

・洋服の#タグは詳しくタグづけをする。
・インスタグラマーの友達と撮った写真をポストした場合、写っている友達にもタグをつける。
・光を多く取り入れた綺麗な写真をポストする。

人気のタグだと#ママコーデや#プチプラ。
洋服のコーディネートを載せる時は、品番まで書くと、その洋服のコーデを探している人の目に留まります。
外で撮ったりスタジオで撮った写真はいいね!の数が多くなる傾向があるそうです。

shizuka watanabeさん  shizuka.watanabe  • Instagram写真と動画

元々、洋服のコーディネートは記録的に載せていたそう。
洋服の組み合わせが簡単に出来たり、買うときの参考にもなったり、新しい洋服を買うときの参考にもしているようです。

これなら無駄な買い物をしなくて済みそうですね。

子供たちと”食”を通してコミュニケーションをします

12145558_558892414260801_1650139056_n

「趣味は子供たちとお菓子作りです!」

その言葉通り、趣味が高じて、2014年にアイシングクッキーサロネーゼ協会の講師資格を取得します。
元々クッキーが作りが好きで子供たちと独学でアイシングクッキーを自宅で作っていましたが、お誕生日やイベントでもっと繊細なクッキーを作りたい!という気持ちから資格を取ることに決めました。

レッスンはいつも大盛況!子供たちにも喜ばれるそうです。

shizuka5
shizuka6

ブログを見ていると、渡辺さんは普段から子供たちと一緒に料理することがとても多いです。

「子供の好き嫌いが多くて、それを克服するために始めました。自分で作れば嫌いな野菜でも食べてくれるかな?って。
 だからお料理には、子供の苦手なお野菜を1つ入れるようにしています。混ぜる、捏ねる、入れる、包むなど簡単なことを2人の年齢に合わせて選んでお手伝いしてくれています。」

この日は大好きな「春巻き」。チーズ、コーン、ハムを春巻きの皮で包むのを長女ちゃんがお手伝いをしていました。

shizuka11

他にもお弁当用の肉巻を一緒に作ったり。巻くものはにんじん、インゲン、ごぼうの3種。いんげんとごぼうは長女ちゃんが苦手な野菜ですが、肉巻にすると食べてくれるそうです。

shizuka9

「私の狙い通り、嫌いなものも前より食べてくれるようになったし、作りながらお野菜の名前を覚えてくれて…。
 一緒にご飯を作る時間は娘とコミュニケーションを取る貴重な時間になっているんだよね。」

忙しくても出来るだけ子供たちとの時間を作るということを、日々意識づけをしている渡辺さん。
料理をしながら、掃除をしながら、上手に”ながら時間”を使って子供たちと一緒にコミュニケーションを取っていました。

そんな渡辺さんが子供たちに伝えたいこと。

12142494_507300676112990_2043779951_n

「愛嬌たっぷりの女の子に育ってもらいたい。
 そしてどんな人にも自分から話しかけられて、コミュニケーションが取れる子に育ってほしい。

 その為にはまずは親が見本にならないとって思っているから、マンションのコンシェルジュの方やご近所さんに会った時は必ず挨拶をしています。

 今では次女が「こんちゃー」って走って自分から周りの人に挨拶をしてくれるようになりました。(笑)」

子供たちにママの想いがちゃんと伝わっているようです。

まとめ

会うときはいつも、ニコニコ可愛い笑顔で話かけてくれる渡辺さん。2人の子供を育てながら、旦那さんのサポートをしっかりこなす姿は、まさに良妻賢母そのもの。

忙しい中、息抜きのひとつとしてライフスタイルの一部を切り取ってInstagramにポストすると、その写真に共感したママたちが集まり、”インスタグラマー”と呼ばれるようになっていました。
今後も渡辺さんがいいなと思うものや、子供たちのこと、洋服のコーディネート、そして美容系をInstagramにポストしていくということです。

Instagramをやっているママは是非フォローしてみてくださいね。
@shizuka.watanabe

RELATED POST

あなたにおすすめの記事