働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 5600

産後のご飯レシピ。ご飯が食べられない、作れないときに簡単にできるご飯支度

産後のママは、育児や家事の忙しさや疲れのために、ご飯が思うように食べられない、作れないと悩むことや、ご飯の簡単なレシピを知りたいと思うこともあるかもしれません。今回の記事では、ご飯支度をする際のポイントや産後でも作れるご飯レシピをママたちの体験談を交えてご紹介します。

産後ママのご飯事情

産後のママたちはさまざまな理由から、ご飯を作れないことや食べられないことがあるようです。どのような状況なのかママたちに聞いてみました。

ご飯が作れない

「ご飯支度中に子どもが泣くと、あやしてあげたりすることに時間を取られてご飯が作れないことがありました。そのようなときには簡単な惣菜やレトルトで済ませることが多くなり、このままでよいのか不安になりました」(20代ママ) 「子どもが小さいうちは、昼寝の時間や機嫌の悪い時間が多くてなかなか買い物へ行けず、夫と私のご飯を作るときに、栄養バランスのよいご飯を支度できなくて困ってしまいました」(30代ママ) 産後は、子どもにあわせた生活に変わり、栄養バランスなどを考えたご飯を作ることができないことに、不安になったり、困ったりしたというママの声がありました。

ご飯が食べられない

 iStock.com/paylessimages  「産後、育児疲れのためなのか、食欲が落ちてご飯を食べられないことがあり、どうすれば食べられるようになるのか悩みました」(30代ママ) 「私がご飯を食べようとすると子どもが泣いてしまい、ご飯を食べたい時間になかなか食べられず、どうにか食べられる方法がないか考えました」(20代ママ) 産後に食欲が落ちてしまってご飯を食べられなくなったり、ご飯を食べたいときに食べられないといった悩みもあるようで、解決策を考えたり悩んだというママの声がありました。 産後は、ママたちの生活の中に慣れない育児が加わることから、思うようにご飯を作れないことや食べられないことがあるようです。産後の食事を考えたとき、簡単にご飯の支度をするためのポイントや手軽に作れる栄養バランスのよいレシピを知りたいと考えるママもいるかもしれません。

産後のご飯の支度を簡単にするポイント

産後はこれまでの家事に加えて育児に時間を取られることから、料理の時短を考えるとよいかもしれません。ご飯の支度を簡単にするためのポイントをママたちに聞いてみました。

冷凍を活用する

「肉は週末にまとめ買いし、味付けしたものを冷凍しておきます。食べるときには解凍して焼くだけなので、平日の育児で忙しいときには助かっています」(30代ママ) 「おにぎりは、作れるときにまとめて作っておき一つ一つラップで包み冷凍しておきます。常備しておけば、小腹が空いたときや、赤ちゃんがグズっているときでも、手軽に食べられるので便利です」(30代ママ) 冷凍を活用し、すぐに食べられる準備をしているママもいるようです。ママの中には、夫が休みのときに、まとめておかずを作り冷凍しておくことで、ご飯を支度する時間を短縮しているという声もありました。

すぐに食べられる食材を常備しておく

 iStock.com/kuppa_rock  「魚の缶詰や納豆、冷奴など、お皿に出すだけですぐに食べられる食材を常備するようにしています。調理する必要がないので、何か一品足したいときなどに助かります」(30代ママ) 献立の栄養バランスが偏っていると感じたり、おかずをもう一品足したいと考えた場合に備えて、すぐに出せる食材を常備しておくのもよいかもしれません。魚の水煮缶は、味噌汁やパスタの具材として使うことができ、食事作りの時短になるといったママの声もありました。

リメイクする

「カレーなどは多めに作っておき、次の日は、カレードリアやカレーうどんにするなど、同じメニューに飽きないよう、いろいろリメイクして食べるようにしています。リメイクなら、料理に時間がかからないので産後の身体にも負担になりにくいと感じています」(20代ママ) 料理を作るときには多めに作っておき、リメイク料理をすることもご飯の支度を簡単にするためのポイントかもしれません。ママの中には、肉じゃがはご飯にかけて丼として食べたり、チーズをのせてこんがり焼くと肉じゃがグラタンとしておいしく食べられるという声もありました。いろいろ工夫してみるとよいかもしれません。

産後のおすすめレシピ

産後のママが作りやすく食べやすいご飯のレシピにはどのようなものがあるのでしょうか。実際に、産後のママたちが作っていた簡単に作れる料理レシピを聞いてみました。

炊き込みごはん

「さつまいもは食べやすい大きさに切って水にさらしておきます。といだ米に酒、醤油、みりん、塩を加え分量通りの目盛りまで水を入れます。さつまいもと石づきを落としたきのこなどの具材を加えて炊飯します。炊きあがったら軽く混ぜあわせて完成です」(20代ママ) 炊き込みごはんは簡単に作れて、栄養バランスのよいレシピの一つかもしれません。にんじんやごぼうなど好みの野菜を使ってもおいしく作ることができるようです。まとめて炊いておき、一食分ずつ冷凍しておくと手軽に食べられそうです。

具だくさんスープ

「にんじんや大根、白菜などの野菜は食べやすい大きさに切っておきます。鍋にだし汁を入れて、切った野菜を全て鍋に入れて野菜が柔らかくなるまで煮込みます。醤油やみりんなど好みの味付けに調味したら完成です」(30代ママ) 好みの野菜を使った具だくさんのスープのレシピもおすすめかもしれません。和風のスープだけでなく、洋風や中華スープなどにアレンジするのもよさそうです。野菜の他に、卵や肉類を入れれば栄養満点にできそうです。

産後のご飯支度は無理せず乗り切ろう

 iStock.com/KEN226  産後のママは、子どもにあわせた生活になることや育児疲れなどが原因で、ご飯を作れないことや食べられないことがあるようです。ご飯の支度をするときには、冷凍を活用したり、リメイク料理を作ってみたりするなどいろいろ工夫するとよいかもしれません。簡単に作れるご飯レシピを調べてみるなどして、無理なくご飯の支度ができるとよいですね。

提供元:KIDSNA[キズナ]

KIDSNA[キズナ]

KIDSNA(キズナ)は、子供とのおでかけ、教育、遊びなどの子育て情報を配信するお役立ち情報メディアです。人気作家による子育てエッセイ漫画や、有名人へのインタビューなどのオリジナル記事が満載!子育てをもっと楽しみたいママやパパを応援します。