働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

1704

SNSで大人気の「マタニティロゼット」の作り方と購入サイトを紹介

プレママに人気のマタニティロゼットとはマタニティマークをロゼット風に可愛くアレンジしたものです。お裁縫が苦手な人でも簡単に自分だけのオリジナルマタニティマークを作ることができます。SNSでもたくさんの作品がポストされています。長いようで短いマタニティライフを楽しみながら、ファッションの1つとしておしゃれにアレンジしてみませんか?

マタニティロゼットとは?

IMG_6778

ロゼットとは勲章のことで、伝統的な儀式で相手を敬い称える象徴として手渡す風習があります。ロイヤルウェディングでもたくさんのロゼットが用いられたようです。今では結婚式で席札としてロゼットを使用したり、名札として名入りロゼットをお揃いで付けたりとアレンジのしやすさでも人気を集めています。華やかで幸せのロゼットをマタニティマークに可愛くアレンジして楽しんでいるプレママも多くいます。

こんなに可愛いマタニティロゼットがたくさん!

Instagramにはマタニティロゼットがたくさんポストしてあります。
リボンを使って簡単にアレンジできるロゼットはデザイン違いで何個も持つプレママもいるそうです。


 


 


 


 


 

yukaさん(@yuk_a0)が投稿した写真


 

KEI.Sさん(@keinanana)が投稿した写真

【マタニティロゼット】の買えるサイトと作り方

minne

マタニティロゼットはwebサイトでも買うことができます。【minne】というハンドメイド作品のサイトで300円~販売されています。

またInstagramで「マタニティロゼット」と検索すると個人で販売されている方のサイトがヒットします。

マタニティロゼットを手作りしたいママは100円均一でも材料が揃えられるので是非チャレンジしてみてください!

■マタニティロゼットの作り方■

<材料>
・ロゼットマシーン(100円均一の仕切り板で代用可能)
・お好みの色柄幅のリボン
・厚紙
・アイロン転写シート
・化粧用丸型スポンジ
・ライター
・木工用ボンド
・はさみ
・針と糸

<作り方>

①リボンのほつれ止めのため両端をライターであぶります。ロゼットマシーンに端から折っていきます。
②折り終ったらリボンをカットしてロゼットマシーンにつけたままの状態で片側をなみ縫いする。ロゼットマシーンからリボンを外し両端を縫い合わせます。①のなみ縫い部分を巾着のように糸を引いて絞る。
③印刷したアイロン転写シートを化粧用丸型スポンジよりも大きめにカットし裏側をぐし縫いし中にスポンジをはめ込みます。
④厚紙にプリーツしたリボン、マタニティマークのスポンジを順に木工用ボンドで固定します。

安全ピンを付けてブローチにしたり、チャームのようにチェーンを付けたり、パールなどで更に装飾をするのもおすすめです。化粧用丸型スポンジを使うとふっくらと仕上がります。

【タカラトミーアーツ】からはロゼットを簡単に作れる商品も出ています。これを使って作っても簡単です。

タカラトミーアーツロゼットメイク 通販

画像出典:オムニ7

>ロゼットメイク商品ページ

まとめ

いかがでしたでしょうか?賛否あるマタニティマークですが、お腹が目立たない段階からマタニティマークを付けることで妊婦さんの身体とお腹の子供を守るために存在するものです。こんな風にアレンジすることで1人でも多くの妊婦さんがマタニティマークを安全に付けることができたらと思います。またロゼットは色々な場面で活用することができます。誕生日パーティでお揃いで付けたり、メッセージカードにデコレーションしたり、プレゼントのラッピングの仕上げにメッセージ入りロゼットをつけたり。この機会にロゼット作りにチャレンジしてみませんか?

RELATED POST

あなたにおすすめの記事