働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 0

アロマでリラックス効果!アロマオイルの種類と効果を解説

なかなか自分の思うように進まない子育て。子供の成長に喜びを感じる一方で、何度も壁にぶつかったり、時には人知れず涙がこみ上げたりすることもありますよね。イライラや不安、寝不足などでストレスもたまりがち。さらに自分の時間も持てなくなるので、そのストレスを解消する機会もなかなかありません。「みんなが経験していることなのだから」と誰にも言えず、ひとりで我慢していませんか?ストレスが溜まると、それが大きな体調不良に繋がる可能性もあるので注意が必要です。
そんな子育て中の忙しい人にオススメなのがアロマテラピー。様々な植物から抽出した精油を使い、その香りなどで心身の健康を維持していく方法です。香りはラベンダーやオレンジスイート、レモングラスやペパーミントなど種類も豊富。いくつかの種類を組み合わせて、自分好みにブレンドすることも可能です。
アロマは「リラックスしたい時」「ぐっすり眠りたい時」「気分転換したい時」などにオススメ。子育て中によく感じるイライラや不安、緊張といったストレスも軽減します。さらに自律神経をコントロール、鎮痛・鎮静作用、殺菌・抗菌効果、整腸作用や肌トラブルの緩和など健康面・美容面においてもメリットがあり、虫除け効果なども発揮します。手軽に楽しみながら心身の健康をサポートするアロマ。たくさんある種類の中からよく使用されている代表的な精油と、その効果についてご紹介しましょう。

アロマの効果について

なかなか自分の思うように進まない子育て。子供の成長に喜びを感じる一方で、何度も壁にぶつかったり、時には人知れず涙がこみ上げたりすることもありますよね。イライラや不安、寝不足などでストレスもたまりがち。さらに自分の時間も持てなくなるので、そのストレスを解消する機会もなかなかありません。「みんなが経験していることなのだから」と誰にも言えず、ひとりで我慢していませんか?ストレスが溜まると、それが大きな体調不良に繋がる可能性もあるので注意が必要です。
そんな子育て中の忙しい人にオススメなのがアロマテラピー。様々な植物から抽出した精油を使い、その香りなどで心身の健康を維持していく方法です。香りはラベンダーやオレンジスイート、レモングラスやペパーミントなど種類も豊富。いくつかの種類を組み合わせて、自分好みにブレンドすることも可能です。
アロマは「リラックスしたい時」「ぐっすり眠りたい時」「気分転換したい時」などにオススメ。子育て中によく感じるイライラや不安、緊張といったストレスも軽減します。さらに自律神経をコントロール、鎮痛・鎮静作用、殺菌・抗菌効果、整腸作用や肌トラブルの緩和など健康面・美容面においてもメリットがあり、虫除け効果なども発揮します。手軽に楽しみながら心身の健康をサポートするアロマ。たくさんある種類の中からよく使用されている代表的な精油と、その効果についてご紹介しましょう。

リラックスしたい時はラベンダーの香りがおすすめ

自律神経のバランスを整える働きや安眠効果を得られることで知られているのがラベンダー。イライラや不安、落ち込み、緊張といったストレスを軽減するため、子育て中の人や仕事で忙しい毎日を送る人にもオススメです。できることならマッサージやエステなどでリラックスすることが一番なのかも知れませんが、子育て中はなかなかそんな余裕がありません。だからこそ手軽に効果を実感できるアロマが注目されているのです。
リビングはもちろんですが、寝室や浴室などでの使用もリラックス効果がより一層高まります。また鎮痛効果もあるので、子育て中に起こりやすい肩こりや筋肉痛、頭痛、また女性にとって辛い生理痛も緩和する作用があります。

ラベンダーは意外にもシソ科の植物。ハーブの一種になりますが、ハーブというよりはフローラルな香りで、洗剤や芳香剤などにも良く使われています。誰もが知っている非常にポピュラーなニオイと言っていいでしょう。このほかにも抗菌作用や鎮痛・鎮静作用、抗炎症作用、防虫効果などがあり、非常に幅広い効能を持つ植物として知られています。

ストレスを解消したい時はオレンジスイートがおすすめ

アロマの中でも老若男女問わず幅広い世代から支持されるのがオレンジスイート。オレンジの果皮から採取される甘酸っぱい香りが特徴です。まさに爽やかな柑橘系の香りの代表格と言っていいでしょう。アロマ初心者向けとしても人気ですが、比較的穏やかな作用であることから安心して子供にも使えるというメリットがあります。
メンタル面へのリラックス効果が高いことから、ストレスを軽減。なかなか思うようにいかない子育て中のイライラや不安、緊張などを和らげてくれるので、少しずつ明るくポジティブな気分へと導いてくれます。
また整腸作用や美肌効果もあるので、下痢や便秘といったお腹の不調や胃もたれ、食欲不振、そして肌トラブルに悩める人にもオススメです。

疲れた心に元気が欲しい時はレモングラスがおすすめ

アジア料理の香り付けなどにも用いられるレモングラス。スッキリとした爽やかな香りは、ネガティブになりがちな気分をポジティブな方向へシフトチェンジしてくれます。
子育て中はどうしてもイライラや不安といったストレスが溜まりやすく、気分もどんよりと滅入ることが多くなるものですが、レモングラスはそんな思いも前向きに変える効果があるのです。
また抗菌・殺菌作用、虫除け、さらに胃の働きを助ける消化促進などといった効果もあります。
アロマテラピーでは良く用いられるレモングラスですが、精油の中では刺激が強いタイプ。直接肌に付けたりバスタブに入れたりするのは避けた方がいいでしょう。

子供もアロマオイルの香りで癒される!

アロマの香りで癒されるのは大人だけではありません。熱中症になる人が相次ぐような猛暑日の続く夏。気温の低下や乾燥で感染症が流行しやすい冬。大人だけでなく、小さな子供にとっても体調管理は非常に難しく、それでいてとても重要なことと言えます。もちろん体調が悪い場合は病院で診てもらうことが必要ですが、できれば病気にならないようにしたいものですよね。そのためには新陳代謝を促す入浴や、安定した睡眠などで疲れをためないようにすることが必要不可欠です。

子供の入浴や睡眠をより効果的にするためにもアロマはオススメ。アロマの香りには心身をリラックスさせる効果があるので、入浴での血行促進やスムーズな入眠にも繋がります。これらは自律神経のバランスを整えるための重要な役割を担っているので、体調管理のサポートアイテムとしてもアロマを使用している人も少なくありません。季節や気分などに合わせて、いろいろな香りを子供と一緒に楽しんでみるのもいいでしょう。

まとめ

アロマはティッシュやハンカチ等に1~2滴染み込ませて器の中に置いたり、お湯を入れたカップに数滴入れて香りを手軽に楽しんだりといった方法があります。アロマポットやアロマディフューザーを使うよりも、まずは自宅にあるものを利用してアロマにチャレンジしてみるといいでしょう。
初めてアロマを用いる場合は、少量からスタートすることが大事なポイント。いい香りだと思って購入しても、実際に自宅で長時間使ってみると自分はもちろん、家族にとっても気になるニオイになってしまうケースも少なくありません。まずは通常の量より少なめでスタートし、時間をかけて少しずつ増やしていくようにしましょう。

子育て中に感じやすいイライラや不安などのストレスを軽減してくれるアロマ。忙しい毎日の中で手軽に行えるリラックス方法としても注目されています。心身共に健康で充実した子育てができるようなサポートアイテムとして利用してみてはいかがでしょうか。

ママプラ編集部

ママプラ編集部は全員ママとパパ。子供たちと過ごす日常をより面白くしたいと日々考えています。