働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 6400

産後の【床上げ】って何?産後の生活の仕方

産後の床上げとは?

「床上げ(とこあげ)」という言葉を聞いたことありますか? 「お産の後、産婦が順調に回復して寝具を片付けること(大辞林より)」で、必ずしも出産だけでなく、大病をして床から起きられるようになったときも一段落したお祝いを込めて使われる言葉です。
つまり床上げまでの期間は疲れを感じたらいつでも横になるなど、こまめな休息が必要というわけです。

では出産後、床上げまでの期間はどのくらいを想定しておけばよいのでしょうか。
この間は、出産で疲労した子宮と体を「取り急ぎ」回復させるための期間です。人それぞれの違いもありますが、一般的には出産からひと月ほどとされています。

しかし、床上げしたからといって体が元通りになったわけではありません。出産後の体が完全に元の状態に戻るまでの期間を「産褥期(さんじょくき)」と呼びますが、これにはだいたい6~8週間かかります。体はまだまだ回復途中であることを認識しましょう。出産とは女性の体にとってそれほど負担の大きい仕事なのです。

ママの身体はどう回復していくの?

産後の体は骨盤が緩んで体のバランスも変わっています。また、ホルモン分泌も変化しており心身共に不安定な状態に陥りやすくなっていることから、「産後うつ」を経験する人も少なくありません。帝王切開した場合は傷のケアなど別の不安も発生します。

そんな中、こまごまとした赤ちゃんの世話はすぐに始まり、ゆっくり眠る暇もないほどの日々がその後数ヶ月続くことになります。一体どうしたら休んでなどいられるのか、という気持ちにもなるのではないでしょうか。

家族が増え、生活リズムは出産を境に大きく変わります。産後1ヶ月は赤ちゃんと自分の世話に集中し、体と環境の変化に慣れる時期と考えましょう。この時期のムリは後々更年期にまで影響を残しかねません。体が動くからといって頑張りすぎないことが大切です。

それでも産後1ヶ月検診の頃には新しい日常にも慣れ、心も体もだいぶ落ち着いてきます。簡単な家事や軽いエクササイズもできるようになっているでしょう。
回復ペースは人それぞれですので、検診のときは「やっていいこと」「まだ我慢すべきこと」など、各自の回復状態に応じたアドバイスを仰ぐと安心です。1ヶ月検診は不安や疑問解消のチャンスでもあります。気になることがあったら普段からメモに残しておくとそんなときに役立ちます。

出産後は子宮内の感染を予防するために湯船に浸かることは避け、シャワーだけで済ませますが、1ヶ月検診で問題がなければ湯船に浸かることもできるようになります。里帰り出産であれば、そろそろ帰宅も視野に入ってくるころです。

日常生活の注意点

昔は、産後ひと月経つまでは水仕事も控えるようにと言われていました。冷たい水に長時間触れれば体は冷えるし、水汲みや湯沸かしなどは重労働だったからです。現代は蛇口をひねればすぐお湯が出てくるので、かつてのような心配は要りません。

しかし、家族分の食器を洗うのは意外と時間がかかる立ち仕事になります。また、重い洗濯ものを運んだり、腰をかがめての風呂掃除なども産褥期の体にとっては結構な負担になります。そう考えると、現代でも水回りの仕事はできるだけ人の助けを借りる方が賢明と言えるでしょう。

周囲への気遣いがある人ほど頑張ってしまいがちですが、ムリをすることでかえって回復が遅くなってしまうようでは本末転倒ですよね。どのママにとっても、この時期は周囲の理解と協力が欠かせません。割り切って周囲の助けを借り、赤ちゃんと自分のケアに集中しましょう。必要があれば家事支援や宅配サービスなども上手に利用してみましょう。

外出の際の注意点

産後1ヶ月の検診を終えるまでは基本的に外出は控えます。病院など、どうしても外出が必要な場合でも、できればバス・電車などの公共交通機関は避け、車やタクシーを使って短時間で済ませるようにしましょう。人混みも避けるようにします。

満足に外出もできず、赤ちゃんと二人きりで家にこもりがちの日々では不安や孤独感が深まるかもしれませんが、1ヶ月検診で順調と言われたら近所への外出や軽い家事など出来ることも徐々に増えてきます。

産後の床上げ前は無理しない生活を!

前述の通り、産後の体が完全に回復するには6~8週間かかる中でも、最も大事なのが床上げまでの最初のひと月です。体は少しずつラクになっていくといってもまだ回復途中。日夜待ったなしで続く赤ちゃんの世話に追われていては、自分の体のことはつい後回しにしがちです。したいことが思うようにできなくても、今はそういう時期だと気持ちを切り替え、家事が溜まっても目をつぶるというのも大事です。

特に最初の数ヶ月は誰もが睡眠不足を経験します。寝不足・疲れによるイライラを防ぐためにも、赤ちゃんが寝ているときは自分も一緒に寝て睡眠を補うなどの工夫も必要です。

そしてもし、体の不調や気持ちの不安があるときは早めに病院などに相談しましょう。病院以外でも、妊娠・出産・産後に関するいろいろなサポート/サービスを提供している自治体は結構あるものです。自分の住んでいる地域の情報を調べておくと良いでしょう。何かのときはすぐ相談できますね。

まとめ

出産と同時に生活ペースはすっかり変わります。そんな変化を不安定な体調で乗り切らなければならないため、誰もが多かれ少なかれ心身の負担を感じます。

そんなとき助けを借りたいのが家族ですが、核家族も多く頼りにできる家族が近くにいない人もたくさんいます。一番頼りにしたい夫でさえ、忙しければどこまで当てにできるか分かりません。不安だらけだとしても、産後はどう過ごすべきなのかはしっかり理解しておきましょう。あいにく周囲の助けが十分得られそうもないときは、自分の体をいたわるための知恵と工夫も必要です。

ママプラ編集部

ママプラ編集部は全員ママとパパ。子供たちと過ごす日常をより面白くしたいと日々考えています。