働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

224

妊娠中でも胃もたれしない!「ABCクッキングスタジオ」おすすめの料理レシピいろいろ

妊娠をすると急激な体の変化によりホルモンバランスが乱れ、胃もたれなどの症状が発生し、食欲不振になる妊婦さんも少なくありません。そんな妊婦の方々に栄養をたっぷりとつけてもらうために、クッキングスタジオを全国で展開し、家庭用雑貨などの販売も行っている【ABCクッキングスタジオ】による、おすすめ料理のレシピを紹介します。

見た目もきれい!ヘルシーなグレープフルーツを使った料理

IamKaddiさん(@iamkaddi)が投稿した写真

妊婦さんにとってたいへん重要な栄養素は葉酸とビタミンCです。葉酸はお腹の中の赤ちゃんの中枢神経をつくる働きがあり、ビタミンCは赤ちゃんの骨や皮膚、コラーゲンをつくる作用があります。そのふたつの栄養素がたっぷり含まれている果物がグレープフルーツです。そのグレープフルーツを使った料理「パプリカとグレープフルーツの彩りマリネ」を紹介します。

まずグレープフルーツは少量の塩で洗い皮をむいて果肉だけにします。パプリカ、ピーマン、玉ねぎは小さめに切りましょう。そして塩、砂糖、塩、黒こしょうを混ぜてマリネ液をつくります。次にグレープフルーツ以外の野菜を濡らしたペーパーで包んでレンジで2分間温めます。その間にグレープフルーツにマリネ液をかけてなじませて30分つけておきます。30分経ったらお皿に盛りつけてオリーブオイルをかけて完成です。簡単につくれて栄養満点な料理です。

妊婦の強い味方!ほうれん草を使った料理

次に紹介する料理は「ほうれん草のアーモンド和え」です。ほうれん草は、妊婦に必要な栄養素である葉酸が含まれていますが、ほかにも鉄分やカルシウム、カロテンなどの栄養素が含まれているため、妊婦さんにとって強い味方になる食品です。そのほうれん草を使った料理「ほうれん草のアーモンド和え」の作り方をご紹介します。

ほうれん草ひと束を、塩を加えた熱湯で軽くゆでます。ゆでたら水で冷やしよく絞って水気をなくし、食べやすいように3cmくらいの長さに切ります。ほうれん草にあえるアーモンドは、からいりをして、そのあとにビニールに入れてすりこぎを使って粗くてもいいので砕きましょう。ボウルに酒、砂糖、しょうゆ、砕いたアーモンドを入れてよくかき混ぜ、ほうれん草とあえて完成です。栄養がたっぷりのほうれん草に、ミネラルやビタミンEが含まれたアーモンドが加わり、お手軽に栄養補給ができる一品です。

食物繊維たっぷりでお通じもよくなる!豆乳を使った料理

妊婦さんは、体の変化により便秘に悩まされる方も少なくありません。便秘の解消には食物繊維を多くとることです。そこで食物繊維を多く含んだ豆腐、豆乳を使った料理である「さつま芋と豆腐の豆乳ポタージュ」を紹介します。

まず玉ねぎを薄切り、パセリをみじん切り、さつまいもは厚さ5mmほどの薄さに切り、水に10分ほどさらして水気をとります。鍋にオリーブオイルをひき、玉ねぎ、さつまいもを炒めて、コンソメを溶かした水を鍋に入れて煮込みます。沸騰したら弱火〜中火ほどの火力で10分ほどさらに煮込みます。そこに木綿豆腐を崩して投入し、さらに1分ほど煮込みます。火をとめてミキサーカップに移し冷やしたあと、水っぽさがなくなるまでなめらかになるようにかきまわしましょう。そのあと鍋に戻し、調整豆乳を加えて黒こしょう、塩で味をととのえます。器に盛り付けてパセリをのせて完成です。体によいとされる栄養素がたっぷりで、胃に優しく上品な味がする料理です。

まとめ

妊婦さんは、体の変化により食欲不振になるケースがあります。胃もたれをしない、なおかつ必要な栄養を摂ることが大事です。葉酸、食物繊維、鉄分、ミネラルなどがたっぷり含まれた、胃に優しく栄養のあるグレープフルーツ、野菜などを使った料理を摂取することが重要です。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事