働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 400

これって五月病?なんだかやる気が出ない時の5つの対処法

やる気が出ない。何をするのもめんどくさい。集中できない。仕事にも行きたくないと無気力になり、「これって五月病?」と思う時がありますよね。
「私のやる気スイッチはどこ?誰か押して〜!」と思ってみたり。
そんな時にぜひおすすめしたい、5つの対処法をご紹介します。

①ゲーム化する

やる気がない、でもやらなきゃいけない仕事は山積みで…。そんな時は、仕事をゲーム化することをおすすめします。

例えば、1時間で資料作成すると決めてタイマーをセットし、目標をクリアすることだけに集中する。出来なければ本気で悔しがり、出来たら「やったー!」と本気で喜んでみてください。(あまり会社でガッツポーズをしたり、あぁ出来なかった…とうなだれたりしたら不審に思われるので、会社員の方は心の中で表現してみてくださいね)

そして、終わったらすぐに次のゲームの目標を作ってみてください。ゲームをクリアすることに没頭しているうちにやる気が溢れてきて、仕事もスピーディーに終わらせられますよ。

②軽い運動をする

運動をすると、やる気を生み出す素となるセロトニンという脳内物質が分泌されます。。また、運動は、気持ちを明るくポジティブにしてくれるという効果もあります。
忙しくてジムに行く時間がないという方は、ランチを簡単に済ませて、オフィスの周りを早歩きで散歩するだけでも効果がありますよ。

③質の良い睡眠をとる

睡眠は、疲労回復には欠かせないものです。
睡眠の質が低下すれば、疲れが持ち越されることに。ホルモンバランスが乱れるため、メンタルが不安定になり、肌荒れにもつながります。
質のいい睡眠のために、就寝前のPCやスマホはやめましょう。
「1件のメールチェックは、エスプレッソ2杯分を飲むのと同じくらい脳を覚醒させる」という、睡眠専門医の意見もあるようです。
寝る2時間前以降は、PCやスマホを使わないようにします。ゆっくりとぬるめのお風呂に入ってリラックスし、質の良い睡眠を心がけてください。

④朝ごはんをきちんと食べる

東北大学が行なった研究では、「毎日朝ごはんを食べる人の方が、仕事や勉強・家事を行う一般的な生活時間帯にやる気が発揮できており、仕事の充実や勉強・家事の効率化が効果的に実現できていると推測される」という結果がでています。
また、毎朝必ず朝食をとっている子どもの方が、そうでない子どもよりペーパーテストの得点が20点以上高いというのデータもあります。朝食を抜きがちだという方も、きちんと朝ごはんを食べるようにしてみてください。満腹になると眠くなるので、腹八分目を目安にバランスの良い食事を心がけましょう。

⑤アロマの効果を活用する

アロマには、やる気を引き出してくれる香りがあります。
ベルガモット、グレープフルーツ、レモンなど柑橘系の香りは、気力を回復させ、活動時に優位になる交感神経を活性化する作用があると言われています。
オフィスなどでディヒューザーが使用できないという方は、ハンカチに1〜2滴垂らして香りをかいだり、マグカップにお湯を注いで数滴垂らして湯気の香りをかぐのもおすすめで

まとめ

やらなきゃいけないことは山積みなのに、やる気が出ないこともありますよね。そんな時はぜひ、今回ご紹介した5つの対処法を試してみてください。
皆様のご参考になれば嬉しいです。

近藤 さやか

メイクアップアーティスト。アジアで2万人以上の女性を綺麗にし、メディアやイベント、CMなど多数出演経験をもつ。また2000冊以上の本やセミナーから脳科学・心理学、行動心理学などを学び女性を内面、外見共に輝かせるトータルビューティクリエイターとして多方面で活動中。https://ameblo.jp/sayaka-beautyblog