働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

424

子育ての悩みは電話相談で解決!今すぐ役立つ相談先を紹介

何かと手探りでする子育てはつらいことも多く、ちょっとしたことでも誰かに相談したい気持ちになりますよね。しかし近くに両親もおらず、気軽に頼れるママ友もいないと、どうしても自分一人で悩みを抱え込んでしまいます。

そんな時に役立つのが電話相談です。子育ての不安やストレスの解消に役立つ相談先をご紹介します。

急なケガや病気で困ったら!【小児救急でんわ相談#8000】

ママ 電話相談3

小さな子供はちょっとしたことでケガをしたり、病気になったりします。症状を自分でうまく伝えることができないので、気がつくと容態が急変していることもよくあります。急な発熱やけいれん、出血などにどう対処して良いか分からないという人は「#8000」に電話してください。全国都道府県の自治体の健康福祉部などに電話がつながり、担当の小児科医や看護師に直接相談することができます。

深夜でも対応しているところもありますが、自治体によって対応時間は異なりますので詳しくは厚生労働省のホームページをご確認ください。

救急車を呼ぶか迷ったら!【救急相談センター#7119】

ママ 電話相談2

大した怪我でもないのにすぐに救急車を呼ぶ「救急車の不適切利用」が問題になっています。しかし、いざ自分の子供が夜中に大量の出血をともなうケガをしたり、突然腹痛や40℃近い高熱を出して苦しみだしたりすると、どうしても救急車を呼びたくなってしまいます。そんな時に利用してほしいのが「#7119」です。今すぐ救急車を呼ぶべきかどうか、専門の救急隊員や医者が相談に乗ってくれます。

現状では東京、大阪、愛知、奈良、札幌、福岡の都市でのみ利用可能となっています。他の他府県では地域の消防本部に連絡すれば対応してもらえます。全国の消防本部は全国消防長会HPで調べられます。

妊婦から育児まで!森永乳業の【エンゼル110番0800-555-110】

ママ 電話相談1

粉ミルクの製造販売で有名な【森永乳業】では、妊娠中の妊婦から小学校入学前の子供を持つ親を対象に相談窓口を設けています。1975年に開設されてから40年近く利用されていて、熟練の相談員の方へ気軽に相談できます。

森永乳業【エンゼル110番】:電話 0800-555-110(または03-3798-8230)、

受付時間:月曜日から土曜日の午前10:00~午後2:00まで

また、明治乳業では赤ちゃんや妊娠中のママの食事や栄養に関して相談できる窓口があります。こちらも30年以上の歴史があり、専門の管理栄養士や栄養士が対応してくれるので、安心して相談できます。

明治乳業【赤ちゃん相談室】:電話 0570-025-192 、

受付時間:月曜日から金曜日の午前10:00~午後3:00まで (第3火曜日は除く)

保育園の発展に寄与してきた専門家!【子育てホットライン ママさん110番03-3222-2120】

ママ 電話相談6

子育て全般に関する相談を受け付けてくれるのが、【子育てホットライン ママさん110番】です。民間の保育園の発展と充実のために活動してきた社会福祉法人日本保育協会が開設しています。たくさんの子供の成長を見守る保育士さんを支援している団体なので、豊富な知識と経験で子育ての悩みに対応してくれます。

日本保育協会【子育てホットライン ママさん110番】:03-3222-2120

受付時間:月曜日から金曜日の午前10:00~午後4:00まで

つらい気持ちを聞いてほしいなら!【寄り添いホットライン0120-279-338】

ママ 電話相談4

子育てに関する具体的な悩みだけでなく、一人で抱え込んでつらくなった自分の気持ちや、友人関係や夫との関係の悩みなど誰かに聞いてほしい時に利用したいのが【寄り添いホットライン】です。一般社団法人社会的包摂サポートセンターが運営している相談窓口で、どんな悩みを持つ人の話でも相談に乗ってくれます。

また、悩みというほどでなくても、単純に愚痴を聞いてほしいという場合には、民間の愚痴聞きサイトが便利です。有料にはなりますが、知り合いには聞かせられないようなどんな愚痴でもしっかり聞いてくれるので、気持ちの整理に役立ちます。こちらに比較サイトがありますので活用してみましょう。リンク http://guchikiki.biz/

まとめ

子育ての悩みは人それぞれです。大きい小さいはあっても誰もが悩んで子育てしています。つらくなったらだれかを頼ることは決して悪いことではありません。一人で悩まずに、まずは電話相談で自分の気持ちを吐き出しましょう。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事