働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

1000

【銀座・シンガポール・シーフード・リパブリック銀座】3歳以下は無料!本格的なアジアンブッフェが楽しめます

久しぶりの友人に会ったり家族でお出かけした際に子連れランチができるお店を探すとなると大変ですよね。駅から近いのか、ベビーカーごと入ることができるのか、キッズメニューはあるのか…そこでママとパパが「ママプラのスポット」に掲載されている中から、実際に子連れでランチに行ったお店を詳しくレポートします。

①行ったお店の詳細と道のり

お店の名前【シンガポール・シーフード・リパブリック銀座】
お店の詳細を見る
予約をする
行った日時:2016年11月12日(土)13:00
メンバー:家族(大人2人、6歳、2歳)
利用目的:家族と食事
使用した金額:4,200円(サ税込)

shin

東京メトロ銀座駅のA9出口が最寄りですが、ベビーカーがある場合はA7(三越銀座のライオン口)がエレベーターがあるのでおすすめです。ゆっくり歩いても5分ぐらいなので、週末であれば歩行者天国を楽しみながらお店までの道のりを楽しみましょう。
お店は大通り沿いの「マロニエゲート」の中にあるので、迷うことはないと思います。

②お店の雰囲気、スタッフさんの対応

shin1

予約より早く着きそうなので、電話で前倒しを確認しましたが快くOKしてくれました。
エレベーターで11階まで上がるとお店は目の前です。さすがシンガポールにも本店があるだけあり、異国感満載!入り口には名物「マッドクラブ」の生け簀があり、子供たちは興味津々でした。

shin3
shin4

また、窓側のお席からは銀座の街が一望できます。今回はあいにく窓側ではありませんでしたが、ご希望であれば事前にお店にリクエストされることをおすすめします。

shin5

当日はお店に3組の子連れのお客様がおり、ベビーカーを席に付けて利用していました。座席間のスペースもゆとりがあるので、周りに気兼ねなく利用できます。もちろんベビーカーはお店に預かって貰うことも出来ます。

店内にはトイレはないため、フロアにあるトイレを利用することになります。フロアのトイレには、ベビーガードはありますが、おむつ替えシートはありません。おむつ替えが出来るトイレはビル地下1階にあるため、エレベーターで移動する必要があります。

③料理の内容

■オーダーしたもの
【人気プラン最安値】1750円→1600円!ナシゴレンやチキンライスなど約20種シンガポール料理をお好きなだけ(※小学生以下1000円、3歳以下無料)

・20種類以上の豊富なシンガポールフード
・パティシエ特性のアジアンスイーツ
・オーダーで作るあつあつのシンガポールヌードル

shin13

こちらからビュッフェ形式で好きなだけ利用することが出来ます。平日は120分・土日祝は90分となります。子供は日によって食べたいものが変わったりしますよね。ブッフェは気に入ったものを好きな量で利用できるので、子連れには向いているように感じます。

shin9
shin6

フードは、『シンガポール屋台風焼きそば』や『海南チキンライス』『ナシゴレン』『アッサムカレー』『スープ』など20種類以上のメニューから選べます。少しピリ辛な料理もありますので、最初に大人が食べてみてお子さんが食べられるものを選んだ方が良さそうです。

肝心の料理の味は、さすが本場の名店揃いです。どれもクオリティが高く、とても美味しく頂きました。ついつい食べ過ぎてしまうので、そこは注意ですね。
ドリンクバーも用意されており、季節によって入れ替えがあるようです。

shin10

最後にデザートですが、シンガポールローカルの珍しいものから果物まで、こちらも沢山の種類があり目移りしました。

④子供の様子

shin15

子供にはハイチェアを用意してもらいました。今回はジュースが『ピンクグレープフルーツ』だったので、酸っぱい飲み物が苦手な子供たちには少し合わなかったようです。ジュースも幾つかの種類が置いて貰えると嬉しいですね。子供たちは、スイーツのブッフェを1番楽しんでいました。

まとめ

料理の美味しさはもちろんのこと、席数も多くアクセスもしやすい立地のお店です。お子さんがアジアンなお料理OKであれば、訪れてみてはいかがでしょうか?

お店の名前【シンガポール・シーフード・リパブリック銀座】
お店の詳細を見る
予約をする

RELATED POST

あなたにおすすめの記事