働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 3176

【i-color】で自分の本質を知れば、子育てや人間関係もスムーズに

【i-color】というものをご存知でしょうか?【i-color】とは統計学がベースとなっている、個人の素質を知ることができるツールです。子育てや夫婦関係、友人関係をよりよくするのにも活用できるという、【i-color】についてi-colorカウンセラーの中村僚子さんにお話をうかがいました。

生年月日で自分の性格がわかる?

party

i-colorとはどんなものなのでしょうか?

「1980年代に日本で開発された、その人が生まれながらに持っている素質を診断することができるツールです。もともとは企業で人材配置などに使えるように、個人データを持つ企業が共同で研究し開発したもので数千万件の個人データをもとに、生年月日ごとにその人の特徴や性質をパターン化しグループ分けしたもの。生年月日だけですぐに診断できます。【i-color】のiはidentityのiを意味しています。」

i-color診断では、「モチベーションの源泉」、「才能や能力」、「コミュニケーション」、「ビジョン」、「ライフスタイル」の5つについての傾向を知ることができるそうです。

生まれ持った特徴は大きく3つのグループにわけられる

color

【i-color】は、「発案グループ」、「表現グループ」、「展開グループ」と大きく3つのグループに分かれています。

「このグループが違うと、住んでいる国が違うくらい価値観が違うと言われているので、この違いを知らないと誤解などが生じやすとされています。」

「発案グループ」
世のため、人のために行動するタイプ。世の中のためになるものをゼロから作り出すのが得意な人が多い。有名な経営者でいうとビル・ゲイツなどはこの発展グループ。

「表現グループ」
結果主義。何かを組織立てたり、組み立てていくことが得意な人が多い。
自分を表現する芸能人や個人競技スポーツに多いのはこの表現グループ。

「展開グループ」
スケール思考。既存の物事を発展させていくのが得意な人が多い。有名な経営者では、楽天の三木谷社長やソフトバンク創業者の孫さんなどがこのグループ。

このグループの中でさらに4つのカラーに分けられ、全部で12のカラーに分類されます。

「自分の本質ってなかなか自分でもわからないですよね。生まれ持った本質を知ることで、得意なところを伸ばしやすくなるし、成功もしやすくなるんです。」

子供への声かけもタイミングを間違えると逆効果に

出典:http://weheartit.com

kidscolor

【i-color】は子育てでも活用できますか?

「子供の特性によって、声かけや褒めるベストなタイミングも違ってくるんです。タイミングを間違えると全く子供に響かないということもあるので、子供の個性に合わせてもっとも響くタイミングで声かけなどしてあげるとより効果があると思います。」

例えば、「発案グループ」は自分を見てくれている人がいると喜ぶので、何かを頑張っている途中に「頑張ってるね!」と声をかけてあげると効果的。

逆に「表現グループ」は結果を褒めてもらうことで満足するので、何かをしている途中に声をかけられると逆に鬱陶しいと感じてしまうそう。終わった後に結果をありのまま褒めてあげるのがいいとのことです。

「展開グループ」は、気分の乗っている時に集中して取り組むので、タイミングを見守ってあげること、そして大げさに褒めてあげるのが効果的。

「子供のためと思ってしていることが、子供の個性に合っていないと逆効果になってしまうこともあるんです。子供の本質を知ることは、子育てでもとても役立ちますよ。」

中村さんご自身は【i-color】を学んだことで子育てに変化はありましたか?

「娘たちは二人とも「表現グループ」で、やりたいと思ったらその時にやらないと気が済まないんですね。ご飯を食べた後にテレビを見ていて突然、『お好み焼きを作りたい!』って言い出したりするんです。娘の本質を理解していて、やれば満足するとわかっているのでやらせたりしますね。知らなかったら対応も違っていたと思います。」

その他にもi-colorを活用出来る場面はありますか?

「それぞれのカラーを知ることは、それぞれの個性や違いを知ることなんです。人はそれぞれ違うということが理解できていると、人との違いをその人の個性として尊重できるようになりますし、また自分の他人より優れた本質を知ることができるので、自己肯定感が高まり、他人と自分を比較する事も少なくなります。」

子育てだけでなく、夫婦や友人、上司部下など人間関係でも、これを知っているのといないのでは違うようです。

「夫婦関係や友人関係でも、自分や相手の本質を知っておくといいと思います。誤解が生じたりイライラしたりしてしまうこともあるとますが、自分や相手の本質を知り、違いを理解しておくと冷静に対処できるようになりますよ。

統計学なので、必ず全ての人に当てはまるというわけではありませんが、このような傾向があるということを知っておくと自分と相手の違いをすんなり理解できるようになるんです。」

自分は何タイプなのか、子供や旦那さんは?と気になった方はi-color診断をしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

自分の本質、子供の本質、わかっているつもりでも誤解や思い込みがあるかもしれません。
自分や子供の本質を理解すること、そして自分の子供ではあるけれど違った性質をもつ一人の人間であるということを受け入れることで、より子供にあった接し方や子育てができるのではないでしょうか。互いの理解を深めるきっかけとしてi-color診断を活用されてみることをおすすめします。

ママプラ編集部

ママプラ編集部は全員ママとパパ。子供たちと過ごす日常をより面白くしたいと日々考えています。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事