働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

280

英語で子育てしたい人必読!幼児期でよく使うフレーズまとめ

早期英語教育が話題となってから、小さい子どものうちから英会話スクールに通わせる親が増えているようです。その影響を受けて英語で子育てしようと思っている人もいるでしょう。そこで今回は幼児期(2~6歳)の子育てでよく使われるフレーズをいくつかご紹介します。おむつ替えや朝の会話など、いずれも日常生活での子どもとのコミュニケーションに役立つ表現ばかりです。

Let's change your diaper (nappy).

子供 英語3

小さい子供の育児で欠かすことができないのがおむつ替えです。そこで使いたいのがこの「おむつを替えましょう」というフレーズです。

毎日おむつを替える度に使えば、自然と身に付いていきますよ。子どもに優しく語りかけるような感じで使ってみてください。おむつ替えを嫌がる子どももいるようですが、ママが優しい表情で接すれば子どももにっこり笑ってくれるかもしれません。

人によってはdiaper(ダイパー)をnappy(ナッピー)と言うこともあるようです。これを聞くとnappyの方がかわいく聞こえると感じた人もいるでしょう。

ナプキンのかわいい表現で、こちらもdiaperと同じ意味で使えます。

You're so cute.

子供 英語5

「とってもかわいい」というこのフレーズは、ぜひたくさん使いたいものです。

「かわいいね」とたくさん言われて育った子どもは、他人にも愛情をもって接することができるようになります。育児ではこのように褒め言葉を多用して、愛情をたくさん注いであげることが大切です。

海外では子どもに対して「beautiful」ともよく言います。ここでは美人という意味よりも、目に入れても痛くないほどかわいいといったニュアンスで使われているそうです。子どもの服や髪形が似合っているときなど、褒め言葉としてよく使われます。

とりわけ2~6歳にあたる七五三はかわいい衣装を着せる機会ですので、ぜひ使ってあげてくださいね。

Did you sleep well?

子供 英語2

朝「Good morning!」とあいさつを交わした際の定番のフレーズがこちらです。「よく眠れた?」という意味で、おはように続ける人も多いのではないでしょうか。よく眠れたかどうかは子どもの体調を確認する大切なポイントにもなります。ひとつ覚えておいて、毎朝気にかけてあげるとよいでしょう。

毎朝新聞を読むように英語で会話することを朝の習慣にしませんか。最初はもどかしく感じられるかもしれませんが、続けていればしだいに英会話への抵抗もなくなっていくでしょう。毎朝の習慣で身に付くと、自然と口からこぼれるはずです。

無意識に続けてDid you sleep well?と言えるようになることを目指しましょう。

Can I have that?

子供 英語1

子どもが手に持っているものを借りたいときにはこのフレーズを使います。「ちょっとそれ貸してくれる?」という意味ですが、子ども相手に最適な表現です。
というのも同じ意味の「Give me that.」や「Have me that.」というと、命令口調のようなニュアンスになってしまうからです。「それを貸せ」というのはちょっときつい感じがしませんか。同じ意味でも伝わり方が違ってきますから注意が必要です。

子ども相手にはなるべく優しい表現を使いたいですよね。寝る時間になっておもちゃなどを取り上げなくてはいけないときなどは、優しくなだめるような言い方になる表現がおすすめです。

まとめ

ご紹介した育児に使える英語フレーズはいずれも中学英語レベルの英会話表現です。難しい文法はなく、英語がちょっと苦手という人でも習得しやすいものばかりです。ぜひ育児でたくさん使って表現を身に付けてください。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事