働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

592

パパになるための第一歩。出産の立会い、する?しない?

初めての子供の出産は、これまで二人きりだった夫婦にとっての一大イベント。今や旦那さんの立会いは当たり前のようになっています。しかし、初めての出産にはパパもママも不安がいっぱいありますよね。どうすれば満足のいく出産ができるのでしょうか。

立会い出産には大きなメリットがある

mom childbirth 5

出産は女性にとって待ち遠しいものであるとともに、不安も大きいものです。初めての出産であればその不安はなおのこと大きいでしょう。そんなときにそばに信頼できる夫がいてくれ、手を握ったり身体をさすってくれたりすることで得られる安心感は、何物にも代えがたいものがあります。

男性にとっても大変さを共有することで父親としての自覚が芽生えますし、なにより出産の感動を共有することができます。立会い出産を経験した男性は、その後の育児にも積極的に参加する傾向があるようです。男性は自分のお腹を痛めて子供を産むことはできません。

ですが妻と出産の時間を共有することで得られる体験は、夫婦にとって忘れがたい思い出になることでしょう。

立会い出産のデメリットってどんなところ?

mom childbirth 4

夫婦にとって素晴らしい体験である立会い出産ですが、デメリットも存在することを忘れてはなりません。個人差があるものの、出産に伴う痛みは想像を絶するものがあります。大きな叫び声をあげたり、そばにいる夫にきつくあたったりすることはある意味で当然であり、珍しいことではありません。中には大げさな表現ではなく、獣のような叫び声をあげる女性も存在します。

あらかじめ理解しているつもりでも、男性にとっては意外な一面を見てしまったようで、幻滅してしまうなんてことにもなりかねません。女性としては見られたくない場面を見られてしまい、男性としては見たくない場面を見てしまう。そんなこんなで夫婦仲が疎遠になってしまう可能性も決してないとはいえないでしょう。他にも血が苦手な男性にとって出産は凄惨な場面になることが予想されます。中には出産の場面を見て気を失ってしまう男性もいるとかいないとか…。

立会い出産に必要な物品を用意しよう

mom childbirth 2

出産に立ち会うと決めたのなら、必要な物品を準備するのも男性の仕事です。初めての出産は長丁場になることが多いですから、事前にしっかりと準備をしておきましょう。女性が必要とする飲み物や食事だけでなく、自分自身の食べ物も忘れずに準備する必要があります。お産のときには女性はかなり暑く感じるものです。タオルで汗を拭いたり、うちわであおいだりすることもあるでしょう。

他にも忘れてはならないのがテニスボール。テニスボールで肛門付近を抑えるようにすると、痛みが和らぐことがありますので、忘れずに持っていきたいものです。陣痛が始まってから半日以上は病室から出ることができなくなります。人によっては1日を超えることも珍しくありません。

そのときになって慌てて買いに行くことがないよう、病院に行く前には二人で荷物の確認を行いましょう。

立会いするかしないか、二人でよく話し合おう

mom childbirth 6

立会い出産にもっとも必要なもの、それは夫婦間の同意です。男性の側が立会い出産を強く望んでいても、女性が出産の場面を見られたくないと思うのであれば、無理に立ち会うべきではないでしょう。反対に男性の側が血を見るのが嫌といった理由で断ることもあるかもしれません。

どちらのケースでも事前に二人で話し合って、夫婦間で了解を得ておくことが大切です。どちらか一方の主張を無理に通してしまうと、「本当はこうしたかったのに」とモヤモヤした思いが出産後にも残り、その後の子育てに影響することにもなりかねません。

まとめ

出産は生命誕生の神秘的な瞬間であり、夫婦の絆をより強めることになる一大イベントでもあります。自分の意見に固執せず、両者が納得の行く形を目指しましょう。生まれてくる子供にとって大事なのは、両親が笑顔で迎えてくれること。立会い出産が夫婦の仲を深める良い機会になればよいですね。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事