働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

2608

乳幼児のハロウィンパーティー!飾り付け・フォトスポット・テーブルコーディネートのコツ

日本でも例年加速度的に盛り上がりを見せるハロウィンパーティー。

仮装する人々の様子は見ているだけでも楽しいですよね。

日本のママ達の間でも、数年前からホームパーティーとしてハロウィンパーティーを開催するのがスタンダードになりつつあります。

私自身も娘が2歳になった時から親子カフェを貸し切り飾り付けてハロウィンパーティーを主催したり、ホームパーティーをしたり、ハロウィンイベントに参加したりと毎年楽しんでいます。

今回は、子供と楽しむハロウィンパーティーの飾り付けのコツをご紹介します。

ハロウィンモードのフォトスポットを!

o0480047413107948085

親子カフェを貸し切って飾り付けをしたり、お店の個室を飾り付けたり、自宅を飾り付けたりとハロウィンパーティーの飾り付けをたくさんしてきた私ですが、ハロウィンに限っては控えめよりもたくさんの飾りがあったほうが華やかに、より雰囲気が出るような気がします。

そこで大事なのが空間を上手に利用すること。

壁や天井、窓際などにバランスを考えながら色々なモチーフを飾り、子供達が集合して写真を撮れるフォトスポットを作るように飾り付けをするとバランスが取りやすいです。

o0480047213107953356

例えばこちらの写真は、通常吊るすタイプのレターバナーを壁に直に貼ったものです。

真ん中に娘がプリスクールで作ってきたお化けのモチーフをデコレーションしてキッズパーティーらしさを演出。

白い壁があっという間にハロウィン仕様になりました。

フォトスポットにぴったりの浮くタイプのバルーンと、床にはハロウィンカラーのバルーンを散らせば写真映えするハロウィンパーティーの飾り付けの完成です。

テーブルコーディネートをハロウィン仕様に

o0480048013081736999

お料理をハロウィン仕様にするのは手間がかかるものですよね。

そんな時はテーブルコーディネートをハロウィンっぽくするだけで、普通のピザやカップケーキが途端にインスタに投稿したくなるようなハロウィンパーティー料理に大変身します。

おすすめなのがハロウィンモチーフのピック。

写真のように野菜スティックやカプレーゼ、ミニハンバーグなど何に刺してもOKなので楽チンです。

o0480048013081737013

次のテクニックは、ペーパープレートやカップなどを上手に使用することです。

今は100円均一、300円均一などでもおしゃれなペーパーアイテムが販売されているので出来るだけセンスのいいものをチョイスしてみてくださいね。

写真のように、グラスを飾るリボンを黒などのハロウィンカラーにするのもおすすめです。

o0480047113108081473

テーブルクロスも黒っぽいものを利用するとハロウィンらしさがアップするので、試してみてはいかがでしょうか?

赤ちゃんには、ハロウィン仕様のお昼寝アートスポットを作るのも◎!

pht_03

親子カフェを貸し切ってパーティーをした時に盛り上がったのが、お子様向けの「ハロウィンお昼寝アートスポット」!

お昼寝アートアドバイザーでもある私が、先輩アドバイザーのデザインにインスピレーションを得て作成したのがこちらのスポットです。

材料はほとんど100円均一のアイテムと娘がプリスクールで作ってきたハロウィンモチーフ、それに自分で画用紙を使って作成したお化けなどのモチーフ。

壁のデコレーション用のバナーなどもうまく利用して、ハロウィンらしいスポットが完成しました。

赤ちゃんが寝たら代わりばんこに撮影したりして、大盛り上がり間違いなしのアイディアです。

案外簡単にできるので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

子供達にどんな仮装をさせるか、ママ達もどう仮装に参加するかを考えるのも楽しいハロウィンパーティー。
飾り付けさえ少し凝ったものを用意すれば、
お料理はテイクアウトでも「素敵なパーティー!」と印象に残りますよ。

ハロウィンパーティーは、飾り付けが実は1番楽しいと思っている私。
色々なお店を回りグッズを探す時間も楽しいものです。

100円均一や300円ショップを上手に利用して、飾り付けを楽しんでみてください!

RELATED POST

あなたにおすすめの記事