働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

464

助産院で出産ってどうなの?助産院で初産を経験した体験談

妊娠した時から、私は「助産院出産」を強く希望していました。
様々な出産方法がある中で、なぜ昔ながらの助産院を選んだかというと、「人間の体は昔から変わっていないから」という理由でした。
文明などは時代とともに進化していますが、人間の体のつくりは昔から変わらないからこそ、その体の赴くままに出産してみたかったのです。
今回は、これから助産院での出産を考えている方のために、私の実体験をお伝えしたいと思います。

助産院探しと妊婦検診について

mothering 6

助産院に興味があったものの、助産院で初産を経験するのは少し不安だったので、万が一に備えて大きな総合病院との連携サポート体制が整っていることを重視し、助産院を探しました。

助産院では、主に助産師さんが問診をしてくれます。
私がお世話になった助産院ではチーム制がとられていたので、検診もチームの誰かが必ず診てくれて、出産の時もチームの誰かは必ずサポートしてくれるという素晴らしいシステムだったのです。
そのため、出産時に知らない人はおらず、とても安心して産むことができました。

また、助産院では、自分が産まれた時の母子手帳の提示を求められることがあります。
私は仮死状態で生まれた事実があるので、助産師さんの顔が曇ったことがありました。出産は親と似る傾向があるようなのです。
ですが、助産師さんは私の強い意思を受け取ってくれて、順調に妊婦生活を送ることができました。

助産院での出産について

スクリーンショット 2016-10-20 15.20.01

助産院での出産は、基本的には助産師さんが見守る中で出産に挑むのですが、なかなか出産できない私に、サポート体制にある総合病院の医師が様子を見に来てくれました(この点は、サポート体制が整っていて良かったと思えました)。
私は経過状況で出産中に転院することはなかったのですが、初産を助産院で経験しようと思うのであれば、やはりサポート体制が整っていた方が安心でしょう。

助産院での出産は、お母さんの産む力と赤ちゃんの生まれてくる力を信じてお産を進めるため、いくらお産が進まないからといって薬などは使いません。
お腹を温めたり、お風呂に入ったり、バランスボールで促したりはしましたが、一切薬は使いませんでした。

そして、陣痛室や分娩室はありません。すべて布団の上で行います。
出産するときは、バランスボールなどで上半身を起こし、いきむときは助産師さんが手を添えてくれるので、その手を足で押すのです。出産後2時間位の回復時も、同じ布団の上で過ごしました。

会陰切開は、もちろんしません。医療行為はしないで産むのです。会陰裂傷した場合は、状況によって助産師さんが後処理してくれます。

私は、いつも妊婦健診で顔を合わせている助産師さんへの絶大な信頼のもとで出産をすることができました。
助産院では、大きな病院では味わえない一体感が得られると思います。

助産院での入院生活と食事について

3

助産院には、乳児室やナースステーションがありません。子供を産んだその瞬間から、母子同室の生活が始まります。隣に赤ちゃんがいる状態です。
ベビーベッドはなく、布団も一緒なので、寝返りを打つのにも神経を使うほどでした。よく、「妊婦さんやママは、入院中がよく寝れる時期」と言いますが、助産院は違います。

4

助産院ではおっぱいで赤ちゃんを育てるのが基本なので、いい母乳が出るようにするための食事でした。深夜のおやつは、玄米おにぎり2個でした。

まとめ

私のお産の経過は想像以上に苦戦しましたが、それでも助産院で産むことができて良かったと思っています。
大きな病院には大きな病院の良さがあると思いますが、一人一人を大切に家族のように包んでくれるベテラン助産師の方々に支えられながら、産む力と生まれる力を信じて出産する助産院出産は、とてもよい経験になりました。
陣痛中に医療行為に頼りたくなる場面もあったのが事実ですが、“自分で産んだんだ!”という感覚は、助産院ならではかもしれません。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事