働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 5632

無理なく痩せたいママに送る!産後ダイエット成功のコツ

妊娠で増えた体重はできだけ早く戻したいもの。しかし育児や家事もしなければならず、なかなかタイミングがつかめなかったり、授乳時期ということもあって、どのくらいダイエットしてもいいか分からなかったりという方も少なくないでしょう。そこでこの記事では、産後ダイエットはいつ行うのがベストなのかといった具体的な方法についてお話しします。

産後ダイエットはいつから始めるのが正解?

出産は大仕事なので体が想像以上に疲れています。そのため産後1カ月は無理せずに体をたくさん休めましょう。また帝王切開での出産だった場合は産後2、3カ月を目安に医師と相談しながら始めましょう。
また一般的に産後6カ月までが痩せやすい時期と言われています。その理由は母乳をあげることでカロリー消費に繋がったり、脂肪燃焼を助けるオキシトシンというホルモンの分泌が盛んになったりするから。そのため、産後ダイエットは産後2カ月から6カ月の間に意識するといいでしょう。

赤ちゃんに母乳をあげるだけでカロリー消費!

k.kulmilkさん(@k.kulmilk)が投稿した写真

母乳は血液の栄養から作られるため、赤ちゃんに母乳を与えることで、個人差はありますが1日に約600kcalから1000kcal消費すると言われています。この消費量は、登山やクロールを1時間行うのとほぼ同じカロリーに相当します。
また、授乳中は脂質や糖質が高めの食生活を送ると、乳腺炎のリスクが上昇してしまいます。そこで乳腺炎にならないためにおすすめなのが、低カロリー高タンパクな魚や、野菜を多く食べることができる和食。和食を食べるようにすると、栄養バランスも整うので健康的なダイエットのためにもぴったり。授乳中は消費カロリーが多く、また栄養バランスを考えることができるので両面から見てもダイエットに合った時期なのです。

授乳中も摂取して大丈夫なカロリーはどれくらい?

先ほどお話ししたように、授乳中は授乳でかなり多くカロリーを消費します。そのため厚生労働省は、授乳中は一般の成人女性よりも600kcal多くエネルギーが必要だとしています。
成人女性の1日当たりの摂取カロリーは、平均1800~2200kcalなので、妊娠中は2400~2800kcal必要になります。数字を見ると、「ちょっと多いのでは?」と思うかもしれませんが、赤ちゃんにしっかり栄養を届けるためにも産後すぐハードな食事制限を行うのはNGなのです。

産褥体操やストレッチなど簡単な運動で無理せずやせる

急にハードな運動を始めては体に大きな負担がかかってしまうので、産後すぐは楽に始められる産褥体操から取り入れましょう。産褥体操とは、出産で疲弊した体を徐々に日常生活に慣らしていくための体操。弱った筋肉を鍛えたり悪露の排泄を促したり、といろいろな効果が期待できます。腹式呼吸をする、肩や肩甲骨を回すなどと手軽なものばかりです。
産褥体操で体を動かせるようになったら、ウオーキングやストレッチ、ヨガなど負担が大きくないものを取り入れましょう。その後体が慣れてきたら、筋トレなどで体をもっと引き締めましょう。ただ無理しないのが一番なので、医師と相談しながら取り組んでくださいね。

骨盤矯正で痩せやすい体をゲット

Makana Mさん(@makanami)が投稿した写真

出産で広がった骨盤は、産後3~4ヶ月かけて元の位置に戻っていきます。しかし出産直後は骨盤が緩くなっているため、骨盤矯正ベルトを習慣的に着用していくと、より早く骨盤を正しい位置に戻すことができます。骨盤がゆがんだ状態だと、血流が悪くなり脂肪燃焼がスムーズにいかなくなり、太りやすくなってしまいます。また体重が変わらなくても、骨盤がきゅっとしまっていればそれだけで痩せて見えるので、骨盤矯正ベルトの着用と合わせて、簡単なストレッチを取り入れましょう。
ただし骨盤矯正は早ければいいというものではありません。産後まもなくでお腹をきつく締めてしまうと、悪露が出きらなくなる可能性があるので、1カ月近くは体を休めるのがベストです。

まとめ

無理な運動は厳禁!体調を考えたダイエットを

ダイエットと聞くと厳しい食事制限や運動を連想しがちですが、出産後のママは両方とも避けたいもの。早く元の体形に戻りたいと思っても、無理な食事制限は母乳を飲む赤ちゃんの栄養失調にも繋がりかねませんし、体を壊してしまいます。痩せやすい産褥期をうまく活用して、少しずつ簡単なストレッチから始めてみてくださいね。

ママプラ編集部

ママプラ編集部は全員ママとパパ。子供たちと過ごす日常をより面白くしたいと日々考えています。