働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

744

断捨離のコツを紹介。子供のおもちゃの見直しをしよう!

今までは部屋はいつも片付いていて、ひとつもおもちゃがなかったのに。

子供が生まれて一緒に生活をするようになって、部屋がおもちゃで溢れてストレスに感じてしまうというママもいるのではないでしょうか。

今回はそんなママにおすすめのおもちゃの片づけ方法をご紹介します。

おもちゃの見直しをしていますか?

ああ

子供のおもちゃは、お祝いとして頂いたり自分で可愛いものを見つけて集めているとどんどん数が増えていきますよね。次第に収拾がつかなくなり部屋がおもちゃで溢れてしまっているなんてことはありませんか?

おもちゃはなかなか捨てるタイミングがないのでどんどん溜まってしまいます。しかし子供が成長すれば、興味のあるおもちゃも変わるものです。子供の成長に合わせて、おもちゃの整理をするようにすればお部屋もかなりすっきりしますよ。

おもちゃの片づけ方のポイント

IMG_0328

 

おもちゃの数を決める

おもちゃを入れるボックスなどを決めておき、このボックスから溢れるようになったら見直しするようにします。おもちゃを少なくしたいのであればおもちゃを収納するボックスの数を少なくしましょう。

 

おもちゃ見直しの仕方

見直しのタイミングがきたら、一旦おもちゃ箱からおもちゃを全て出して「いつも遊んでいるおもちゃ」と「最近遊んでいないおもちゃ」に分別します。この時、ある程度言葉でコミュニケーションがとれる年齢の子供には、子供自身にその分別をさせます。自分で責任をもって分別したということで、おもちゃに対する態度も変わってくるでしょう。

 

分別したら、さらにこまかく分別する

「いつも遊んでいるおもちゃ」は、おもちゃ箱に返します。

「最近遊んでいないおもちゃ」を必要としているかしていないか子供に聞きながらさらに細かく、「譲っていいもの」と「もう少し考えたいもの」に分別します。「譲っていいもの」については、お友達に譲るか、寄付をします。

 

「もう少し考えたいもの」について

もう少し考えたいものについては一定の期間袋に収納しておき、タイミングをみてもう一度「このおもちゃどうする?譲る?まだ遊ぶ?」と尋ねてみましょう。

 

整理することを覚えさせる

見直しをすると部屋がすっきりしますし、子供にとっても整理整頓の練習になります。子供に責任を持たせながらおもちゃの見直しを行うことで、ただのおもちゃの整理ではなく思考のトレーニングにもなるかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

・おもちゃが収納ボックスからあふれたら、おもちゃ見直しのタイミング
・見直す時は、おもちゃをすべてボックスから出すこと
・分別は子供主体で行うこと

をポイントに、おもちゃの見直しを行ってみましょう。
興味があるおもちゃまで捨ててしまう可能性があるので、ママもサポートして分別をしましょうね!

RELATED POST

あなたにおすすめの記事