働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

3384

簡単に真似できるハロウィンお菓子のラッピングアイデア

もうすぐ楽しみなハロウィンの季節。そろそろ、お友達とハロウィンパーティーなどの予定が入ってくるのではないでしょうか?一番盛り上がるお菓子の交換の時に子供たちもママ同士もテンションがあがる、簡単なラッピングアイデアをご紹介します。

黒、オレンジを外さなければハロウィン感が出せます!

出典:https://jp.pinterest.com/

0685a046519410c3e6250e72430b606e

ちょっと不器用でラッピングが苦手というママも、ハロウィンのテーマカラーである黒とオレンジさえ外さなければ一気にハロウィン感を出すことができます。

リボンやラッピングに必ず黒とオレンジを入れて、余計な色を使いすぎないことがポイントです。

人気のドット柄だけでなく、ボーダーも黒をさりげなく取り入れられることができるので、あとはリボンでオレンジさえ入れれば簡単にハロウィンっぽいラッピングを作ることができます。

ハロウィンモチーフを入れるだけで一気にそれっぽく!

出典:https://jp.pinterest.com

506858d62087714d2a26a0f871fbba7a

オレンジ、黒を使うだけでなく、パンプキン、こうもり、黒猫、おばけ、ガイコツ、魔女などハロウィンを連想させるキャラクターの切り絵やタグをつけるだけでも一気にそれっぽく。

不器用ママも色とキャラクターに頼るだけでセンスあるハロウィンらしいラッピングができます。

色画用紙やおりがみで子どもと一緒に作ってみよう!

出典:https://jp.pinterest.com

6ce48e6cb855d8cf12c3f1bb70a58414

お菓子で欠かせないチョコレートは、こんな包み方はいかがでしょうか?子供が使っているおりがみや色画用紙をドラキュラ、おばけ、コウモリなどの形に切って、手の部分を折り曲げるだけ。

目をつければこんなに可愛いハロウィンおばけの完成です。これなら簡単かつ、子供と楽しみながら作ることができます。

マフィンはこうもりカップに入れて名前を書いてオリジナル感を!

出典:https://jp.pinterest.com

c48c0536b29cd4222ea8acb91c3122cc

ハロウィンのお菓子を手作りされるママは、ぜひこうもりカップで包んでみては?

こちらも作り方は簡単!色画用紙をこうもり型に切って切り込みを噛み合わせて後ろで止めるだけ。名前を書いて渡せばオリジナル感が出て、もらったお友達もきっと嬉しくなること間違いありません!

家にあるこんなものまで!ポップコーンは手袋でラッピング?!

出典:https://jp.pinterest.com

2254e7b57d2e6ce28129868d40fd67a4

家にある透明な手袋もハロウィンにはこんな使い方ができるんです。ポップコーンを入れて閉じれば一見、本物の手みたいで子供たちもびっくり!?

爪の部分にとんがりコーンをいれたり、指輪のようなおもちゃをつけても魔女の手っぽくなってハロウィンっぽくなりそう。ちょっとお友達を驚かせたいママにぴったりです。

 

ファニーな顔のモンスターバッグは子どもにも大人気!

出典:https://jp.pinterest.com

5f11e838af41c50f9d7c2fcfc0d910c3

たくさんお菓子をいれて配る場合は、モンスターバッグを作ってみてはいかがでしょうか?

100円均一などで買ってきた紙袋に目や歯を貼ってモンスターっぽくするだけ。これなら子供とも楽しみながら作ることができそう。

目をひとつにしたり左右の目の大きさを変えるだけで一気にファニーな顔のモンスターになります。可愛いので、子供たちにも大人気になること間違いなしです!

 

まとめ

いかがでしたか?
ラッピングといっても身の回りにあるものを使い、色やモチーフ、工夫次第でハロウィンらしいラッピングに大変身します。子供とも楽しめるので工作気分で挑戦してみてくださいね!

RELATED POST

あなたにおすすめの記事