働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

296

ママたちが子供に持たせたい保育園バッグいろいろ

お子さんが保育園に通うのが嬉しくなるようなバッグを持たせてあげたいというのはママの思いです。保育園バッグは既製品でかわいいものを選ぶか、それともママの手作りにするかは迷うところでもあるでしょう。実際にママたちが使っている保育園バッグは、デザインや使い勝手などいろいろなところにポイントがあって参考になります。

保育園バッグに入れるものはたくさん

kids bag 1

お子さんが持って行く保育園バッグには、たくさんのものを入れる必要があります。遊んでいたり食事したりするときのために着替えを何着か入れておいたり、食事のときに使うエプロンや、必要があればよだれかけの替えも数枚入れておきたいところです。

おむつが必要な子供ならおむつの替えも必要になりますから、ものがたくさん入るバッグを選ぶのがよいでしょう。普通のトートバッグでもマチがついているものが特におすすめです。大きさの目安としては縦30cm・横40cmくらいが持ちやすく便利です。

保育園によっては大きさや形を指定される場合もありますから、保育園に確認しておきましょう。

機能的で便利な既製品を選ぶ

kids bag 2

保育園バッグを選ぶとき、ママとしては持ちやすさと機能性を合わせ持ったものがポイントとなるでしょう。既製品を買うならさらにリーズナブルでかわいいものといった点も押さえておきたいものです。身近なプチプラショップでも手ごろなトートバッグがたくさん販売されていますから、その中で選ぶとママの財布にも優しくなります。

また持ちやすくて丈夫という点ではアウトドアブランドのリュックを選ぶ人も多いようです。もともとは登山やキャンプなどに使うものですから、機能性も十分。たくさんのものを入れられますし、素材自体も軽くて楽ちんです。色やデザインもカラフルでかわいいものをそろえているブランドもあって、ママだけではなくお子さんにも喜んでもらえるでしょう。
保育園バッグにアウトドアブランドのリュックタイプのものを選べば、遠足のときなどにも使えて便利です。

その他、ママも大好きな女性向けアパレルブランドから子供用バッグを出しているところもあります。これならママが自分の買い物をするついでに保育園バッグも選べて一石二鳥です。保育園バッグとママの普段使いのバッグをおそろいにすればさらに楽しくなります。

ママのオリジナル手作りバッグ

kids bag 3

一方、保育園バッグをオリジナルで手作りするママもたくさんいます。自分なりの機能性やこだわりを自由に詰め込むことができて、世界に1つだけの大切なバッグとなるのです。お子さんに人気のキャラクターをモチーフにした生地を使えばお子さんも楽しくなりますし、手作りでキャラクターの顔を作ってあげても素敵でインパクトもあります。

また、ママやパパがはかなくなったジーンズなどをリメイクして作れば、個性的なだけではなく小さなものが入れられるポケットが作成できて便利です。さらにちょっと気分を変えたいときには、リバーシブルのバッグにすれば昨日とは違った気分で登園できそうです。

兄弟姉妹で一緒に保育園に通っているときには、色違いでおそろいのバッグにしてあげると仲良く登園できて楽しくなるでしょう。その他の持ち物も色違いにしてあげるとさらに喜んでくれそうです。こうした手作りの保育園バッグに工夫を凝らせば、保育園でもひときわ目を引くものになります。このように、手作りならバッグなら使い勝手も考えて自由自在にカスタマイズできるのです。

まとめ

ママが便利に持ててお子さんにも喜んでもらえる保育園バッグは、既製品を選ぶにしても手作りするにしてもママのこだわりを反映したいものです。かわいいものや機能性に優れたもの、そして何よりお子さんの登園が楽しくなるようなバッグを選んでみてください。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事