働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

1272

パリの人気ブランド【UPLA(ウプラ)】が探求する、女性の多様な働き方と暮らし方

1973年に写真家のジャンピエールと、建築家オリビエの兄弟によってパリで誕生したブランド【UPLA(ウプラ)】の働く女性向けた新コレクション「UPLA indépendant collection(アンデパンダン コレクション)」が誕生しました。
ローンチを記念したレセプションでは、今をときめくワーキング・ウーマンたちによるトークイベントが開催され、リアルな悩みや課題について語られました。

これからの女性の働き方とは?

Photo_16-09-12-13-32-26.503

トークイベントの登壇者は4名。職業も年代も異なる4名それぞれの立場から「働く女性の現状」について意見交わされました。

(写真左から)
子育て支援・親支援のための相互支援型コミュニティAsMama(アズママ)を運営する株式会社AsMama 代表取締役甲田恵子さん

フリマアプリ「メルカリ」を提供し、斬新なダイバーシティー制度でも注目を集めている株式会社メルカリ 広報の中澤理香さん

はたらくを面白くするビジネスSNS「Wantedly(ウォンテッドリー)」を提供するウォンテッドリー株式会社のビジネスデベロップメント担当である大塚早葉さん

フランスに本社を置くアパレル会社でPR&コミュニケーションをご担当されている延足絵理さん

e3d748aa9b294c9449cfdee464488d52

司会者が、20代女性に多い悩みとして「先の見えない不安」、30代女性に多い悩みとして「ライフイベントに翻弄される」点をあげると

「周囲は今ちょうど子育てと仕事の両立を模索している世代。後身の女性たちにとってのよい前例になれれば。」

と延足さんがコメント。

これから家庭と仕事の両立を経験する女性たちにとって、日本は過渡期でありロールモデルが見当たらないことが課題として見えてきました。

対して海外には働く女性に対しての理解が進んでいる国もあります。

「元同僚に、生後6か月の子供とご主人を帯同してビジネスMTGに参加しているアメリカ人女性がいました。SNSでつながっている海外の女性の働き方に刺激を受けています。」(中澤さん)

「シンガポールでは産後3ヶ月での復帰も珍しくないようです。復帰できる環境が整っているのだなと感じます」(大塚さん)

今後は日本の女性も、さまざまな情報をもとに自分らしい在り方を考えていく必要がありそうです。

すでに小学生の子供を育てながら経営者としも活躍する甲田さんは、家庭と仕事の両立の秘訣を伝授。

「私は今年で40歳になります。30代は本当に必死に働いてきましたが、40歳になりいい意味で肩の力がぬけた気がします。ルンバや家事代行など、利用できるものは利用して自分ですべて抱え込まないことが大切だなと感じます。」

さらに人事担当者と話す機会が多い大塚さんは企業側からの選択肢が増えてきている現状を明かしました。

「最近の事例では産後3ヶ月復帰するとボーナスが出る企業もあります。働きたい意思の強い女性には、その意思を尊重するという制度です。

逆にすこしゆっくりしたいという女性もいらっしゃいます。個々人の希望する働き方を選択できるようになってきていると思います。

企業側と雇用される側が、お互いにどのような環境が好ましいのかしっかりすりあわせることが大切ではないでしょうか。」

今後は、働く女性と雇用する企業側のコミュニケーションを深め、お互いが納得感を得られる環境づくりが重要なようですね。

『UPLA indépendant collection』が提案する魅力的な女性像のテーマは「自立」

d20965-1-153323-8

『UPLA indépendant collection』は磨かれた審美眼を持つワーキング・ウーマンが共感する上品さと使いやすさをテーマに立ち上がりました。

理想のバッグを追及し、構想から完成まで2年以上の歳月をかけられたそう。

驚くほど軽いのに床に置いても自立し、高級感あるのバッグでありながら、リーズナブルな価格が魅力です。

コレクション名にある「indépendant」は、フランス語で「自立」を意味しており、『UPLA indépendant collection』は「自立」をテーマに、ワーキング・ウーマンと共により良いライフスタイルを前向きに模索していくという姿勢を示しています。

イベント参加者からは

「上品で床に置いても自立するのがとても便利」

「MacBook Proなど荷物が多いので機能的でありながらオシャレなカバンというのが嬉しい!」

といった声が聞かれました。

ワーキング・ウーマンの働き方、暮らし方の明確なロールモデルが存在しない今、『UPLA indépendant collection』が多様な女性の働き方や暮らし方を提案してくれそうです。

まとめ

現在、UPLAのネットショップでは先行予約受付中で、10/15までは期間限定で15%OFFで注文できます。
また、【ゴトウフローリスト六本木店】では実際に商品も手に取ってみることができます。この機会に見に行ってみてはいかがでしょうか。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事