働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 10896

ママハンドメイド作家が教える!入園入学グッズの作り方①上履き袋編

そろそろ入園・入学の準備を始める時期ですね。この季節の手芸店には入園・入学グッズの布地がたくさん並びます。上履き袋やレッスンバッグに給食袋・体操着入れなどたくさんの用意があります。せっかくの子供の晴れやかなスタートですので、ママの手作りグッズで応援してみませんか。そこで、今回は上履き袋の作り方をご紹介します。

直線縫いで簡単!上履き袋の材料

仕上がりのイメージはこんな感じです。
【サイズ】縦:28cm、横:22cm、マチ:6cm
上履袋のみ 完成

【材料】 ※縫い代込のサイズ、縫い代はすべて1cm

・本体:(無地/24cm×21cm)2枚、(花柄/24cm×15cm)2枚
・裏地:(キルティング/24cm×33cm)2枚
・持ち手:(無地・花柄/30cm×4.5cm)各1枚、(無地・花柄/11cm×4.5cm)各1枚
・Dカン:1個
・ピンクグログランリボン:165cm

上履袋材料

【上履き袋の作り方】1.裏地

①裏地(キルティング)を袋に仕立てます。縫い代1cmで印をつけ、3辺縫います。
IMG_8222

②底をひし形に開き、縫い代を割り、マチを6cmで両方を縫います。
上履き袋 中側 底割上履き袋 中側 マチIMG_8239

【上履き袋の作り方】2.本体

①本体の切り替え部分を縫います。布地を中表にして縫い代1cmで2枚とも縫います。
本体切り替え

②切り替え部分をアイロンで割ります。

上履き袋 外側中割

③中表にした本体を袋に仕立てます。 縫い代1cmで印をつけ3辺縫います。
上履き袋 外側 2色切り替え

④本体底をひし形に開き縫い代を割り、マチを6cmで両方を縫います。
IMG_8241IMG_8244

【上履き袋の作り方】3.持ち手

①持ち手を作ります。中表で合わせた布地を、縫い代1cmで縫います。
IMG_8220

②ひっくり返します。
IMG_8234

③縫い代2mmで両サイドを縫います。
IMG_8257

【上履き袋の作り方】4.裏地・本体・持ち手を合体!

ここまでの作業で裏地・本体・持ち手が出来上がりました。
IMG_8253

①持ち手を裏地(キルティング側)に付けます。裏地の上を外側に5cm折り、布端から2cmのところに持ち手をまち針で止めます。

IMG_8265

※11cmの持ち手にはDカンを忘れずに挟み込んでください。
IMG_8264

②本体上を5cm内側に折り、本体と裏地の縫い代同士を合わせ、裏地と本体を合体させて袋口周りを縫います。
IMG_8293IMG_8294

【リボンの作り方】

リボンを3個作ります。

仕上がりのイメージはこんな感じです。
IMG_8301

①165cmのリボンを、15cm×9枚、10cm×3枚に裁断します。
②15cmのリボンを両面テープで輪にします。
IMG_8297

※両面テープは【コスモ株式会社】から販売されている超強力両面テープ15mmを使用しました。水洗いOKの両面テープはクラフトやホビーなどの手作りには便利です。
IMG_8296

③10cmのリボンを三つ折りにし、中心を固結びします。こちらがリボンの結び目となります。
 IMG_8300

④輪にした15cmのリボンを、下記図のようにV字に折ります。
IMG_8298

⑤V字のリボンを3つ束ねます。
IMG_8299

⑥3つ束ねたリボンの中心を、固結びをした10cmリボンと両面テープを使ってぐるっと巻き、止めます。
IMG_8304

この作業を3個分繰り返します。
上履き袋にバランスを見ながら縫いつけて完成です。
IMG_8323

まとめ

いかがでしたか?持ち手と上履き袋本体を同じ布地で仕立てることで、一体感が出て完成度が高く見えます。細かい作業ですが、1つ1つは難しくなく、クリアしていける作業です。また裏地にキルティングを使うことで、表地のデザインの幅が広がります。
ママが手作りした持ち物で「いってらっしゃい!」と子供の背中を押して春を迎えませんか。次回はレッスンバックの作り方についてご紹介いたします。

ayako nakatani

ハンドメイド作家。7歳男の子、4歳女の子のママ。ハンドメイドの作品はインスタグラムからご覧いただけます。 https://www.instagram.com/somecozy

RELATED POST

あなたにおすすめの記事