働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

2768

家が散らかる原因はモノではなく思考にあった!片付け上手になる4つのポイントとは

お家の中、いつも綺麗に片付けられていますか?子どもが小さいから、家事に仕事に忙しいから、夫が手伝わないから…いろいろ理由があると思いますが、片付かない原因がわかれば、スッキリ整う暮らしが手に入るかもしれません。片付けが苦手という方は、片付けられない原因を認識することからはじめてみましょう。

①片付けの効果を実感した事がないのかも

girl-342839_1920

片付けに苦手意識を持っている方は案外多いのではないでしょうか。かつての私も何を隠そう「片付けられない女」でした。「お客様を家に招き入れる時だけリビングが整っていればいいじゃない、家が散らかっていたって迷惑もかけないし」なんてとっても片付けに無関心。
片付けられない原因の1つとして片付いた部屋で過ごすことの幸福感を味わったことがない、ということが考えられます。つまりメリットを体感したことがないということ。誰かに手伝ってもらったり、業者に頼んで一度綺麗な部屋で過ごす気持ち良さを味わってみましょう。
片付けの効果を知って体感すれば片付け上手にシフトチェンジできるかも知れません。

②片付けの方法をだれかに教わった事はありますか?

classroom-824120_1280

片付けをきちんと教わったことがあるという方は少ないと思います。
子供の頃御両親から口うるさく言われて、もしくはなんとなく見よう見まねで自己流ですませていたという方がほとんどではないでしょうか。もしかして自分に合った片付けの方法を知らなかっただけかも知れません。一度片付けの本などで、正しい片付けの方法を学んでみましょう。片付けを学んで自分に合う方法を知れば今の動力の半分ほどで家が片付くかもしれません。

③主婦だから女だから…その「べき」は誰が決めたの?

baby-724894_1280

現代の主婦は、家事、育児、仕事、夫の世話や両親や世間とのコミュニケーションなどやるべきことがたくさんあります。忙しくて休まる暇がありません。でも、それらのタスクは本当に主婦が担うべきことなのでしょうか?

日本では、完璧なスーパー主婦が称賛されるような風潮がまだ根強くあり、「私がやらなくては」という思い込みに苦しめられている女性も多いように思います。これを読んでいらっしゃるあなたも、それらのタスクはすべて「私がやるべき」と思い込んでいませんか?

時代は変わりつつあります。家電は進化し、サービスもどんどん増えていますし、夫や子供に任せられることもたくさんあります。あなた自身が手を動かさなくても良いこともあるのではないですか?手放せることはさっさと手放して、本当に自分がやりたいことを書き出して頭の整理をしてみましょう。

④片付けには思考の整理整頓も必要

create-865017_1920

片付けても気が付けばあっという間に元通りになってしまう…そんな経験はありませんか?綺麗な状態を維持できていなければ、片付けができているとは言えません。
部屋を整理する前に、まずは「思考の整理」をしてみましょう。どうしてこの場所を整えたいのか、整った空間で何がしたいのか、今まで片付けに費やしていた時間で何をするのかなど出来るだけたくさん紙に書き出してみます。

そして今までどうして片付けられなかったのかその理由を考えてみましょう。時間が足りなかったのか、片付けのテクニックばかり真似してそれが自分に合っていなかったのか。片付けられないかった理由や片付けをする理由を考えてみることで新たな発見があるかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?散らかったものばかりに焦点を当てていた方、片付けられない本質は別の場所にあるかもしれません。片付けられない原因を探るためにもまずは紙とペンをだして「思考の整理」から始めてみてはいかがでしょうか。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事