働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

896

美容ブロガー発。旬のレッドルージュをママの味方につける2つの方法

この秋のリップは"RED"がおすすめ。いつもピンクベージュやコーラル、控えめローズなどの無難ルージュに走ってしまうママも、今年は冒険してみませんか?何も、毎回単品使いで直塗りすることはないのです。プラス1テクニックとプラス1アイテムで、派手すぎるかもと思っていた赤がオフィスにも保護者会にも大丈夫なママREDに仕上がります。今季最旬の強めREDの使い方をマスターしましょう。

”My RED”をゲットしましょう

HITOMIredrouge2

今年のルージュは本当に赤が豊作。デパートのコスメカウンターをぐるりと一周パトロールしてみてください。多彩な色味があることにも驚きますが、ツヤ〜マット、ミルキー〜ウォータリー、などニュアンスにもまた違いが。赤ルージュは、リトルブラックドレスのように大人の女性が最低一つは納得の1本を備えておきたいものの1つだと思うのです。

とは言え、やはり顔立ちが違えば似合う赤も人それぞれ違います。美容部員さんのようなメイクのプロに相談して自分の納得のいく1本を手に入れたいところですね。今年のような赤豊作シーズンは選択肢が豊富で選びたい放題。選りすぐりMy REDを手に入れる絶好のチャンスです。

控えめな印象になるような塗り方もできるので、折角ですから会議や幼稚園行事などのことは考えず、気心知れた女友達と夜出かける時につけたいくらいのお気に入りを見つけてください。ちなみに、私はトマトのような赤がお気に入り。気にかけるような予定がない時は、単色使いでそのままのMy REDを思う存分楽しみましょう!

プラス1のテクニックでつくる「ママRED」

HITOMIredrouge3

発色強めの赤ルージュは子供の学校関連の予定の日には絶対使えないのでは?いいえ、そんなことはありません。ぼかしたり塗る量を少なくして発色や質感を抑えたら、それだけでもかなり印象が落ち着きます。しかも、やり方は何通りもあります。

①薄く塗る
②指のはらでぽんぽんタッピングしてぼかす
③ティッシュオフ
④スポンジで叩いて自分の唇の色に近づける

どの方法も簡単なテクニックなので、すぐにでも実践してみて下さい。これをするだけでも、燃える紅葉のような赤リップが、元気で血色の良い日のほんのり赤らんだリップくらいに落ち着きます。やりすぎると赤みが取れすぎてしまって、赤ルージュの良さも消えてしまうので優しい力でちょっとずつ調整すると良いと思います。この赤を抑える方法は、時間がない時にもさっとできる手軽さが最大のメリットです。

プラス1のアイテムでつくる赤みを抑えた「ママRED」

HITOMIredrouge4

次は、テクニックではなくもう1つリップコスメを投入することでママ仕様の赤を演出する方法です。先ほどよりはひと手間かかるのですが、きちんとメイクされた印象はこちらの方がキープできると思うので、時間があるときはこの方法も試してみて下さい。私が提案したいのは2パターンです。

①幼稚園や小学校へは、+リキッドファンデーション(コンシーラーでもOK)のマイルド仕上げで。

これは、先に赤リップを塗って、上からリキッドファンデーションかコンシーラーを指にとってぽんぽんタッピングしながら重ねる方法です。1度手の甲をパレットにして少量のファンデーションを置き、指で少しずつ調整しながら取っていくと失敗しにくいです。ここでのポイントは、のせるファンデーションの量。沢山のせると赤みが消えすぎてしまって不自然なほどにマットな質感になってしまうので注意しましょう。赤がミルキーになり、ママ世代に丁度いいしっとりした印象の仕上がりに。

②放課後の習い事やご近所へは、+クリアグロスのシロップ仕上げで。

これは無色透明のグロスやグロスのようなテクスチャーのリップトリートメントを使うのですが、ポイントはこのグロスを先に塗っておくこと。はじめに全体に塗っておいて水飴のようなとぅるんとしたツヤを作っておきます。後から上唇と下唇の中央にだけ赤を少しずつ(好みの仕上がりになるように)調整しながらのせて、指で赤とクリアグロスの境目をぼかします。全体に赤をのせないことで若い子のツヤツヤの赤リップとは少し違った、赤で上手に遊んだ大人の余裕が感じられるリップメイクに仕上がります。

まとめ

いかがでしたか?指でちょっと抑えたり、リキッドファンデーションや透明グロスを使った簡単アレンジで派手に見える赤も普段使いのリップになります。このアレンジさえ覚えてしまえば、発色の強いルージュの方がむしろ何パターンもの仕上がりを楽しめて便利です。今年の秋は、お気に入りの"My RED"を手に入れてみてください。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事