働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

1184

七五三の思い出を美しく残すなら出張撮影がおすすめ

10月11月は七五三シーズン真っ只中。もうすでに前撮りを終わらせたという方も多いのではないでしょうか?
ママもお着物で素敵な写真におさまりたい…でもバタバタしてしまって、当日の写真はママがフレームインしていないことも多いんです。
そんな時おすすめしたいのが出張撮影。今回は実体験を元に、出張撮影についてまとめてみました。

出張撮影のメリットって?

DSC05120

七五三は子供のイベントの中でも特に力を入れてお祝いしたい一大イベントですよね。でも当日はママも大忙しの1日に。着物の手配から始まり、着付け場所の予約、神社への心づけ、実家義実家とのやりとり。事前準備だけでヘトヘトなのですが、当日はさらにやることもたくさん。

おとなしく着付けをしてくれるかどうかから始まり、トイレのタイミングや水分補給、慣れない玉砂利道での愚図り。などにも対応しながら必死でその日のスケジュールをこなすことになります。このように慌ただしくしている中、家族全員でゆっくり写真撮影なんてとても出来ません。結局ママパパ不在の、子供だけの写真のオンパレードになってしまいます。

出張撮影の最大のメリットは、「自分でカメラを構える必要がない」ということです。写真のことはカメラマンさんにお任せして、自分たちはお参りと子供のケアに集中することができます。

ちなみに我が家の場合は、地元で着付けをしたあとタクシーですぐの神社にお参りをしたのですが、その車中で着慣れない着物で苦しくなったのか、娘が嘔吐。その処理に本当に手間取るという慌ただしい出だしだったため、写真に気を遣う余裕はありませんでした。そんな中でも素晴らしい家族写真が出来上がり、本当に出張撮影にしておいてよかったと心から思いました。

また出張撮影では、スタジオでありがちな緊張感や作ったポーズの撮影は一切なし。普段のありのままの家族の姿を写真に残すことが出来ますよ。

出張撮影の料金はどのくらい?

DSC05106

出張撮影はスタジオ撮影よりもやや高い傾向にあります。

特に繁忙期である10月~11月の土日だと、1時間の撮影で35,000~40.000円の基本料金が相場です。また基本料金に加え、カメラマンさんの交通費や出張費を負担することも多く、撮影場所によって出張費は変わります。

天候不良により撮影予定日に撮影が難しいと思われる場合は、撮影日を変更することができるところがほとんどです。その場合、基本的に追加料金は発生しないことが多いようです。

なお、繁忙期は予約が早く埋まってしまうため、予約状況を早めに確認しておくことをおすすめします。

出張撮影で配慮すべきポイントとは?

672_02

出典:http://www.eitaro.com/

まずなによりも、神社の敷地内やご祈祷の様子など、撮影出来ない箇所があるので、事前の確認は必須です。参道などは大体OKの場合が多いです。ちなみに「明治神宮」の場合は、ご祈祷をする本殿内は人数制限があるため、カメラマンの随行はNG。この場所だけは自宅カメラを使用しました。

また出張撮影は時間制限のあるところがほとんどのため、子供がグズって先に進めないといったことのないよう準備をしっかりしましょう。特に気を付けたいのが、子供の靴です。履き慣れない草履だけで行動しようとすると結局抱っこをメインとした写真が多く出来上がってしまいます。そのため、同じ場所である程度撮影したと思ったら、思い切って普段履いているスニーカー等に履き替えてしまいましょう。子供も一気に歩きやすくなり、進みが早くなりますよ。

またカメラマンさんに対する内祝い等の用意もあるとなお良いと思います。正規料金はお支払いしていますが、やはり家族のお祝い事。結婚式でも各方面に心づけを渡すように、祝事を身近でサポートしてくださった方に対しては心づくしのお礼をするのが礼儀とも言えます。

七五三の内祝いは、この時期になると百貨店のご進物売り場等に行けば、豊富に取り揃えられていますので、1度足を運んでおきましょう。

まとめ

上手に取り入れれば、負担がかるくなって素敵な思い出づくりもサポートしてくれる出張撮影。みなさんも是非取り入れてみてはいかがでしょうか?

RELATED POST

あなたにおすすめの記事