働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 0

涙活してますか?涙を流すとストレスが減る訳

「涙活」という言葉を聞いたことはありますか?
涙活とは、意識的に泣くことで、ストレス解消を図る活動のことです。
大人になると、なかなか涙を流すことができなくなります。特にママになると、子供の前では強くならなきゃいけないし、涙を流すのには抵抗もあるでしょう。
でもママも人間。日頃のストレスは、たくさんあると思うんです。子供が寝た後の涙活で、ストレス解消をしてみてはいかがでしょうか?

涙活とは?

出典:http://weheartit.com

涙活(るいかつ)とは泣くことでストレス解消をしようというもの。
涙を流すことでリラックスや安静を促す副交感神経が優位になり、ストレスが軽減されたり心のバランスがとれるようになるとされています。
涙をたくさん流すほどストレスは解消され、心の混乱や怒り、敵意が静まります。
現代人はなかなか涙を流すことができない人が多く、涙活のイベントも開催されています。

関連記事

涙活の環境作り

出典:http://weheartit.com

涙活をする時に大切にしてほしいのが環境作りです。
特に普段泣けないという人は、まず環境をきちんと整えるようにしてみてください。
時間帯は、夕方から夜がおすすめです。夕方は体が副交感神経優位に切り替わっていくという本来のリズムを活用すれば、朝と比較して涙が出やすくなるでしょう。
お部屋の照明は暗くしてください。 暗くなると、不交感神経が優位になりやすくなります。
できれば子供を寝かしつけてから、自分一人でリラックスできる環境を用意しましょう。

涙を流すために

出典:http://weheartit.com

イメージをして涙を流すというのもよいのですが、こちらはちょっと上級者向けになります。
ママなら、子供に特化した話や動画だと感情移入しやすくなり涙を流しやすいです。
Webのまとめサイトや動画サービスなどで、泣けるストーリーや動画がたくさんまとめてあります。
視覚だけのものよりも、聴覚の刺激もある動画の方がより、涙を流しやすいと思います。
なかなか泣けない人は「まず一滴涙を流せればよし」と考えてスタートしてみてください。

まとめ

いかがでしたか?
大人になると涙を流すことは少なくなりますが、涙を流すと本当にすっきりしますよ。涙活をうまく取り入れてストレス発散をし、いつも笑顔の素敵なママでいてください。
大人だからママだから泣いちゃいけない、なんてルールはありません。たまには思いっきり泣いていい日と決めて、涙活してみてはいかがでしょうか?

近藤 さやか

メイクアップアーティスト。アジアで2万人以上の女性を綺麗にし、メディアやイベント、CMなど多数出演経験をもつ。また2000冊以上の本やセミナーから脳科学・心理学、行動心理学などを学び女性を内面、外見共に輝かせるトータルビューティクリエイターとして多方面で活動中。https://ameblo.jp/sayaka-beautyblog