働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

304

どうして子育てがつらくなる?ストレスの原因となる5つのポイント

子供に愛情はある、家事も頑張っている、だけど子育てを苦痛に感じるときがある…。赤ちゃんのママなら、そんな悩みに直面することもあるでしょう。ここでは、そんな子育てのストレスの原因として考えられるポイントをまとめ、解決法も紹介しています。

原因その①自分の時間がなくなる

large

子育てが始まると、ママは自分の時間がなくなります。幼い子供ほど何をするにしても、ママの助けが必要で手がかかるもの。

つきっきりで子育てをしていると、趣味や遊びでストレス解消ができず、精神的に疲労してしまうのです。

そんなときは、新しい趣味を見つけてみてはいかがでしょうか?

子育ての合間にできるブログ更新や、読書などで疲れを癒す時間を確保しましょう。

原因その②家族の協力がない

large (1)

自分がどんなに頑張っていても、家族の協力がないのはストレスの原因です。

特に多いのがパパへの怒り。

「仕事で疲れているから」、「家事ができないから」といって、まったく子育てに協力しようという姿勢がないなら、その怒りは積もり積もって、いつか爆発してしまうでしょう。

しっかりと協力してほしいことを伝えて、具体的な計画を一緒に練ってください。

意外と「何をしたいかわからない」だけで、パパにも心の中では協力の意志があるケースも多いのです。

原因その三、子供の行動が理解できない

large (2)

原因不明の夜泣き、偏食、急な体調不良、感情表現のわかりづらさ…。

赤ちゃんの気持ちがうまく理解できないのはママにとってつらいことですよね。

思い悩んでしまうとストレスにつながってしまいます。

赤ちゃんは感情をちゃんと伝えられるようになる練習中なので、ママのほうから理解しようとする努力が必要です。

専門家の話を聞きにいったり、育児書を参考にしたりするとヒントを得られる可能性が高くなります。

原因その④他の子供と比べてしまう

large (3)

託児所を利用したり、近所のママさんと話をしたりしていると、「うちの子供って変なところがないか?」と気になりますよね。

また、本やテレビで言っていることと、自分の子供の行動が違うと不安になるものです。

特に、現代ではブログやSNSで子育てを発信している家庭も多く、それらを目にしてしまうとついつい自分の家の子供と比べてしまうのはしかたのないことだともいえます。

しかし、赤ちゃんとはいえ、その性格は十人十色。成長のスピードも十人十色です。健康面での不安がないようであれば、ゆっくりと子供の成長を見守ってあげましょう。

原因その⑤自分に自信がない

large (4)

若いママに多い悩みですが、自分が本当に人の親になる資格があるのだろうかと不安を抱いてしまうケースがあります。

そんな風に自信を持てないまま子育てをしていると、ささいなミスで自分を責めて、ストレスがたまり、育児ノイローゼを発症してしまうこともあります。

「自信を持ってください」と言うのは簡単ですが、それができれば苦労はしませんよね。

そこで、周囲にサポートをしてもらいながら、いろいろな人の話を聞いてみましょう。

例えば、自分の母親の話はもっとも身近なサンプルになることでしょう。

誰でも最初から完璧なママだったわけではないので、うまくできないことを気に病まないようにしてみてください。

大切なのは子供への愛情を注げること。

それさえあれば、自ずと必要なことは身についていくことでしょう。

まとめ

ストレスの原因として共通していることは「焦り」と「不安」です。子育ては失敗できるものではないので、誰もが不安になることでしょう。だからこそ、誰かに助けを求めることが、ときには必要とされます。家族や友人に相談しながら、ママも心にゆとりを持てるようにしましょう。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事