働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 6400

仲良しでもツラい!?“運動会に義両親が来ること”に対するママたちの本音

子どもの成長が見られる運動会は、ママにとっても、子どもにとっても楽しみなイベントですよね。孫の成長を楽しみにしている義両親にも見せてあげたいものですが、義両親を呼ぶのが苦痛だというママもいるようです。 今回は、そんなママたちの悲痛な声をまとめてご紹介します。

仲良しでもちょっとツラい…ママたちの悲痛な叫び

仲良しでもついつい…【悲報】

できれば親子水入らずで…と思っているところに義母から「行きたい」と連絡があったのでしょうか。悲報という2文字にショックな気持ちが溢れていますね。 義母とは仲が悪いわけではないのは、「お互い適度な距離を保っているから」とのこと。運動会当日はお弁当の準備や撮影などでママたちが忙しくなる日。義母に対する気遣いも上乗せされるとなると、結果【悲報】になってしまったのかもしれません。

悩みの種はやっぱり“お弁当”

運動会に義両親を呼ぶのが嫌な理由の1つにお弁当があります。 どちらの両親も来るとなると、大人だけで6人! その量を1人で作るだけでも大変なのに、好き嫌いや食べやすさなども考慮しなくてはならず、お弁当のことだけでかなり憂うつになってしまいそうです。

お弁当に文句を言うのはやめて!

こちらもお弁当に関するお悩み。せっかく早起きして義両親の分まで作ったのに、それに対して文句をつけられたら…やはり「運動会大っ嫌い」という気持ちにもなりますよね。

仲が悪いとただただツラい現場

義母と旦那さんの仲が悪いとなると、間に入らなくてはいけないママはツラいですよね。 せっかくの運動会も嫌な空気になりそうで、ママとしては憂うつ。たとえ息子と仲が悪くても孫の姿は見たいのでしょうが、楽しいはずの運動会が終始ぎこちなくなりそうで心配ですね…。

“接待”という言葉がぴったり

子どもの応援に専念したくても、近くに義母がいるとどうしても気を遣ってしまいますよね。何か会話をしなくては…、飲み物は大丈夫かしら…などと、気が付けば応援席が接待席と化している家庭も多いはずです。

提供元:mamaPRESS -ママプレス-

mamaPRESS -ママプレス-

「ママになっても楽しみたい!輝きたい!」という方たちのためのWEBサイト、それがmamaPRESSです。