働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 0

ママハンドメイド作家が教える!キッズ時計トワコロンを子供と一緒に作ろう!

小学校に入学すると学校の時計はアナログ時計を読むことになります。もちろん授業のチャイムはあるものの、遠足や校外学習など時計を読むことは必須になります。できれば入学前にアナログ時計に親しんでいると、1年生になっても安心ですよね。そのアナログの腕時計を自分で作ったら、より愛着が湧き覚えも早くなるかと期待して今回は未就学児でも作れる「トワコロン」を使った腕時計の作り方を紹介します。

トワコロン製作キット材料

株式会社サンヒットから販売されている「トワコロン」。
トワコロンとは、
∞(永遠)+Co+:(コロン)でトワコロン。
Coloful.Collection.Communicationをテーマに、オリジナルのアクセサリーが作れるビーズコレクションです。1パックにコーディネートされたビーズとゴムが入っているので、すぐにブレスレット時計が作れます。
1パック1000円前後でセット材料の購入が出来ます。
また、自分の好みの材料を選んで作る腕時計のワークショップは、全国各地の手芸専門店などでも行われています。
セットの中には作り方説明書もあるので、ご自宅でも簡単に作ることができます。

今回のセット内容は
・時計
・∞ビーズ15個
・ゴム1本
・スタービーズ2個
・パールビーズ4個

トワコロン腕時計の作り方

基本はゴムにビーズを通していく作業になります。ビーズ穴も大きめなので子供でも簡単に作成することができます。

作り方
・∞ビーズの色並べをデザインします
・腕時計を装着する手首の長さとビーズの数を合わせます
 今回は10個の∞ビーズを使いました
・時計の穴にゴムを通します(ゴムの中心が時計の中心にくるように)
・スタービーズを通します
・パールビーズを両サイドに通します
・∞ビーズをデザインした順にゴムに通します
 ∞ビーズの4つ穴すべてにゴムを通していきます

・一周∞ビーズを通し終えたら、最後にパールビーズ・スタービーズを通しゴムを玉止めして完成です
・ゴムの玉止め部分がほどけないように、ボンドで玉止め部分を固めておくと安心です

まとめ

トワコロン キッズ時計はいかがでしたか。
トワコロンはたくさんのカラーがあり男の子でも楽しむことができます。お友達や兄妹で作ってみるのもおすすめです。
ゴムが切れても、作り直しができたりビーズのカラーを変えると雰囲気も変わり長く使うことができます。装着がゴムなので子供でも簡単にブレスレット感覚で腕にはめられるところはママの助かりポイントですよね!
ぜひ、この機会にトワコロンでキッズ腕時計製作を楽しんでみてはいかがでしょうか。

ayako nakatani

ハンドメイド作家。7歳男の子、4歳女の子のママ。ハンドメイドの作品はインスタグラムからご覧いただけます。 https://www.instagram.com/somecozy