働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 1488

ママになったあの人へ出産祝いを贈りたい!贈り物や金額の相場は?

友人や身内などが出産してママになったとき、母子ともに健康な出産を終えたことをお祝いする「出産祝い」。おめでたいことだけに贈り物を選ぶのはうれしく楽しいことですが、どういったプレゼントが喜んでもらえるか、またお祝い金はいくら包めばいいか分からない、という方も少なくないでしょう。特にお祝い金は贈る相手によって相場が異なるのでなかなか難しいもの。そこでこの記事では、出産祝いのマナーや相場についてお話していきます。

ベビー服やおむつケーキ…プレゼントは何をあげるのがいい?

プレゼントとして一番人気なのはベビー服です。しかし生後間もなくのサイズは、出産前に家族で十分用意していることが考えられるので、生後半年から1年ほどに着られる80cmほどのサイズの服を選ぶと、着せる楽しみもできて喜ばれます。またどれだけあっても困らないおむつや、スタイも定番です。
そのほか、ママに向けたプレゼントもおすすめです。一般的に出産祝いは赤ちゃん用のグッズが多くなりますが、何より母子ともに健康で産んでくれたママを労わるという意味で、授乳グッズや可愛いルームウェアを贈るのもいいですね。授乳中は口にするものに気を遣うママもいるので、できるだけ飲食物は避けた方がベターです。

お祝い金の相場って一体どれくらい?

御祝金の金額は相手との関係で相場が違います。身内や親戚に贈る場合が最も高く、身内が1~3万円、親戚であれば5千円~1万円ほどが相場です。友人が出産した場合は、5千円~1万円、仕事関係や職場の同僚であれば5千円、近所の人であれば3千円~5千円ほどが適当です。あくまで相場なので、日頃の付き合いが深い場合は、気持ちを上乗せして少し奮発するのもいいですね。また生まれた赤ちゃんが双子だった場合は、先ほどご紹介した金額の1.5倍から2倍の金額を上乗せしましょう。

お金を包むときにもこんな注意点が

出産祝い金を包むときには注意点が3点あります。
1点目は「4」と「9」のつく額は入れないようにすることです。4は死を、9は苦を連想させるため縁起の悪い数字とされています。2点目は新札を包むことです。新札を用意するには銀行やATMに行くなど手間がかかりますが、それだけ「あなたにお祝いできるのを心待ちにしていました」「あなたのために準備しておきました」といった気持ちを込めることができます。3点目は金額をはずみすぎないということです。地域によって差はありますが、一般的にお返しは半返しから3分の1返しが目安。受け取った額によって相手がお返しを考えるのが風習として根付いているため、あまりにも高額だともらった相手がお返しをするのに困ってしまう可能性があります。贈る側と同様にお返しを選ぶのも大変なので、負担にならないよう気を配りたいですね。

渡すタイミングはいつがベスト?

出産祝いは産後1週間から1カ月の間に贈るのがベストです。特に仲のいい友達だと、妊娠の報告を聞いたらすぐ何か贈り物をしたくなる人もいるかもしれませんが、そこはグッと堪えて出産の知らせを受けてから贈るようにしましょう。たとえ妊娠安定期に入ったとしても、出産を終えないと赤ちゃんが無事生まれてくるか、またママも健康かどうかわからないほど、医療が発達した現代でも出産は命がけです。
郵送する場合は産後1週間過ぎから1カ月の間で大丈夫ですが、直接会って渡す場合は、ママの体力が回復する産後1カ月すぎまで控えましょう。出産は体に大きな負担が掛かる大仕事なので、日常生活にまだ体が慣れない状態です。会う際は一度連絡を取って、体調が回復したころに予定を立てるようにしましょう。

まとめ

マナーに気を付けて心を込めたお祝いをあげたいですね。 縁起を担いだり、お祝金の相場を考えたりと、出産祝いを贈る際は意外と気を付けることがたくさん。また相手に必要な物か、負担にならない金額かなども考える必要がありますが、一番はお祝いしたいという気持ちを相手に伝えるのが大切です。上記でお話ししたマナーを踏まえて、お互い気持ちのいいお祝いをしましょうね。

Yuki.

RELATED POST

あなたにおすすめの記事