働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

768

ぜひ覚えておいてほしい、幼児の英語教育でママができる4つのこと

今は英語を話せて当たり前!の時代になりつつあり、英会話を習い事にするお子様も多いのでは?アメリカンジャパニーズである私の実体験から、子供が英語を学ぶ上で、ママができる4つのポイントをご紹介します。

子供に英語で質問してみよう!

maam

子供には英語を話す機会をたくさん作ってあげたい。そう思うママは少なくないはず。そんな親心から、「◯◯ちゃん、これは何?××(英単語)だよね?」と語りかけてあげる優しいママは沢山います。

「子供のために」「たくさん英語を話してほしい」。その気持ちはよくわかります。でも、私はその会話、直したくなるのです。

私は幼い時、日常会話で英語と日本語を並行して使っていました。すると、何が英語で何が日本語がよく分からなくなるんです。

例えば、こんなことがありました。

    母「あれは何?バルーンだよね?」

    私の心情→その物体は、「バルーン」という名前なんだと認識する。

    母「日本語では?」

    私「バルーン」

    母「だから日本語でなんて言うのって聞いてるんでしょ!」

    私の心情→その物体はバルーンという名前なんだけど…。

このように、日本語と英語の区別が付かない、または覚えている時期に、日本語を交えた会話で「バルーン」と言われると、単純に物の名前として認識してしまい、英語・日本語の区別ができなくなってしまうのです。むしろ、日本語で質問してるんだから日本語じゃないの?と思うことさえありました。

日本語と英語では声のトーンも、リズムも、間の取り方も変わります。

日本語で質問されると、耳の良い子供は「このトーンは日本語なんだ」と、勘違いすることもあるように思います。

英語を発話させたいのであれば、ママも「What is this?」などの英語を使って聞いてくれた方が分かりやすかったなぁなんて思っていました。ぜひ恥ずかしがらずに、ママも英語で質問してみてくださいね。

バイリンガルではなく、第2言語として英語を使いこなせるような人を目指す

maam1

自分自身の辛かった経験からですが、バイリンガルを目指すよりも、第2言語を自由自在に使いこなせる事を目標にしてほしいなと思います。

両親のどちらかが他言語のネイティブであれば、生活や文化にも根付いていますので日常的に使い、子供にとってもそれが当たり前となるので、言語の習得という点では良いのですが、それでも、私は未だに日本語も英語も中途半端です。

日本に帰国して2年経っているので、日本語の方が話せるとは思いますが、自分の気持ちを表現したい時や意見したい時は、英語の方が楽なのも事実です。

その理由を考えると、家族間で意見を言う時には、日本語はあまり使わなかったということがあるのかなと、思います。結果、今でも、新しい場所や新しい人と接する時に、日本語に自信がないので、慣れるまではとてもシャイになってしまいます。

文化や人との関わり合い方は、話す言語によって違いますよね。日本には、日本の文化に溶け込むためのしきたりがあります。英語ばかりに集中してしまうと、その大切な根の部分を学ぶことも一足遅くなるのです。もちろん、個人的な経験ですし、器用な方は使い分けもできるとは思います。

でも、第1に住んでいる国の言葉を大切にしてほしいなと思います。

英語はあくまでも第2言語。ということを忘れずに、第2言語を使いこなせる日本人を目指してみてはいかがでしょうか。

英語に自信がないママは、子供を先生にしてあげよう

kids-english3

先述したように、子供の耳ってとても良いのです。英語は日本語に比べて、倍以上の音素や高低差があります。ヘルツの差が大きく、子供は大人が聞き取れない音でもしっかりキャッチできているのです。

早期の英語教育が、大切だと言われる理由は、ここにあります。子供のうちから、聞き取れる音の幅を広げてあげることが大切なのです。

もしそんな大切な時期に、大人が聞き取れていない音を、無理矢理自分の作れる音で発音したらどうなるでしょう?

子供の頭の中で「???」がたくさん飛びますね。「ママが言ってることが正しい!」と思う親孝行な子供の場合、どんどん聞き取れる音や、表現できる音の幅が狭くなってしまいます。

自分の英語に自信がないママは、子供を先生にしてあげて、子供が話す言葉を、たくさん聞いてあげてくださいね。

そうすることで、話すことの楽しさや、表現する楽しさを学んでくれるはずです。例え間違っていても、言い直さないでくださいね。学校のテストのように、点数で表せるものならともかく、発音が合っているか、間違っているかなんて、ネイティブにしか分かりません。

子供が伸びるチャンスをしっかり生かす為に、聞きに徹する。もしくは”Good”などの1単語で発言できたことの素晴らしさをほめてあげてくださいね!「English?」などと子供に尋ねて、教えてもらうのもいいかもしれませんね。

ネイティブとの英会話に触れる機会を作ってあげる

kids-english4

英語には、日本語にない音があります。間の取り方や、アクセントや、抑揚も日本語とは違いますよね。ぜひ、生の英語を子供にたくさん聞かせてあげてください。

子供は耳がいいし、吸収力が大人とは断然違います。生の英語に触れた分、しっかり吸収してくれるはずです。

生の英語に触れることで、英語ももちろんですが、文化の違いや人種の違いにも溶け込み、偏見のない子供に育つでしょう(と、願っています!)。

ネイティブと触れ合う機会を作るには、どんな方法があるのでしょうか。

日本には、国際サークルだったり、各国のお祭りがあったりします。ぜひ、足を運んで欲しい!もちろん、ネイティブの先生がいる英会話塾に行くのも、1つの手ではありますよね。

そして、日常的に無理なく触れるという意味では、英語の歌を聴くのもいいですし、アニメーションや映画を観るのも良い方法です。

全部理解したかどうか、子供が小さいうちはそれは問題ではないと、私は思います。ネイティブが話す英語を聞くのは、耳を育てるためなのですから。

加えて、生の英語に触れるというのは、英語が流暢に話せるようになること以外にも、大切な学びがあります。それは、「英語に耳を傾ける=自国の文化以外に触れる」ということ。

私のような中途半端なアメリカンジャパニーズにとっては、英語で話しかけてくれることは、嬉しいことです。ですが、それよりも、自分自身を文化も含めて丸ごと受け入れてくれる人、理解してくれる人に出会えると、とても心強いと感じます。

国の壁を超えて、人とつながりあえるって素敵だと思いませんか?自分の子供にも、ぜひそういった人生を歩んでほしいと思うママは多いのではないでしょうか。

日本への外国人観光客も増えるにつれて、英語の需要が高まり、生の英語に触れる機会がどんどん増えています。ぜひ、アンテナを張って、子供の英語を伸ばすチャンスを広げてください。

偏見がない考えや、柔軟な考え方を持った人は、色んな国の人と友達になれます。これは子供にとって、大きな財産となるでしょう。子供に英語を学ばせたいと考えたら、こんなことも覚えておいてほしいなと思います。

まとめ

いかがでしたか?あくまでも、私が過ごしてきた環境の中で思った個人的な意見ではあります。しかし、児童英会話講師をしていると、子供の吸収力や好奇心にビックリすることも多いのです。個々の性格によって、吸収の仕方はありますが、そんな才能をしっかり伸ばしてあげたいですね!

RELATED POST

あなたにおすすめの記事