働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

18864

【働くママ・株式会社メルカリ】仕事も子育ても諦めない!大胆にチャレンジできる職場

産後、職場復帰する女性が増えています。育児と仕事の両立には悩みが尽きませんが、バランス良く両立している働くママがいるのも事実。今回は、株式会社メルカリの育休制度を利用して、5月に職場復帰をされたという寺岡絵里子さんにお話を伺いました。

成長著しいスタートアップでの仕事に挑戦!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

人気のフリマアプリ「メルカリ」を運営する株式会社メルカリ。メルカリアプリのダウンロード数は日本で3,500万、アメリカで2,000万以上。スマートフォンを使って簡単にフリマができるという手軽さが人気となっています。

メルカリに入社する前は、美容業界でエステの仕事をされていた寺岡さん。2013年12月、創業間もないメルカリにCS(カスタマーサポート)のメンバーとしてジョインします。

―――転職されたのはどんなきっかけがあったのでしょうか?

「美容関係の仕事をしている時は夜遅くまで働かなければいけないことも多くて。結婚後、今後の生活やワークライフバランスを考えて転職しました。」

―――メルカリを選んだ決め手はどんな点でしたか?

「CSの仕事って、サイトやアプリを運営するにあたってすごく大事なポジションだと思うんです。以前にも経験があってCSという仕事自体にやりがいを感じていたこともあり、またCSの仕事がしたいなと思っていました。スタートアップにも興味があって、会社がどんどん成長していくところに関わってみたいという気持ちもありました。」

多くの利用者の声を聞くCS部門でお客様サポートを担当されている寺岡さん。寺岡さんの入社当時わずか4名だったCS部門のメンバーは、現在は200名以上に。

―――社内でのCSの役割について、どのようにお考えですか?

「お客様の声が直接聞けるのはCSだけなので、サービスの改善に貢献できる会社の顔のような役割だと思っています。

使い方がわからない、トラブルに遭ってしまったというお客様のサポートをするのは大変なこともありますが、お客様に感謝してもらえることでやりがいを感じられる仕事でもあります。」

働くママにとってはありがたい、子育て支援の体制が整っている社内の雰囲気

メルカリでCSの仕事をスタートした寺岡さん。入社して1年と経たない頃に妊娠が発覚します。

―――妊娠が分かった時はどんな気持ちでしたか?

「素直にとても嬉しかったです。ただ、まだ仕事でやりたいことがたくさんあったので、自分の中で辞めるという選択肢はありませんでしたね。相談した上司も当然のように受け入れてくれ、メルカリで産休・育休取得の第1号となりました。」

―――社内は育休など取得しやすい雰囲気なのでしょうか?

「お子さんがいるメンバーも多いのですが、男性社員でも子煩悩な人が多く、子育てに対して理解がある雰囲気はありますね。」

「たとえば子供が病気になった時に奥さんの代わりにパパが面倒をみていたり、育児に協力的な男性社員が多いという社内の雰囲気はとてもありがたいです。」

メルカリでは2016年2月に、「Go Boldにおもいっきり働ける環境」を充実させていくための独自の人事制度「merci box(メルシーボックス)」を導入しています。(※「Go Bold」はメルカリ社が掲げる3つのバリューのひとつで、「大胆にやろう」という意味)なかでも特徴的なのが「産休・育休あわせて約8ヶ月分の給与が100%保障される」というもの。ほかにもメルカリでは、出産や育児など社員のライフイベントのサポートをさらに充実させようということで様々な支援体制が取り入れられています。そのような施策もあってか、男性社員の育児休暇取得も珍しくありません。

さらに社内の情報共有に使うSlack(チャットツール)では、子育て情報の共有をするグループもあるそうです。
mer00

(子育て情報の共有をするグループでのやりとり)

「50人くらい参加者がいるのですが、ほとんどが男性社員なんですよ。そこでは子育てについていろいろ情報交換しています。『子どもが苦手な野菜を食べさせるコツ』とか、『週末にここに遊びに行ったらよかった!』とか、リアルな情報を共有していて、役立ちます。笑」

また、最近メルカリではファミリーデーを開催されたそうです。パートナーや子供はもちろん、親や恋人など自分の大切な人を会社に招待し、メルカリという会社を知ってもらうというイベントだそう。社員の家族や大切な人に会社のことをよく理解してもらうというのは大切なことですよね。

mercari000
(ファミリーデーの様子)

―――会社の雰囲気は家庭にも影響があったりしますか?

