働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 3024

2017年はこれ!デパートで買えるバレンタインチョコ7選

お正月や冬休みが終わった後の一大イベントと言えば、バレンタインデーですね。パパにどんなチョコレートをあげようか、毎年頭を悩ませるママも多いはず。
そこで、デパートにあるおすすめのチョコレートショップを7店ピックアップしました。パパだけでなく毎日頑張っているママも、ちょっぴり贅沢な自分へのご褒美としていかがですか?

① ちょっと贅沢チョコの定番【ゴディバ(GODIVA)】


ちょっと高級、でも手軽に買える定番のチョコが【ゴディバ】です。ゴディバは今やデパートに限らずショッピングモールなどでも買うことができ、ほぼ全国にお店があるほか、通販でも購入することができます。
2017年バレンタインコレクション限定のチョコレートは、「心がわくわくするような、贅沢なケーキビュッフェ」をイメージしているそう。リーズナブルなものからちょっと贅沢なものまで豊富に取り揃えているので、子供から大人まで幅広い年代に人気です。ママのご褒美として購入する場合は、チョコではなくクッキーやアイスクリームもおすすめですよ。

予算:6枚入 972円(税込)〜
※写真の商品は4粒入1,080円〜21粒入6,696円(税込)

②世界トップクラス【ジャン=ポール・エヴァン(JEAN-PAUL HÉVIN)】

mihoさん(@hiiraamii)が投稿した写真

フランスのショコラティエ【ジャン=ポール・エヴァン】のチョコレートは、彼自身による卓越した素材選びと洗練された味わいが高く評価されており、国内外問わずたくさんの人々に愛されています。カカオの風味を存分に味わえる「ボンボンショコラ」など、30種類以上のチョコレートが販売されています。
お店にて組み合わせで詰めてもらえるので、一つの味を存分に楽しみたいときや、様々な味を楽しみたいときなどお好みで買うことができます。デパートを中心に全国12店舗あるほか、通販で購入することもできます。
2017年バレンタインのテーマは「FRENCH TOUCH(フレンチ タッチ)」フランス文化を表現した華やかかつ遊び心溢れるデザインが特徴的です。

予算:タブレット レ キャラメル カンカン 897円(税込) ~
※写真の商品は2,841円(税込)

③まるで宝石【ブルガリ イル・チョコラート(BVLGARI IL CIOCCOLATO)】

ブルガリ イル・チョコラート】は、ジュエリーなどのアクセサリーブランドとして名高い【BVLGARI】が手掛けたチョコレートショップです。まるで宝石のようにエレガントなチョコレートは、箱を開ける前から高級感が溢れており、気分も上がります。
バレンタイン限定の商品「ルイ・エ・レイ(彼と彼女)」は、華やかなシャンパンゴールドのボックスに入っています。少々値が張りますが、たとえ一粒でも満足すること間違いなしで、パパへはもちろん自分へのご褒美にも最適です。
お店は東京・大阪にしかなく通販でも購入することができますが、できれば直接目で見て選んでほしい!そんなチョコレートです。

予算:チョコレート・ジェムズ【バレンタイン数量限定】 3,800円、4,800円(税込)
※通常商品は、チョコレート・ジェムズ 1個入 1,500円(税込) ~

④独創的で奥深い味【テオブロマ(Théobroma)】

テオブロマ】はギリシャ語で「神様の食べ物」という意味で、チョコレートの原料であるカカオの木の学名「テオブロマ・カカオ」に由来しているそうです。日本の代表的なショコラティエ・土屋公二シェフが作る約50種類のチョコレートは、独創的で奥深い味と香りが特徴です。
2017年は定番の「ボンボンショコラ」に和栗や九条葱など日本食材を取り入れた「スペシャリテ2017」が、バレンタイン限定で販売されています。
東京都内は5店舗、デパートでは新宿小田急百貨店にお店があります。通販でも購入することができますが、お店でしか買えないチョコレートもあるので、ぜひお店でのお買い求めをおすすめします。

予算:スペシャリテ2017 1,998円(税込)
※通常商品は、奥渋チョコレート ハチ 2P 449円(税込) ~

⑤世界で愛されている【リンツ(Lindt)】

リンツ】はスイスで1845年に創業、世界120カ国以上で愛されている、今でも同じレシピのチョコレートが再現できたメーカーがないという、唯一無二のチョコレートブランドです。代表的なチョコレート「リンドール」はキャンディのような包みがとてもかわいらしく、定番のミルク以外にも常時10種類以上取り揃えています。
毎年のバレンタインシーズンに販売する定番チョコレートとしてハートの缶に入った「リンドール」などが販売されています。見た目がとても可愛いので、パパだけじゃなく子供へのバレンタインチョコとしてもおすすめです。

予算:リンドール ミニギフト ハート 540円(税込) ~

⑥ベルギーチョコの奇才【ピエール・マルコリーニ(PIERRE MARCOLINI)】

みかさん(@mim0818)が投稿した写真

ベルギー王室のお墨付きとしても知られる【ピエール・マルコリーニ】は、カカオの買付けや調合・焙煎など全てショコラティエの手で行っているというこだわりが特徴です。世界各国はもちろん、日本では東京・横浜・名古屋にお店があります。
定番の「プラリーヌ」のほか、ナッツやドライフルーツをふんだんに使ったチョコレートなど、様々な種類と味が楽しめます。1粒300円ちょっとで買うことができるので、自分へのご褒美としてもぴったりです。
バレンタインシーズンは、「幸せが訪れるサイン」としてハートの葉にとまったLADYBIRD(てんとう虫)などの期間限定パッケージがあります。

予算:セレクション 3個入り 1,350円(税込) ~

⑦高貴で美しいパッケージが魅力【デメル(DEMEL)】

オーストリアで230年以上の歴史を誇る【デメル】は、チョコレートだけじゃなくパッケージの美しさとおしゃれさも良く知られています。チョコレートはとても豊かな味わいで食べやすく、猫の舌の形をイメージした「ソリッドチョコ」や、木箱に入っているとても濃厚な味わいの「ザッハトルテ」などがあります。
バレンタイン限定のチョコレートは洋酒を使った大人向けのものや、かわいらしいハート型のチョコレートなど、種類も豊富に取り揃えています。お店は関東に限らず北海道から九州まであるので便利です!

予算:ソリッドチョコ 4粒入 594円(税込) ~

まとめ

デパートで買えるチョコレートは、日本で馴染みのあるものから世界的に有名なものまで様々あります。バレンタインシーズンになるとデパートも混みあうので、事前リサーチとしてぜひ参考にしてみてくださいね。
パパへの本命チョコもママのご褒美チョコも、今年はちょっと奮発してデパートで買いましょう!

shuka

15歳の女の子・8歳の男の子のママ。フリーライター。息子は障害を持っていますが、娘と私のポジティブさで日々楽しく過ごしています!

RELATED POST

あなたにおすすめの記事