働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 10176

赤ちゃんにとって初めてのイベント!お七夜って何をするの?

赤ちゃんにとって人生最初のイベントである「お七夜」。日本で古来から行われている由緒ある儀式なのですが、生後すぐ行われるので直前にバタバタしてしてしまわないよう、出産前にある程度の準備が必要です。今回は、家族みんなが気持ちよくお祝いできるよう、お七夜の基礎知識や準備するものについてお話しします。

お七夜は何のためにやるの?どんな行事?

お七夜とは赤ちゃんが生まれてから7日目の夜に、赤ちゃんの健やかな成長を祈って行うお祝いです。親族を招いて赤ちゃんの名前をお披露目する「命名式」も一緒に行ったりします。

お七夜は平安時代から行われている伝統的な行事です。
昔は医学が発達していなかったこともあり、無事出産を終えても生き延びれない赤ちゃんも多かったようです。そのため人々は「赤ちゃんの命は神様に委ねられている」と考え、生まれて6日間は神の子と呼び、7日目にようやく人の子として認められると考えてきました。
そして赤ちゃんが生後7日間を無事元気に過ごしたということを親族とともに「お七夜」で盛大にお祝いし、「命名式」をすることでその土地の産神(うぶがみ)様に報告を兼ねていたのです。

現代では赤ちゃんとママの「退院祝い」も兼ねて、両家の両親を招いて行うか、または夫婦だけでゆっくりお祝いするケースも多くなっています。

お七夜は生まれてから何日目に行うの?

病院では赤ちゃんが生まれた日を0日目と数えますが、お七夜を行う日の数え方は、生まれた日を1日目とカウントし7日目の夜にお祝いするのが一般的です。しかし地域によっては、生まれた日を0日とカウントしているところもあるので、両親や祖父母に聞いてみましょう。

ただし産後1週間ほどは出産を終えたママの体調がまだ万全ではない頃ですし、病院やママの体調によっては退院まで一週間以上かかることもあります。その時は無理に7日目に合わせようとせず、家族と話し合って別の日に行うといいでしょう。

お七夜に欠かせないもの!まずは命名書の準備を

@mxnxmx_xがシェアした投稿

命名式を行うためには、赤ちゃんの名前を書く命名紙と書道道具を準備しましょう。

命名書の書き方には正式なものと略式があります。上記写真のような市販の命名紙もあり、簡単でおすすめです。

■正式な書き方
①奉書紙または半紙を横半分に折り、折り目を下にして縦を三等分に折ります。
②三つ折りした真ん中に赤ちゃんの名前、その右側に続柄、左側に生年月日を書きます。
③三つ折りした左側に両親の名前、命名した日付(お七夜がベスト)を書きます。
④右側を上にたたんで、表に「命名」と書きます。
⑤命名書は神棚や仏壇に飾ります。
⑥出生届を出したら下げて、へその緒と一緒に水引をかけ大切に保管します。

■略式の書き方
①半紙や命名紙の中央に「命名 ○○」と赤ちゃんの名前を書きます。
名前の左側に生年月日を書きます。
神棚や仏壇、または赤ちゃんのベットがある部屋の壁などに貼って飾ります。
④出生届を出したら下げて、へその緒と一緒に大切に保管しましょう。

筆書きに自信がない方や家族みんな忙しくて用意できそうにないという方は、パソコンで書式をダウンロードして命名書を印刷したり、インターネットでプロの書道家に依頼したりするのもいいでしょう。

お七夜の料理は何がいい?

@ushiiimaが投稿した写真

お七夜はおめでたい席なので祝い膳を用意するのが一般的ですが、中でも特に「めでたい」という語呂合わせから尾頭付きの鯛と、魔除けの意味が込められた赤飯は定番です。紅白かまぼこや筑前煮、はまぐりのお吸い物、お寿司などお祝いに適した料理もおすすめです。

日本の伝統行事なので昔からお七夜は和食メニューが好まれていましたが、ケーキでお祝いするというスタイルも定着していますし、和食にこだわらず家族が好きな物を食べるという家庭もあります。
ただ食中毒などのリスクも考えて、お産直後のママは加熱したものを食べるようにしましょう。

手作りが厳しい場合はケータリングも便利!

昔と比べてお七夜の献立が自由になってきてるとはいえ、食事の準備はもちろん後片付けのことを考えると、なるべくママの負担を少なくしたいもの。家族の助けは大切ですが、ケータリング(仕出し) を活用するのもおすすめです。お七夜の祝い膳を提供しているところもあるので、前もって予約しておくと便利ですよ。

まとめ

赤ちゃんを迎えて初めてのお祝いなので張り切ってしまうかもしれませんが、産後1ヶ月はまだ体の疲れが抜けておらず、体調が万全ではない時期なので無理は禁物です。大切なのは出産前から家族と協力しあうこと。少しずつ準備を進めていって、楽しいお祝いにしましょう。

ママプラ編集部

ママプラ編集部は全員ママとパパ。子供たちと過ごす日常をより面白くしたいと日々考えています。