「家族のことをよく考えてくれる会社だと、理解も得られやすいですね。家族も良い会社だねって言ってくれています。」

制度が整っているというだけでなく、会社全体で出産や育児をサポートしていくという雰囲気があるのがとても大きいようです。ママが働きやすい環境が整っているのは羨ましいですね。

働くママ、寺岡さんの1日のスケジュールと働き方

mercari02寺岡さんの1日のスケジュール

6:30 起床 身支度、朝ごはんとお弁当の用意

7:00 子供に朝ごはんを食べさせる、片付け、子供の用意

8:00 子供と夫が家を出る

8:30 家を出る

10:00 出社

16:00 会社を出る

17:00 お迎え

18:00 夕飯

19:30 お風呂

20:30 寝かしつけ

21:00 夫のご飯を用意

23:00 夫が帰宅

23:30 就寝

保育園への送りはご主人、お迎えは寺岡さんが担当。自分の自由になる時間は1時間くらいだそうです。

「まずはとにかく座りたいっていう感じです(笑)お茶を飲んだり洗濯したりしているとあっという間に時間が過ぎてしまいますね。」

―――ママになって仕事に対するモチベーションは変わりましたか?

「出産前と仕事に対するモチベーションは変わらないです。ただ時短勤務になって、思っていた以上に時間が限られているなと感じます。以前と全く同じように仕事するのは難しいなと思うこともあります。」

―――時間的な制約がある中で、仕事を効率的に進めるためのコツなどはありますか?

「残業ができない分、仕事の優先順位を意識するようになりました。職場復帰してまだ半年くらいなので、どうすればもっとうまく育児と仕事のバランスをとりながらどちらも効率的に進められるか、模索しながらやっているという感じです。」
「でも時短だからといって自らの仕事に限界を決めたくはないですね。現在は、お客様対応だけではなく人材育成にも携わっているため、より充実した研修制度と、対応品質の向上にも力を入れていきたいと思います。」

働くママにおすすめしたい、寺岡さんお気に入りのアイテム、サービス、スポット、ママプラ記事は

mercari03

寺岡さんのおすすめのアイテムは「ルンバ」と「ダイソンのハンディ掃除機」。

「平日はゆっくり掃除をする時間が取れないので、ルンバを利用してます。それと、ダイソンのコードレスハンディ掃除機は子供の食べこぼしもさっと掃除ができるので忙しい朝には特に重宝します!」

おすすめのサービスはやっぱりメルカリ

「メルカリは主婦の利用者がとても多いのですが、子供ができてから私もさらに便利さを実感しています。子供は成長が早いので着られなくなった子供服などは需要が多いんです。安くていいものが購入できるし、逆に出品した商品も購入者に喜ばれることが多く、いちユーザーとしてサービスを楽しく利用しています。」

おすすめのスポットは「中野セントラルパーク」。

「芝生にシートを敷いてのんびり過ごすにも、子供を遊ばせるにもおすすめの公園です。 メルカリが主催するリアルのフリマ”メルカリフリマ”も年に数回開催されています」

「ママプラで共感した記事は、習い事関連の記事ですね。子供にはいろんな経験をさせたいので、人気のある習い事や種類等が掲載された記事は参考になります。」

まとめ

仕事で子供と離れて時間がある分、家にいる時はできるだけ子供と全力で向き合うようにしているという寺岡さん。本が好きなお子さんに読み聞かせをしたり、休みの日はいろんな場所に出かけたりと親子の時間を過ごしているそうです。「家庭と仕事のバランスを模索中」としながらも、お客様への対応や人材育成など、「仕事もまだまだやりたいことがたくさんある」と語る姿が印象的でした。"Go Boldに思いっきり働ける環境をつくる"ためのメルカリの支援体制や企業文化が、社員の積極性を育んでいると感じました。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事