働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

1880

教えて海外在住ママ!海外子育て・教育事情【NY編④】~お誕生日会~

アメリカ人はパーティー好きというイメージありますよね。大人の世界だけの話かと思っていましたが、子供のお誕生日会も盛大に行うことが多いようです。小学校低学年の頃はクラスのお友達全員を呼ぶのが一般的で招待客は20人を超えることも。自宅で開催することもありますが、施設を借りて開催することの方が多く一大イベントです。今回はそんなニューヨークのお誕生日会事情についてお伝えします。

子供のお誕生日会in NY ①開催場所

IMG_3918

これまで参加したお誕生日会の開催場所は屋内プレイ施設、自然保護公園、クラフトショップ、プールなど様々。先日、娘は美容院でのお誕生日会に出席しました。
メイクコーナー、ヘアセットコーナー、ネイルコーナー、クラフトコーナーに分かれていて、順番に各コーナーを回ります。全て終わったら本格的な照明がセットされたフォトブースで記念撮影をすることも出来ました。どのお誕生日会もアクティビティー→お食事(ピザ、ポップコーン、ポテトチップスなどのスナックとケーキ)という流れで時間は2時間程度です。

子供のお誕生日会in NY ②招待状

子供のお誕生日会 女の子

招待状をカードでもらうこともありますが、多いのはEviteというサービス。出欠連絡が簡単に出来るうえ、返信していない人にはリマインドメールを送ることが出来るので招待する側にとっても楽なようです。

子供のお誕生日会in NY ③プレゼント

子供のお誕生日会 プレゼント

プレゼントは20ドル~30ドルが相場のようです。そして購入時に忘れてはならないのが「Gift Receipt(ギフトレシート)」をもらうこと。「Gift Receipt」があれば、もらったプレゼントが被ってしまったり、すでに自分が持っている物だった場合、購入したお店で他の商品と交換出来るのでプレゼントをあげる際には必ず一緒に渡します。
もらったけれども結局使わなかったおもちゃは寄付することも出来ます。子供が通う学校では毎年年末に養護施設などにおもちゃを寄付出来る機会があります。未使用品のみ受け付けていますが、結構な量が集まるようです。あれこれ考えながら選んだおもちゃが「Gift Receipt」で交換されてしまったり、誰か違う人の手に渡ってしまうことに最初の頃は戸惑いもありましたが、今は文化の違いということで受け止めています。

まとめ

ニューヨークのお誕生日会事情、いかがでしたでしょうか。1年に1度の大切な日のためにあれこれ考える時間も楽しいですが、準備はお任せして当日は子供やママたちと思い切り楽しむお誕生日会もいいですよね。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事