働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 2392

切ったらかわいいキャラクターが現れる、デコ巻き寿司に挑戦しよう!

普段の食卓からお子様の運動会や遠足時のお弁当、その他、各種イベントやホームパーティーなどのシーンで大活躍のデコ巻き寿司。 身近な動物やお花、キャラクターや文字など、キュートな絵柄を楽しみながら巻いて、伝統的な巻き寿司のテクニックも覚えられます。デコ巻きが初めてのママはもちろん、経験者のママまで幅広い方に楽しんで頂けます。料理というより、まるで美味しい図工。子供と一緒に楽しめて、食育にもつながりますよ。簡単に作れるデコ巻き寿司とポイントを紹介します!

デコ巻きでこんなキャラクターが作れます

アンパンマン
真ん丸お顔のスーパースター!みんな笑顔になっちゃう、人気のデコ寿司!

image002

トトロ
可愛いだけじゃない!黒ゴマや昆布がたっぷり入って栄養満点!

image003

ふなっしー
黄色い部分は、刻んだたくあんで着色!食感も楽しいデコ寿司!

image004

ふなっしークリスマスバージョン
同じキャラクターでも、シーズンごとに食卓を彩れます!パーティーでのおもてなしにもぴったりです。

image005

初心者ママでも簡単にできるデコ巻きの作り方

image011

簡単に出来る「バラ」のデコ巻き寿司を紹介します。「デコ巻きは細かくて難しそう…」と敬遠しているママにこそチャレンジしてほしい、簡単にできるデコ巻き寿司です。

■作り方■

①薄焼き卵を敷き、その上に親指、人差し指、中指でつまめるくらいの小山をご飯で作ります。
deko

②海苔の上にご飯を敷き、お好みでとびっこ、紅ショウガ、たらこ等を散らします。
image008

③ごはんの上に①をのせて、巻きすでぐるぐる巻いて、包丁でカットします。
image009

④完成です!

image011

細かいことは気にせず、楽しく巻いて頂けば、あっと驚く綺麗な大輪のバラ(写真右側)が切り口から出てきます!

デコ巻きのコツと巻き方のポイント

①準備をしっかりする
途中で具材などが足りなくならないように、巻く前にしっかり材料のチェックをしましょう。

②シャリはエアー感を残してふんわり伸ばす
海苔にシャリを伸ばすときは端っこまで丁寧に、ふんわりふんわり伸ばしましょう。食べたときに美味しく感じるコツです!綺麗に伸ばそうと、押しつぶしてしまわないようにしてください。

③完成をイメージしながらま
全体像をイメージしながら巻くと巻いてる時に、迷う事も少なく柄がしっかりでます!

④しっかり巻きすをしめて、柄を固定
ふわっと伸ばして、しっかりしめる!これが綺麗に出来るポイントです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。丁寧に作ることも大切ですが、なによりもママ自身が楽しんで、喜んでもらいたい人の顔を想い浮かべながら巻いてみてください。お子さんと一緒に巻くのもおすすめですよ。切った瞬間に溢れる可愛らしい絵柄と歓声に病みつきになるママが続出する「デコ巻き寿司」。是非作ってみてくださいね。

秋山 直美

可愛いをテーマにした料理教室「23番地COOK」主宰。一般社団法人 FOOD ART JAPAN 理事。0歳のママです。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事