働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 3056

妊娠が分かったらすぐ把握しておきたい!産休の期間や手当について

女性の社会進出に伴い、出産後も仕事を続ける女性が増え、産休はいまや女性の社会復帰のために会社に欠かせない制度となっています。しかし産休にも種類があることや、休める期間はどれくらいか知っているでしょうか。そこで今回は産休の種類や期間、産休で貰える手当などについてお話していきます。

そもそも産休とは?育休と何が違うの?

shutterstock_269293652-480x320

産休とは、出産を控える働く女性が産前と産後を合わせて長期で取得できる、労働基準法に基づいた休みのことです。産前休業は女性からの申請で与えられるものですが、産後休業はどの女性にも必ず与えなければならないとされています。産休は有給休暇のようにお給料が出るわけではありませんが、そのかわりに申請すれば出産手当金が出る仕組みになっています。

育休との最大の違いは、取得できる性別です。産休は女性が出産の準備をし、出産後の体調回復をするために休むものなので、女性が取得できるもの。一方育休は、子供が1歳になるまでの期間であれば男性でも女性でも申請することができます。

産休はどんな雇用条件でとれる?申請方法は?

さや♡♡さん(@yskr23)が投稿した写真

産休は正社員や契約社員、パート、アルバイトと雇用状態に関係なく、働いていれば誰でも取得することができます。育休は同一事業主に引き続き1年以上雇用されているなどの要件を満たすことが必要ですが、産休には要件がありません。また、産休取得を理由に解雇することは法律で禁じられています。

産休の申請については、出産予定日が分かったらなるべく早く雇用主に相談しましょう。社会保険請求が絡んでくるので、一般的には会社が手続きを進めてくれます。また産休とは直接関係はありませんが、妊娠や産休の申請は早めに行うことが大切です。会社によっては時間外労働などの制限や軽易業務への転換といった対処を取ってくれるケースもあるので、体への負担を減らすことができます。

産休はどれくらいの期間取れるの?

@marumiya0710が投稿した写真

産休は産前、産後休業いずれも労働基準法で取得期間が定められています。産前休業は出産予定日の6週間前(ただし双子など多胎妊娠の場合は母体の負担が大きいので14週間前)から取得可能で、産後休業は出産翌日から8週間は就業できないとなっています。
例えば、5月1日が出産予定日だった場合は、産前休業は3月21日から5月1日までの6週間、産後休業は5月2日から6月26日までの8週間となります。産前休業は出産予定日を基準にするので、実際の出産日が遅くなってもそのまま休むことができます。また産後休業については、産後6週間を経過した時点で本人に就業の意思があり、医師が働いても体に支障がないと判断した場合は、8週間待たなくても仕事復帰が可能です。

産休中の給料や手当はいくらぐらい貰える?

MAHOさん(@maho_study1122)が投稿した写真

産休の取得や期間は法律で定められていますが、実は給料については会社に任されているため、会社は産休中の社員に給料を支払う義務がありません。しかし申請すれば休業中にもらえるお金があります。

1つ目は「出産育児一時金」で、赤ちゃん1人あたり42万円が支給されます。そのため双子だった場合の支給額は84万円になります。出産育児一時金はママ本人が健康保険の加入者でも、もしくは扶養に入っている場合でも貰うことができます。

2つ目は、産休中の生活を保障する「出産手当金」です。ママが加入している会社の健康保険から、標準報酬日額の3分の2に相当する金額が支給されます。これも産休の取得と同様、雇用形態は関係なく、パートやアルバイトでも会社の健康保険に加入していれば貰うことができますが、健康保険に1年以上継続加入している必要があるほか、産休中の給与が会社から支払われている場合などは受け取れないので、事前にしっかり確認しましょう。

出産手当金の計算方法は「標準報酬日額の3分の2×休んだ日数」で求めることができます。標準報酬日額の求め方は、直近の4~6月の3か月間の給料総支給額を平均した額を30日分で割って求めます。

例えば平均20万円のお給料をもらっている場合、18万円÷30日=6,000円が標準報酬日額となります。これの3分の2が支給されるので、6,000円×3分の2で求められる4,000円に、支給日数をかけます。出産予定日通り生まれた場合は、産前6週間(42日間)、産後8週間(56日)もらえるので、4,000円×98日で、39万2,000円支給されることになります。

もし出産予定日より遅い場合は遅くなった日数分だけ出産手当金の支給額が多くなり、反対に出産予定日が早まった場合は支給額が少なくなります。

まとめ

産休の制度が浸透してきているとはいえ、産休中のお給料を出す会社がそれほど多くないですし、特に少人数の会社だと休みを申請しづらい…という方もいるかもしれません。しかし出産は新しい命を迎えるために、ママの体力と多額のお金がかかる大イベントです。産休の制度やもらえる手当をしっかり把握して、体力的にも経済的にも余裕のある出産準備をしたいですね。

mayu.

1児の働くママ。子供の習い事や教育、ファッションなどに興味があります。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事