働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

728

幼稚園児のマストアイテム!人気の幼稚園バッグとつくり方

小学一年生といえばランドセルが必須のように、幼稚園児にとってマストアイテムとなるのが幼稚園バッグではないでしょうか。幼稚園によっては手作りの幼稚園バッグを持ってくるように指定される場合も多いですね。では、どんなものを作るのが良いのでしょうか。また、簡単な作り方があるでしょうか。

幼稚園バッグはどんなものがおすすめ?

子供 幼稚園バッグ4

そもそも幼稚園バッグはどんなものを入れていくのでしょうか。バッグのなかには毎日幼稚園に行くときに持っていくセットを入れていきます。例えば、水筒やお弁当、着替えや帽子、絵本などの教材が含まれます。

また、給食がある場合はお弁当の代わりに給食用のエプロンやランチョンマットを持っていくことになります。このように意外とたくさんの荷物を運ぶことになるんですね。それを考えるとA4サイズがスッポリ入るくらいの長方形のバッグが使いやすいでしょう。一般的なサイズは縦30cm、横40cmくらいです。また、子供が持ちやすいように手提げ付きのものがおすすめです。

幼稚園バッグに人気の柄や生地は?

子供 幼稚園バッグ3

幼稚園バッグの生地で一番扱いやすいのはキルティングタイプです。しっかりした素材で毎日使っても壊れにくく、ミシンで縫いやすいのもポイントです。

また、デニム地やラミネート加工された生地も耐久性が高くて人気です。薄手の生地で気に入ったものがある場合は、固めの接着芯を貼って使うのも良いですね。

柄は子供の好きなものが一番ですが、男の子であればやはり電車など乗り物柄は根強い人気です。女の子はプリンセスものやレース、リボン、フルーツやお花の柄など可愛らしいものが喜ばれるでしょう。男女問わず人気があるのは動物柄です。シンプルな布地にアップリケをつけるのも手軽で簡単ですよ。

お子さんが毎日使うものですから、気に入ったものが良いですよね。一緒に生地選びをするのもおすすめです。

こんなに簡単でいいの?幼稚園バッグをハンドメイドする方法

子供 幼稚園バッグ1

では、手提げの幼稚園バッグのつくり方を見てみましょう。今回は出来るだけ簡単に作るために裏地なしで、1枚の布で仕上げるシンプルなデザインにします。

材料は45cm×70cmのキルティング生地、持ち手用のアクリルテープ70cmです。

まず、生地を縦68cm、横42cmにカットし、アクリルテープは半分にカットします。生地をぐるっと1周ジグザグミシンをかけて縫い代の始末をしておきましょう。袋口になる部分は2cmの三つ折りにしてアイロンで折り目をつけておきます。底の部分をわにして生地を中表にします。続いて両脇を1cm幅で縫っていきましょう。

次はアクリルテープをつけて持ち手を作る番です。中心から6センチずつのところに持ち手をつけテープの端は三つ折りにした中にはさみます。次は袋口の折り返した部分ギリギリをぐるりと縫いましょう。

それから最後に袋口の一番上になる部分を同じようにミシンで縫います。表に返したら完成です。

まとめ

毎日幼稚園で使う荷物を入れるのに使う幼稚園バッグは、耐久性の高い生地で子供の好きな柄のものを作ってあげたいですね。一枚布で作る裏地なしのタイプなら縫い物初心者のママでもトライしやすいですよ。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事